ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画の作品情報・感想・評価・動画配信

「ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画」に投稿された感想・評価


 やっぱ母は強しだし女性は強しだわ!

 好きな事を持つ事、諦めない事、楽しむ事。

 なんかないと生きていけないよね〜(´∀`)
kazu1961

kazu1961の感想・評価

3.8
▪️Film Diary————————————————-
🖋本年鑑賞数 :2021-440 再鑑賞
🖋#死ぬまでに観たい映画1001本 ※※※/1001

🖋 エンドロールの首相の演説にもある“ハリウッドの宇宙ロケット映画の予算より少ない予算で火星に到着した”実際にあった火星探索ミッションをベースにした作品です。作中にもあるように40億ルピー、約60億円の予算で火星にアジアで初めて到達しました。

🖋その火星探索ミッションの科学者の多くがサリーを着た女性であるこもに驚かされます。国の文化を守りながらもダイバシティが進んでいる国の強さを感じる作品ですね。

🖋何度失敗しても、可能性が0.1%であってもチャレンジし続ければ、必ず成功する!!そんな前向きな気持ちが伝染して、元気がもらえる作品です。本作、実際の宇宙機関の協力を得て作られた映画で、火星ミッションがどのようにして成功に導かれたかを描いた作品です。

🖋ほんとうかっ!!と思わせ、驚かされるのが、女性科学者たちのアイデアと努力が日常の生活の女性ならではの節約術を宇宙サイエンスに応用しているところ。それで低予算で探査機の軽量化に成功した驚きの開発秘話に驚嘆します。

🖋ヒット作品『パッドマン 5億人の女性を救った男』のスタッフが再結集し、同作で主演を務めたアクシャイ・クマールがチームリーダーを演じ、『女神は二度微笑む』などのヴィディヤ・バラン、『ダバング 大胆不敵』などのソーナークシー・シンハー、『フェラーリの運ぶ夢』などのシャルマン・ジョシらが共演しています。

😆物語は。。。
2010年、インドの宇宙事業の命運をかけたロケットの打上げが失敗に終わり、プロジェクト責任者のタラ(ヴィディヤ・バラン)とラケーシュ(アクシャイ・クマール)は誰もが実現不可能と考える火星探査プロジェクトという「閑職」に異動させられることに。主婦でもあるタラは家庭料理など家事から閃いたアイデアで、小さなロケットでも探査機を火星に送る方法を思いつき、低予算ながらプロジェクトが始動します。しかし、花形の月探査プロジェクトに比べれば陰の存在であるプロジェクトにチームとして集められたスタッフは、トップクラスとは言えない、経験の浅い、いわば二軍の寄せ集め。はじめはバラバラのチームでしたが、女性たちの節約アイデアで、わずかな予算でも火星打上げを成功に導くため、チームは結束し奮闘します。。。

▪️Database————————————————-
🎥邦題 :『ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画』
原題(英題):『Mission Mangal』
🎥製作国 :インド
🎥初公開 :2019
日本公開 :2021/01/08
🎥上映時間 :130分
🎥受賞 :※※※
🎥監督(製作):ジャガン・シャクティ
脚本 :R・バールキ、ジャガン・シャクティ、ニディ・シン・ダルマ!サケス・コンディパルティ
原作 :※※※
音楽 :アミット・トリヴェディ、タニシュク・バグチ
出演(声優):アクシャイ・クマール、ヴィディヤ・バラン、ソーナークシー・シンハー、タープシー・パンヌ、ニティヤー・メネン、キールティ・クルハーリー、シャルマン・ジョーシー、H・G・ダッタトレーヤ、ヴィクラム・ゴーカレー

▪️Overview (映画. comより)———————
アジアで初めて火星の周回軌道に探査機を到達させたインドの実話を基に映画化。2010年、インドの宇宙事業の命運をかけたロケット打ち上げが失敗に終わり、責任者のラケーシュとタラは火星探査プロジェクトという閑職に異動させられる。誰もが実現不可能だと考える火星探査だったが、タラは家庭での料理方法をヒントに、小さなロケットで探査機を火星に送る画期的なアイデアを思いつく。低予算ながらプロジェクト始動を承認されたものの、集められたスタッフは経験の浅い女性ばかり。始めはバラバラのチームだったが、ラケーシュのリーダーシップと女性たちの節約アイデアで、僅かな予算で打ち上げを成功させるべく結束していく。製作チームには「パッドマン 5億人の女性を救った男」のメンバーが再結集。同作で主演を務めたアクシャイ・クマールがラケーシュを演じ、監督を務めたR・バールキが脚本・製作を担当、助監督のジャガン・シャクティがメガホンをとった。
あとり

あとりの感想・評価

3.9
単なるサクセスストーリーではない。
家庭と仕事の両立、女性の社会進出など登場人物達の生き方にインド映画の進化を垣間見ることが出来る。
従来のイメージを覆されつつも最低限の歌とダンスは有り。
鑑賞後ポジティブになれること間違いなし。
だま

だまの感想・評価

-
国家のプロジェクトに携わる優秀な科学者たち。そんな彼女らも家庭か仕事か、出産かキャリアかという女性であるがための選択を迫られる。悩みを抱えながらも上司や家族の支えを受けて生き生きと働き、人生を諦めない彼女らの姿に勇気を貰う。

