愛の亡霊の作品情報・感想・評価

「愛の亡霊」に投稿された感想・評価

otom

otomの感想・評価

4.1
"悪魔のようなあいつ"のお陰か出てくるだけで男色っぽい雰囲気を醸し出す藤竜也ではあるが、“愛のコリーダ”同様に今作も見事な情夫っぷりである。吉行和子に剃毛を命じる外道っぷりはともかくとして、大島渚は何かとこの人を痛い目に合わせるのがお好きな様で。妙な怪談だが、結構な良作。
画面いっぱいに広がる霧の趣深さ

藤竜也は愛のコリーダの時と同様
一見チャラそうに見えて、真っ直ぐな所がカッコイイ

川谷拓三もいい味を出してる
Yuichi

Yuichiの感想・評価

3.0
大島渚監督の作品、2本目。

今のところ登場人物のほぼ全員が狂気。

小さな田舎の村で、間男を働き、恋のあまりにその旦那を殺す。
その殺人を隠し通すために色々とはたらくのだけれど。

なんというか、激情の恐ろしさ。
狂気と狂気を混ぜるとものすごいものができる。
ReN

ReNの感想・評価

-
DVDにて再鑑賞。

愛のコリーダで知られる監督大島渚作品。

前作同様に性をテーマに制作された作品で、これまたインパクトある作品だが、個人的に退屈な場面も少なくないと感じた。

ただ、愛と亡霊を融合させ、斬新さを生み出した愛の物語でもあり、必見の作品となっている。
rotarie

rotarieの感想・評価

-
愛のコリーダの凄まじい生感というかぎりっぎりの緊張は愛の亡霊にはそこまでなくどちらも実話が元になっているけれどこっちは亡霊なだけあって作り話のフィルターが厚めでよそ見してしまう余裕さもあるからこそハードコアジャポニズムファンタジアって感じの砂利混じりの泥臭い幻想が地に染み込んでいる空気を感じる愛の行く末を見届け終わったのもつかのま、亡霊フィルターましましに対してのコリーダの愛の切れそうできれない張り詰めたリアルの空気感を欲してしまったのも事実。生感が高い方が自己投影しやすく感情にぐさっと刺さる部分があるから観るのに体力が必要。
そういえばこちらかなり面白かった。シンプル王道で、以前観た東海道四谷怪談くらい面白かった。日本の幽霊映画は怖いし最高ですね! 終盤は幽霊にやられっぱなしのお関とトヨジがボロボロになりながらもsexしていて笑った。音楽もコワイ!
1982年3月7日、飯田橋の佳作座で鑑賞。(2本立て、400円)
名画座で「愛のコリーダ」との二本立て凄い上映だった。

本作は、ある夫婦が住んでいるが、そこに間男が登場し、妻と情事を重ねた間男が共謀して夫を殺害する。

しばらくすると、殺した夫の亡霊に悩まされて………という作品。

本作で特に印象的だったのが、最後に殺人した二人が捕えられて拷問される場面。
ここで、インパクト大きい場面があるのだが、ネタバレはやめておきます。

吉行和子もヌードも辞さない体当たりの演技。

大迫力のスクリーンで「怨念の映画」が凄かった!
もしかして『リング』の元ネタですか〜〜〜〜〜ッッッ!?!?!?!?
閉鎖的な村社会での情事。シンプルで稚拙すぎて、源流に触れる、思わず噎せ返るほど。この空気は、21世紀にはもうない。
「人と人との出逢いはかけがえのないもの……なんて欺瞞だ!世の中には、絶対に出逢わない方が良かった人間もいるし、絶対に愛し合わない方が良かった人間もいるんだ!すなわち、男と女は出逢うべからず。ホラー映画です」
>|