天使の分け前の作品情報・感想・評価

「天使の分け前」に投稿された感想・評価

zak

zakの感想・評価

3.6
スコットランドが舞台のウイスキーの話。
これだけ聞くと個人的にはめっちゃそそられましたね。
でも実際はそんなハートフルな感じの映画ではなかった、、、

主人公は過去に罪を犯して服役し、その後社会奉仕のかたわらウイスキーと出会う。そこでテイスティングの才能を開花させて、、、という展開なんですが、そもそも元クズ野郎なんですよ。
果たして更生できるのか、許されるのか、アリか無しか?
はっきり言って賛否両論分かれると思いますね。
観た人の判断に委ねられると言うか、、、
個人的には面白かったですけど。

ウイスキーの樽の中身は、1年に2%蒸発して目減りする。それを天使の分け前と言うらしい。
この映画のタイトルにもなっていますが、非常に素敵な言葉ですね。
あ〜ウイスキー飲みたい!(笑)
面白かった!!!

スコットランドが舞台。
この監督の作品に出てくる役者は皆んな本当に地元に住んでそうな人たちで、知ってる人が出る事はほぼない。

それが凄く良い!!

やんちゃな少年が父となり、真面目になろうと奮闘する話。
保護観察官との距離感が良い感じでホクホク。

更生の一環として参加したウィスキーの工場見学でその世界に惚れ込む。
でもとにかくお金なくて、更生仲間と一発逆転の大博打に出るんだけど、中々ハラハラした。

私もお酒好きなのでウィスキーもシングル1万越えとか叔母に飲ませてもらったけど、確かに味わいが全然違うのは分かる。私の馬鹿舌でも。
それ極めたら確かに凄い深いんだろうなぁ。
現地行って飲んでみたいなぁ。

終わり方も綺麗だし、すごく良かった!!
グッドウィルハンティングのスコットランド版て感じです!
父親がいないやんちゃな少年たちに観せたい。
844

844の感想・評価

4.0
社会福祉活動を強いられた保護観察処分のごみどもがグループで働いてる。
主人公はガキが出来て嫁のオトンとも揉めてて産まれた日に焼き食らう。
地元のライバルとももめてる。
足長おじさんがウイスキーを教えてくれて興味もつ。
更正して頑張るなか幻のモルトミルが発見されて大変。
あのバカな金玉君はいつも的確。
ボブ

ボブの感想・評価

3.0
2014/1/5鑑賞。幼い頃から悪事を重ねて来たスコットランドの若者ロビーは、息子が出来たのを期に「もう悪い事はしない、まともな職に就く」という事を誓う。ふとしたきっかけで、彼にウイスキーのテイスティングの才能が有る事が分かり、仲間3人と人生の大逆転を狙った旅に出る、という話。 これだけの面白い設定が揃っていて、解決法は結局違法行為というので萎えました。テイスティングの才能も無意味。 監督自身リアリストで、「綺麗事だけではない」と主張したいのかも知れないけれど、これじゃドキュメントを見ていた方がマシです。 60点。
Ichiro

Ichiroの感想・評価

3.7
ケンローチには珍しく快いエンタメ作といったところ。ゴロツキがディーラーを出し抜くクライム要素があるあたりはトレインスポッティングやロックストック~あたりの同系列ともいえる。誰でもやり直せる、という監督のメッセージを感じた。
被害者と会うシーンを入れてしっかり過去を見せるあたりが監督らしい。
心地よい快作で、ケン・ローチの優しさに甘えてしまいそうになるが、ふと『わたしは、ダニエル・ブレイク』を思い出すと、涙がこぼれそうになる。
Kana

Kanaの感想・評価

3.6
前半に描かれる八方塞がりの苦しさはさすがケンローチの映画だなって感じだけど、更生しようとする意志が感じられて、頑張れ、これから素敵な人生を送ってくれ、って思いながら見終われる。

ウィスキーのことはよくわからないけど、Angel's shareって素敵な響き

2018 No.94
りょう

りょうの感想・評価

3.9
テアトル銀座にて
閉館直前のラスト作品だったと思う
ポスターに監督のサインがあった
仕事帰りによく寄った、好きな劇場だった・・・
はるか

はるかの感想・評価

3.4
完全に更生したのかはグレーだけど、やり直す意思が見えるかが大事なのかなぁ。
ウィスキーの話に入ってからは結構面白い。ブラックユーモアあり。
500マイルいいね。
imagoo

imagooの感想・評価

4.0
ウィスキー好きには楽しめる作品、エンジェルズシェアが出てくるならデヴィルズカットの作業も見たかったなぁ。
>|