シーズンチケットの作品情報・感想・評価

「シーズンチケット」に投稿された感想・評価

2人の少年があの手この手でサッカーシーズンチケットをてにいれようと奮闘する。
最悪な父親、最悪な教師、出てくるけどなんか爽やか!ラストも爽やか!
過去鑑賞
sunaon

sunaonの感想・評価

3.5
2000年にみた。18年経つと意識のどこかにこの時期にみた映画の雰囲気が残ってる。またみたい。
Zak13

Zak13の感想・評価

5.0
このサッカーしかない感じは僕たちにはとてつもなく理解することは難しい。ただ、サッカーを自分の何かに置き換えた時、ちっぽけな人間の生活がとてつもなく理解出来る素晴らしいドラマ。
ヴァイブル。
山猫舎

山猫舎の感想・評価

5.0
大好き!
映画史上に数えられそうなクソ親父に悩まされながら、
懸命に生きて、ニューカッスルを愛している少年。
スタジアムの思い出さえ友達からの借り物。

シアラ本人が登場している点でも素晴らしい作品!
Annikki

Annikkiの感想・評価

3.4
マーク・ハーマン監督、好きです。「ブラス!」も、爽やかな感動が心地好い作品だった。
こちらは、少しジョークがキツい箇所もあるけど。イギリス人が、サッカーの試合をプレミアムなシートで優雅に観戦する夢を持っているんだなあ、というのが、特に、地方の町の労働者やそのこども達にとって、夢!!!なんだなあ、と伝わる。

主人公とその親友、多少のワルガキなんですが、家族にスポットを当てると、やるせない生き方をしているんだなあ。と切なくなる。
イギリス人と、パブ。みたいな。

この映画、サントラが最高に格好いいので、UKロック好きにはたまらんと思います。
竹馬

竹馬の感想・評価

3.9
シーズンチケットのドリーム感よくわかんないけどたぶんすごいドリーム!
たのしかった!
青くてバカな素晴らしい映画。
いかにもバカでやんちゃで労働者階級出の小生意気なイギリスのガキどもが、命をかけて応援するニューカッスルのシーズンチケットを入手すべく奮闘する物語。
ガキが生意気にも感情こめて本当にたまらなそうに呟く「あったかい紅茶に砂糖とミルクをいれると旨いんだ(うろ覚え)」の台詞が、ああイギリス労働階級万歳〜!と、青春の傷口残る汚れた大人にも沁みる沁みる。
ロンドンではなく、イギリスの地方都市が舞台ってのがまた、出口の見えない青春のやるせなさを表現出来ていてたまらない。
かつてのイングランド代表キャプテンだったシアラーが出てくるのも一興。
shinichiro

shinichiroの感想・評価

3.3
ローカルな視点でリアルさがモロに伝わる。
いい話だし、楽しかった!
ニューカッスル留学以前に観た。

留学を終えた今、改めて観て
ジョーディを感じてニヤニヤしたい。
少年2人がシーズンチケットを手に入れるために奮闘する映画。

いろんなことをしでかすんだけど、ここまでやられると清々しい。
よう、やるわ、って思ったけど、この二人のつながりを尊敬するし、ここまで家の外に出て、自分たちが「最高」と思っているもののために人生の時間を使ってるって、眩しいことだなぁって思った。

規則は破るためにあるもんだからね、特に若いうちは。

作品の荒い感じが、あんまり得意じゃなくって、感動!とまではいかなかったけれど、「最高。」って思えるものにちゃんと向かっていたいなって思えた作品でした。
>|