新・三バカ大将 ザ・ムービーの作品情報・感想・評価

「新・三バカ大将 ザ・ムービー」に投稿された感想・評価

昔ながらのコントといった感じです。好みは分かれるかもしれませんが、演技力や頑張りが感じられ、よくここまで仕上げたなと思いました。
エマ

エマの感想・評価

5.0
ファレリー兄弟が監督している作品についてはまだまだ勉強中ですが、一番初めに観た映画はこちらの映画でした

単にめちゃくちゃな映画じゃなくて、感動するし、兄弟愛、家族って素敵だなって思いました。
シスター役で、gleeのジェーン・リンチやDream Girlsのジェニファー・ハドソンなど、わたしの大好きな映画やドラマに出演していた女優さんが2人もいたので、余計ウキウキしました

ちょっとミュージカル要素が入ってたのも好きだなあって思いました
楽しくて素敵な映画でした
ファレリー兄弟の原点回帰と言われるのもまあ分かる気もします。
Mr.ダマーをエスカレートさせたような作品でした。


石頭の“カリー”
空威張りの“モー”
ポンコツの“ラリー”
この3人のドタバタコメディ。

目で見た瞬間に分かるスラップスティックなギャグの数々、笑ってしまいますよね。
これはきっと音声無しでも楽しめる、まあ、試してないですけどね。

3人組が困った事態に遭遇した時にやる「ぬあぁ〜」というお決まりのギャグがどうも私は生理的にイラついてしまうようで、“そろそろくるぞ”とタイミングがだいたい分かってきて予想が外れると「なんだよそこは普通やるだろ」とか思ったりして、でもそれって楽しみに待っているのでは?と感じながらもいざそのギャグが来たら来たで「あームカつく」となるので、人間とはおかしなものだなあとしみじみとお茶をすすりました。


後世に色々と影響を与えたらしい1930年代のオリジナルの三ばか大将の動画がネットにあったので観たらなにげにすごい再現度だったんですね。
キャラもほとんどそのまま。
これをそのまま現代に落とし込むなんてなかなかチャレンジングなことしてるなあと思いました。
当初は三バカのキャストにラッセル・クロウやショーン・ペンにジム・キャリーを予定していたらしいけど(ほんとかよ、ベネチオ・デル・トロの名前まであったぞ!)無論それは叶わず、結局オリジナルに忠実な方向重視へのキャスティングになった訳ですが、叶わなかったバージョンのキャストの方が似てはいないけど単なる再現以上のもっと独特なものになったでしょう。


最後に気の利いた良い子はマネしないでね映像が入ってます。
これってね、タイトルに無理あり

そもそも三バカの何が゙新゙なのか?何で゙ザ・ムービー゙なのか?・・・解る人何人います?

・・・まぁ、それは各自の宿題にします

【ひとこと】
でもこの三バカなくして日本の゙お笑いの明日゙はなかったでしょうね
nemuco

nemucoの感想・評価

3.0
「三ばか大将」のリメイク作品。ファレリー兄弟は、リメイクしようと20年間も構想を練っていたとか。クリス・ディアマントポロス演じるモーは、まるで生き写しのような完成度。ジャケットのセクシー水着カットは終盤にチョロっとだけ。
Jessy22

Jessy22の感想・評価

3.0
本当におバカな3人(笑)
こんな大人が身近にいたらどうなるんだろうって思いました(笑)

昭和感のあるお笑いって感じで好き嫌いは分かれると思いますが
私は結構楽しく見れました!
何も考えず見て笑えるって感じでシンプルでよかったです!
MoeNegishi

MoeNegishiの感想・評価

3.0
5年前に機内で字幕無しでみたけど、何言ってるかわかんなくても面白いってわかる古典的コメディ。内容もうっすら覚えてるくらい楽しめた気がする!
Gomez

Gomezの感想・評価

3.0
三ばか大将は未鑑賞。古典的なコメディー映画。
効果音を踏んだんに使い、表情での喜怒哀楽、
アニメをそのまま実写化したかのような映画。
ちょっと古臭く感じる部分もあるが、面白かったです。
特に病院での女装がお気に入りですね!
時間があって尚且つコメディーを観たいなって時に
観るのをオススメします。
史上最強におバカすぎるコメディを観てしまった…w

なんかただのおバカコメディじゃないというか、ちょっとまた違うジャンルな気がする…(^^;)
なんて言ったらいいんだろうなぁ…ほんとマンガみたいな笑いなんですよね…www

例えるなら実写版『トムとジェリー』、『スポンジ・ボブ』を観てる感じ?(;^ω^)
効果音も笑わせ方も話の区切り方もアメリカのコメディアニメの様…www
というか、たぶんそれを意識してるんだと思います(^_^;)

でも普通に面白い!w
思っきり爆笑できたってわけじゃないけど、このアホみたいなのが笑えますね(´▽`)

というかこれ、ファレリー兄弟の映画だったのですね(๑°ㅁ°๑)‼
観終わって気づきましたが納得です(^^;)
いかにも彼らこういうの撮りそう(^^♪

ファレリー兄弟といえば作中にほとんど必ず障害者を障害者役で出演させることで有名ですよね。
障害を個性の一部と捉えた彼らは障害者からの支持も高いそうです(^^♪
障害なんて個性と言ってしまえばなんの病気などではないっていう彼らの考え方尊敬するなぁ(*^^*)

ファレリー兄弟の映画で好きなのはジャック・ブラック主演の『愛しのローズマリー』やジム・キャリーの『Mr.ダマー』、またそれの続編などですかね(*^-^*)

他にもまだ観てない彼らの作品があるのでまたいろいろ観てみようと思います(((^-^)))
(なぜかほとんど観てるけど…w)
Tiitake

Tiitakeの感想・評価

4.5
たまに見たくなって、何度もリピート。

何も考えずに観れるコメディ。
内容もほぼ記憶されてしまったけど、3人兄弟のやり取りとテンポが癖になる。

頭のいい笑いじゃないけど、ハマる人は中毒になると思う。
>|