きっと、うまくいくの作品情報・感想・評価

きっと、うまくいく2009年製作の映画)

3 Idiots

上映日:2013年05月18日

製作国:

上映時間:170分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「きっと、うまくいく」に投稿された感想・評価

mao

maoの感想・評価

4.1
学校の授業でみたのが忘れられなくて、
大人になってみたけど、勇気がめっちゃもらえる
ただまあ長い笑
真名菊

真名菊の感想・評価

5.0
面白いという噂は聞いていたのですが、
二時間越えの長編なので二の足を踏んでいました。
おじさん三人の旅行映画かなと、休日の空いた時間に観始めたら、
エンディング頃にはダバダバ泣いていました。
長編にも関わらずキャラクターの個性が印象に残りやすく、
またストーリーの骨組みもしっかりしていて、伏線の回収にもすっきり。
インド映画特有の歌とダンスも中だるみしないタイミングで出てくるのも良かったです。
インド社会への風刺もありながら、明るい希望へと導いてくれる映画でした。
All is well!!
ベタに次ぐベタ!王道に次ぐ王道!畳み掛けるようにありとあらゆる人生のイベントが降りかかってくるけど、人生は「All Izz well」だね。
人生のバイブル
ランチョー導師かっこよすぎ!! 
下ネタレベルがおならとかやけん、小さい子どもも一緒に見れるのも素晴らしい!
鳥ちゃん上手くイクゥ鳥ちゃん上手くイクゥ
美夏

美夏の感想・評価

5.0
Amazonプライムで☆5つの評価は珍しいと思い観たらびっくり
インドの映画特有の途中の歌やダンスはまあ置いておいて、話のテンポ、笑いあり涙あり、感動あり、
それぞれのキャラも確立していて良い
3時間くらい?長めですがあっという間でした

どんな歳の人が観ても心に響く映画だと思います。おすすめです。
アール イズ ウェル

ランチョーという1人の自由な学生にかき回される大学そして学長。そして、刺激を受ける友達。
なんやかんや、最後は上手くまとまって良かった!笑
歌って踊ってるシーンは好きでした。
自由、自分とは何か。
現代社会に一石を投じる作品でした。
たざわ

たざわの感想・評価

4.5
"Aal izz well"

少し長いけど、とても元気をもらえる映画だった。
歌とダンスも存分に楽しめました。

同じように中国や韓国も激しい競争社会で、それと比べたら日本はまだまだ楽ちんに生きられる国だと思う。
だからこそ、三人のように正直に生きていきたいなと思えた。

私もラージュー並に気の小さい人間ですが、不安なとき、失敗したとき、思い出せる作品になる気がします。

インド映画は多分はじめて見たけど、こんな風に元気になれるやつばっかりなのかな。
バーフバリとかも見てみたいな。
RyuSuke

RyuSukeの感想・評価

3.8
期待値高くなりすぎてた。。
義務教育に取り入れるべき、映画。
結論、やりたいことをやって、つきつめて、優秀になったら、成功はついてくるよ。
いい映画。最後の湖綺麗すぎ。パンゴンツォと言うらしい。行きたい。

字幕監修がいとうせいこう。
テストでいい点数をとるとか
望まれたように生きるとか
優等生でいるとか
偉い人に認められるとか

そんなことよりも
本当に自分のやりたいことに
時間も労力も使うべきで
それこそが学ぶということ
勉強するということ
成長するということなんだなと強く思う


値段とか
外見とか
地位とか名誉とか
そんな上っ面のものだけに囚われずに

うまくいく
そう思いながら自分に素直でいられたら素敵

そして、
友達をいつまでも大事にしたい
…なげーよ!!!www 171分!!
 
歌って踊って
お忙しいのはわかりますけどw
こんだけ長くて
面白くなかったら許さないわ!

・・・ええ、文句なしに
文句が帳消しになる楽しさ


邦題が 少々甘ったるく
勘違いさせそうなトコあるけど
実は色々 深い



ICE工科大
「人生は競争だ」の世界

学生達は皆 親からエンジニアになることを望まれ
大学の中でも ルールの中で生きてる

ただ1人の青年を除いて



新入生への手荒い歓迎も拒否
学長にも意見をする男 ランチョーと
二人の男が同室になった


父親には逆らえず 大学に入ったが
写真家を夢見てることを 言い出せないファルハーン


幼い頃は優等生 いまは家族の期待を一身に背負い
神頼みの臆病者になってしまった ラージュー


ランチョーの成績はいつもトップ
それに比べ 二人は
ビリとビリから2番目

ファルハーンもラージューも「おまえは特別」と
ランチョーをグル(導師)呼ばわりし 自分を卑下する


ランチョーは言う
「わかるか? なぜ僕が一番なのか
 機械が好きだから 工学が僕の情熱だからだ」


ファルハーンが 秘かに憧れている 写真家の名前を挙げ
「動物に恋してるのに 工学と結婚か」と
おまえの情熱は 違うところにある と諭す


ラージューには
「お前がうまくいかないのは 臆病だからだ
 お守りの指輪だらけ 指の数より多い
 将来を心配していたら 生きていけない」


そう ランチョーが見ていたものは
いつでも 今

二人は 枠組みの中でも 自由奔放なランチョーから
自分自身の望みにそって生きる パワーをもらう

それは
自分自身に還ることであり
出来ないことを 認めることでもあった


絶対服従だった父へ
「エンジニアにはならない」と告げ
「ずっといい子だった 一度だけワガママを許してくれ」
と懇願するファルハーンの顔は

もう 親の顔色を伺い ビクビクする子どもではない
だけど 父を愛する子どもそのもの


ラージューは 車椅子で面接に臨み
自分の臆病さと過去の失敗を 静かに話す
欠点を受け入れた彼の顔は 静寂に満ちていて
面接官の心を捉えた

それぞれの道を歩き始めた二人
そして ランチョーは姿を消す


彼が繰り返し言った
「優秀ならいい 成功は後からついてくる」

情熱を追いかけろ
・・・それは ランチョー自身が体現していたこと



10年後『Aal Izz Well(きっと、うまくいく)』が口癖の男の正体が
明らかになる


…正体わかった時の
本物のランチョー
あれで生きてけるのか?…と逆に不安に感じたけどw

ま、“3バカ”にとっては
どうでもいいことですわね^_^
>|