愛の亡霊の作品情報・感想・評価・動画配信

「愛の亡霊」に投稿された感想・評価

オペラか歌舞伎なんか?ってかんじの盛り盛りストーリー。

愛のコリーダほどの性描写はないけど藤竜也は相変わらず最高の男だし大島渚の画作りも素晴らしい。全カット絵葉書みたい。

ラストの日本人らしいエグさは戦場のメリークリスマスを彷彿とさせる。

愛のコリーダ・愛の亡霊・マックスモンアムールがセットで扱われてるのを何回か見たけどマックス〜はチンパンジー飼うだけのホームコメディだからな!?
不倫、殺人、逃避行。オペラ的展開は「まさかそんなひどいことはしないだろう」と客に先の展開を予想させるが、臆せず視覚化される「ひどいこと」の迫力が凄まじい。村社会の陰湿さは東洋的。陰の黒さと原色の照明のコントラストが強烈に厳しさ。煙と背の高い草が風にゆれて不安を煽る。
アダルト版日本昔ばなしといった感じ。汗に湿った肉体のくどさとムラの狭さにぞっとする。吉行和子が自宅に火を付けて焼身自殺を図るシーン、降霊術っぽい作り込まれた美術に戸田重昌が溢れていた。佐藤慶が一瞬登場して歌ってくれる。
技術も演出も素晴らしい。問題は脚本。ふたりの愛が高まる流れと、殺害してからの狂おしさが見えてこない。怪談映画調にしようとするあまり、そこを切り捨てた感じもするが。
ラスト近くは、役者陣の演技力もあり見入ってしまうが、この脚本で100分は厳しい。
拓ぼんの警官役よかったですよ。いい味出してました。藤竜也は相変わらず藤竜也でした。『愛のコリーダ』と違ってホラー要素が強く、あまりのれなかったですね。最初のほうで藤竜也がお菓子買ってくるシーンがいいなぁと思ったら、ラスト近くにリフレインしてグッときちゃいましたね。
Sou

Souの感想・評価

3.2
小林正樹の「怪談」の1つにおさめても良かったのではないか。キネ旬3位に入るほどの映画ではないと僕は思いました。
今まで見た映画のリストを作っています。レビューは後で記述します。
ジン

ジンの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

前衛の大島渚監督にしては古典的な映画。
川谷拓三が出てたり、見どころあります。
ka28mar

ka28marの感想・評価

3.0
これも実話に基づくとの事らしいが
阿部定に比べると既知感が否めない。

まるで大人の「日本むかし話」のようで賞取りの要素が満載のR指定怪談話。

映像の仕掛けや構図。
風景描写や色彩は美しいしTHE日本。

コリーダのリベンジを図るw
このテイストでコリーダをまとめていれば良かったやろうけれど。そんなことは分かっていてもしなかったんでしょねw

賞なんて狙えば取れる…ということ?
受賞と本質とは違うということw
[NF_H]
dude

dudeの感想・評価

3.8
首を絞められ天に突き上げた両腕、情事のさなかピンと伸ばされた両足。井戸の反転は分かっちゃいても良い。藤竜也の「縄 麻縄」最高。