ウイスキーと2人の花嫁の作品情報・感想・評価

ウイスキーと2人の花嫁2016年製作の映画)

Whisky Galore

上映日:2018年02月17日

製作国:

上映時間:98分

3.6

あらすじ

NYへ向かうはずの5万ケースものウイスキーの運命とは―― 思いがけない落とし物が奏でる”結婚狂騒曲”! 第二次世界大戦の戦況悪化の為、ついにトディー島へのウイスキーの配給が止まってしまい、島民たちは完全に無気力に陥っていた。島の郵便局長ジョセフ(グレゴール・フィッシャー)の長女ペギー(ナオミ・バトリック)と次女カトリーナ(エリー・ケンドリック)はそれぞれの恋人との結婚を望んでいたが、周囲から…

NYへ向かうはずの5万ケースものウイスキーの運命とは―― 思いがけない落とし物が奏でる”結婚狂騒曲”! 第二次世界大戦の戦況悪化の為、ついにトディー島へのウイスキーの配給が止まってしまい、島民たちは完全に無気力に陥っていた。島の郵便局長ジョセフ(グレゴール・フィッシャー)の長女ペギー(ナオミ・バトリック)と次女カトリーナ(エリー・ケンドリック)はそれぞれの恋人との結婚を望んでいたが、周囲から「ウイスキー無しじゃ結婚式はムリ!」と猛反対され困った状況に…。そんな時、輸出用に大量のお酒を積んだニューヨーク行きの貨物船が島の近くで座礁。沈没寸前の船内には、なんと5万ケースものウイスキーが積まれていた!「これはきっと神様からの贈り物に違いない!」島民たちは禁制品のウイスキーを秘かに“救出”しようとするが…。

「ウイスキーと2人の花嫁」に投稿された感想・評価

ぺいの

ぺいのの感想・評価

3.0
ショーンビガースタッフ目当てで行ったら当たり前だけど可愛かった
みお

みおの感想・評価

3.3
島とか田舎とかって窮屈だけど、この島なら住めそう笑
酒のために一致団結する島民最高!
chip

chipの感想・評価

4.5
1940年代、第二次世界大戦中の、スコットランドの小さな島のお話。
ウイスキーが大好きな島民、ところが戦争の影響でウイスキーの配給が停止!
シュンとする島民…寝込む者まで(笑)

そこに
ウイスキーを運ぶ船が座礁して、船員が脱出する中、島民は大量のウイスキーを救出(盗難)しました!
捜査の手が伸びるけれど、一致団結して隠し通す姿が微笑ましかったです。手旗信号で敵の様子を知らせる子どもや、小さな島を走る、ウイスキーを積んだトラックと追う車の攻防が楽しくて。だまされる方も、半分笑っているところもありました。

島の美しい風景、青い海と空~
「イルポスティーノ」を思い出しました。

島の郵便局長の美しい娘ふたりの結婚式でも、ウイスキーたくさん飲んで踊る島民の姿がありました~
絶えず流れていたスコットランドの音楽、ハンドネオンの曲も楽しかったです。踊りたくなりました(笑)
うはね

うはねの感想・評価

4.0
お伽話のような実話。

一見、ウイスキーが欲しいって島民が騒いでいるコメディ映画に思えるけど、戦時中でも一人一人の暮らしは続いているわけで。そんな家族や人々の温もりをケルト音楽と共に包み込んでいる素敵な映画でした。

最後のダンスシーンがたまらなく好き!
koya

koyaの感想・評価

-
「ウイスキーの配給が止まった」で死んだ目になる面々がシュール過ぎて笑った。戦時中の話を描いた作品とは思えないほど平和でのほほんとした、愛すべき話。平和な余り途中少し寝た。これが実話なんだから題材力が最強過ぎる。命の水……とは言わないまでも、僕もウイスキー好きだし、移住しますね。もうひたすら優しい世界。
moimoi

moimoiの感想・評価

3.5
ただウイスキーが呑みたい、そのためならなんでもやってしまう島民のみなさんが可愛くて愛しい。
大義の名のもとに振るわれる理不尽に屈しない物語でもあった。
「ウェイクアップ!ネッド」をちょっとだけ思い出した。
あれほどブラックではなかったけれど。
miyu

miyuの感想・評価

3.9
今頃なんですが、やっと京都シネマにやってきた。。。
遅ればせながら、映画館で見れました。。。

音楽は、メチャ いいんですょ。
ダンスする時の民族音楽とか…チョー良くて🎶
画像も良かった。。。
風景は勿論、服装の色合いとか
妙にオサレで 茶色ぽい風景に赤とか青とか
さし色にかなり ココロ惹かれました…

前の方に座ってらっしゃったご夫婦は、
やたら、大声で笑ってらっしゃいました。。。

ことワタシに関して言えば…
クスクス笑う種類の笑いが 押し寄せてくる映画で、非常に好きなタイプの映画です。。。

ラスト辺りは 目頭が熱くなり…
親が子を思う気持ちとか
逆に 子が親を思う気持ちとか
そんな感情が込み上げてきました。。。

一昨日、昨日と
やたら 飲み会が続き…
ビールやハイボールやワインばっか飲んでましたが…
オトナな感じで ウィスキー…って 選択もありかな…って 💕

だって ホントに 美味しそうだったし…✨✨✨
junkorika

junkorikaの感想・評価

3.5
大阪で観そびれたので、京都まで観に行きました。
ウィスキーをこよなく愛する、スコットランドの島の人々の奮闘ぶりがユーモラスでクスクス笑える。
島の風景も美しく、全編に流れるケルト音楽が心地良い。
そして、エンドロールが終わった後の一言‼ナイスジョーク(笑)
時代や風土や食べ物(この場合はウイスキー)にぐっと引き寄せられる映画かと思ったら、そうでもなく、、。
予告の方が面白かった。
第2次世界大戦中、スコットランドの小さな島で起きた事実を基にした物語。原題の『WHISKY GALORE!』は「たっぷりのウイスキー」という意味だそう。
スコットランドの人たちにとっては命の水といってもいいウイスキー。その配給が途絶え、人々は生気をなくしていく中、大量のウイスキーを積んだ貨物船が座礁! 島民たちは一致団結しある計画を練るのですが…
ウイスキーをこよなく愛する島民たちが足並みそろえた行動には、思わずにやりとしてしまいます。関税消費税庁と島民たちの攻防がユーモラスに描かれていて、やっていることは感心できないけれど、どちらも憎めないというか。特に民兵のおじさんがツボで笑えます!
そして、娘を嫁がせる父の気持ちや、息子の結婚に反対する母の悪あがきなど、郵便局長の2人の娘の結婚を絡めて、普遍のテーマを描いているところも良かった。
実は座礁した船にはもう一つ大きな秘密の荷物があるんですよね。以前に観た映画『ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋』や『英国王のスピーチ』での王室の人間関係もふと浮かんで、その辺もふむふむと興味深く観れました。
普段は晩酌をしないので、ウイスキーとは縁がない私ですが、飲んでみたくなるくらいおいしそう♪ スコットランドの美しい風景、思わず足でリズムを刻んでしまう陽気な音楽、結婚式での衣装や小物も素敵で、とても幸せな気持ちにさせてくれる映画です。
>|