ウイスキーと2人の花嫁の作品情報・感想・評価

ウイスキーと2人の花嫁2016年製作の映画)

Whisky Galore

上映日:2018年02月17日

製作国:

上映時間:98分

3.6

あらすじ

NYへ向かうはずの5万ケースものウイスキーの運命とは―― 思いがけない落とし物が奏でる”結婚狂騒曲”! 第二次世界大戦の戦況悪化の為、ついにトディー島へのウイスキーの配給が止まってしまい、島民たちは完全に無気力に陥っていた。島の郵便局長ジョセフ(グレゴール・フィッシャー)の長女ペギー(ナオミ・バトリック)と次女カトリーナ(エリー・ケンドリック)はそれぞれの恋人との結婚を望んでいたが、周囲から…

NYへ向かうはずの5万ケースものウイスキーの運命とは―― 思いがけない落とし物が奏でる”結婚狂騒曲”! 第二次世界大戦の戦況悪化の為、ついにトディー島へのウイスキーの配給が止まってしまい、島民たちは完全に無気力に陥っていた。島の郵便局長ジョセフ(グレゴール・フィッシャー)の長女ペギー(ナオミ・バトリック)と次女カトリーナ(エリー・ケンドリック)はそれぞれの恋人との結婚を望んでいたが、周囲から「ウイスキー無しじゃ結婚式はムリ!」と猛反対され困った状況に…。そんな時、輸出用に大量のお酒を積んだニューヨーク行きの貨物船が島の近くで座礁。沈没寸前の船内には、なんと5万ケースものウイスキーが積まれていた!「これはきっと神様からの贈り物に違いない!」島民たちは禁制品のウイスキーを秘かに“救出”しようとするが…。

「ウイスキーと2人の花嫁」に投稿された感想・評価

そんなにウィスキーにこだわらなくても…
イマイチ話に乗りきれず…
TUTAYAレンタルで鑑賞。

第二次世界大戦の頃、スコットランドのトディー島で起きたある事件を元に、
実話ベースで作られたお話しです。

本当に戦時中なの〜⁇って言うくらいほのぼのしてて、島民全員がいちいち可愛くて(笑)ウイスキー愛に溢れているお話しでした♪


第二次世界大戦中、ウイスキーの配給がストップされてしまい、
"3度の飯よりウイスキー!"と言うくらいにウイスキーを愛し、
"命の水"とまで言うくらいウイスキーを必要としている トディー島の人々にとってはウイスキーの枯渇が死活問題でした。

結婚を控えたある恋人達がいました。
2人は愛し合っているも、
ウイスキーが無いから結婚は認められない、結婚式にはウイスキーが不可欠だ!
と反対されます。

そこへニューヨーク行きの貨物船が座礁します。
中にはなんと!5万ケースものウイスキーが‼︎

島民達は神からの思召し!とも言わんくらい喜び、ウイスキー救出作戦(島を上げての世紀の泥棒大作戦)を決行します…。


スコットランドの田舎(島)の美しい景色と陽気な音楽を背景に、
島の人々のウイスキー愛が炸裂してて、
観ていて顔がホッコリとほころんでしまう様な愛らしくて楽しい映画です。


さて問題です!"ウイスキー"と言う言葉は劇中何回使われたでしょう⁇


と言うくらい"ウイスキー"と言う言葉が飛び交い(笑)、
飲んで、笑って、歌って、踊って

島の人々が全員、可愛くて可愛くて(笑)


戦争中なのに誰一人死ぬ事も無くて、
この島だけは平和だなぁと思うくらいほのぼのしているお話しでした♪
ゆき

ゆきの感想・評価

3.5
小さな島で起きた奇跡の出来事なんだけど、島民がとっても優しい人たちで、実話と聞いてとっても幸せな気持ちになった。
ちょっと意地悪で、ちょっと欲張りなんだけど、とっても信心深くて、とっても素直な人たちで、憎めないし微笑ましいしで、結局ほのぼのしちゃう。
島民のみんながひとつの家族みたいで、いろいろおせっかい焼いてくれて良いなーって思った。

ウイスキー🥃をこよなく愛するトディ島に🥃が全く入って来なくなった戦時下の実話。

う〜ん、分かる〜 分かるな〜 笑
もし、私のまわりからビールが無くなったら! そんな時、近くの港でバドワイザー5万ケース積んだアメリカ貨物船が座礁してたら!

いく!いくね、ゴムボート山本釣具で買って速攻行って、とりあえず3ケースくらい頂いてくるかな🍺あ、もちろん、もうすぐ沈むからどうせ積荷ダメになる状態にですよ!笑 じゃなきゃただのビール泥棒でアメリカまで連れていかれちゃいますからね!笑笑(´∀`)

今作みたいな人情溢れる島で、美しい自然や音楽に包まれながら、🥃チビチビやりながら余生暮らしたいな〜 (´∀`)
ウィスキーなしでは何も始まらないスコットランドの、とある小さな島の住民たち。彼らの真剣で滑稽なウィスキー獲得のドラマ。愉快な映画です。
☆実話をもとに、ウイスキー🥃を愛する小さな島での騒動を描いたユーモラスなドラマ

☆安息日って大変なんだなぁ…住民の一体感が面白く深刻になり過ぎないところがいい

☆戦時下の話しだがワゲット大佐1人だけが臨戦態勢⁈(笑)

☆のどかな風景とほのぼのした島民の姿にホッコリする
スコットランドの音楽も🙆‍♂️
ウイスキーのために島民が団結して奮闘するお話。戦時中とは考えられない、何ともかわいらしい実話。
ワゲット大尉、、確かにいつの時代もどこにでも、こういう人いるような、、笑
ショーン・ビガースタッフは年を重ねても変わらないなぁ。
島の皆んながウイスキーで一致団結しているところが面白い。とても対戦中とは思えないのどかさが微笑ましい。
小さい子供も手旗信号で協力したり、大の大人が孤軍奮闘道路を封鎖してウイスキーを守るところが好き。
二人の娘を同時に嫁に出すことになるお父さん、大事な一人息子を取られるお母さん、お祝いなのに悲しい…やっぱりウイスキーが必要ですね。
harman

harmanの感想・評価

4.3
ℹ︎🧡WHISKY too❣️
ウヰスキーの映画なんて贔屓してまうやん。
Ben

Benの感想・評価

2.4
実話なのが面白い!
島全体でウィスキーを死守するとか考えられない!3度の飯よりウィスキー。
飲みたくなった!!
>|