理想の上司そのもののラケーシュ。部下が能力を最大限に発揮できる環境を整え。悩む部下には具体的な解決策を提示して背中を押してくれる。各個人の適性を見極め時にはあえて厳しい発言もする。個々が優秀でもチームとして力を発揮するには優秀なリーダーの存在が不可欠だ。

ラケーシュのような上司になりたいと思うけれど。現実はなかなか。ついつい自分を甘やかしてしまいます。まだまだ修行がたりません。でもお仕事ドラマとしてもとても楽しく見れました。割と簡単に困難を克服できちゃう場面もありますが。常に明るく前向きて自分は好きです。
MALPASO

MALPASOの感想・評価

3.3
映画『ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打ち上げ計画』

インド版『ドリーム』。
アメリカ、ソ連、そして中国が次々失敗した火星探査機のミッションに挑む、野球でいうところの二軍チーム。予算は、NASAの火星探査機開発費の約1/10、映画『ゼロ・グラビティ』の製作費約1億ドルより少ない予算約7400万ドル!知恵と工夫で何問を乗り越えていく。その度にちょいくさすぎるインド演出が登場する。

チームのリーダーを演じた、『パッドマン 5億人の女性を救った男』の主演、「インドのジャッキー・チェン」と呼ばれるアクシャイ・クマール。何度か彼の出ている映画を観たけど、なんと!世界で最も稼いだ俳優の6位だって。

面白かった!傑作!
ぽめぅ

ぽめぅの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

【ミッション・マンガルの感想】
本編前の注意事項で動物云々が確か書いてて建物以外フルCGだと思うんだけどインド映画と言えば分かりやすいCGやってますみたいな拙い偏見があったんだけど火星に向けて打ち上げるロケットのCGは本当に本物みたいですごかった。インド映画のイメージに丸分かりなダサショボCGがあったのでCGとはいえロケットや発射施設が本物みたいに見えてクオリティが高かった。でも1つ言うなら猫に違和感。もう少しリアルな動きの猫に寄ってほしかったな…顔のパーツに違和感あり…
ちょいちょい日本語字幕で気になる箇所があった。例えば載せる、別条など
後で調べたら別条でも合ってるみたい。
この作品でボリウッドデビューをしたNithya Menenさん推しになった✨彼女の笑顔にノックアウトした。
ラケーシュが若い女性多くないか?って言ってたところ現代での女性が活躍する社会とリンクしてる感じを受けたので私は良いなと思ったし若い女性多めで年齢がバラバラなところも色んな新しい意見、熟練の意見などあるので火星チームメンバー割りと好き。
エカ役のSonakshi Sinhaさんはランヴィールと共演してたなと思いテンション上がった!エカに猛アタックしてた男性はきっとうまくいくの1人だと後で知った。
ゲル

ゲルの感想・評価

3.9
例外のクラブのシーンを除いて、踊らないインド映画。
観終わった後の達成感がものすごくあって、自分もプロジェクトのチームの一員になったようで感動した。
宇宙がテーマのNHKアニメが好きなら観て損はないと思う。
宇宙開発という壮大なテーマのわりには派手でなく、メンバーたちもそれぞれの個性のわりにあまりキャラにフォーカスされすぎることがなかった。
悪く言えば個性の持て余しがもったいないし、良く言えば任務の遂行に集中できた。

この作品の女性は強い!
しかも超優秀な頭脳を持っているのだから憧れる。
日本だと、これだけのプロジェクトに関わるとなると女性の方が家庭に入って家事と子育てを担当し夫を支えるイメージで、仕事を選んだ女性は独身なことも多いように思う。
この作品では逆で、仕事を選んだ男性が独身で、女性は仕事も家庭も手に入れてプライベートが充実している感じだった。
たまたまかもしれないが。
インドでは女性差別がひどいイメージがあるけれど、職場によっては男性と対等になれるのだろうか。

インドらしい音楽もあったが、笛を貴重としたアイリッシュ調の音楽が良かった。
エカとパルメーシュワルのその後が気になる!
この貴重な実話を知らしめてくれたことに感謝。
魅力的な役者陣に惹き込まれたけど...

製作に相当お金が掛かっていそうな割に、力の注ぐポイントがチグハグで、個人的にはストーリーに入り込めなかったなぁ。
(宇宙空間のシーンはCGの精密な映像を長々と入れる一方、チームの仕事場のセットとかセリフの音響処理とかは、バラエティ番組の再現ドラマみたいだった;;)

予算少ないところは うまくコメディ・テイストに生かすとか、ボリウッドの潤沢な持ち味を生かすストーリーテリングを盛り込んで欲しかった。

逸話自体は とっても惹かれるので、逆にドキュメンタリーでも観てみたい(本作の最後に出てくる現実の本人達の写真も、なんと個性的で魅力あるキャラクターだったことよ☆)
ezu

ezuの感想・評価

4.0
もう少しそれぞれのキャラクターにフォーカスしてほしかった気持ちはあるけどさすがのボリウッドなのでほぼ文句なしの良作。

主人公が宗教を変えたいと言う息子にかける「神の名前ではなくその力に祈りなさい」みたいな言葉がすごく好き。
Mimino

Miminoの感想・評価

3.8
このプロジェクトメンバーの多くが女性っていうのがいいよね。
しかも、主人公、家事育児もやんなきゃってどんだけパワフルなんよ!
>|