アマゾネスの作品情報・感想・評価

「アマゾネス」に投稿された感想・評価

Le guerriere dal seno nudo
The Amazones

女王とそれを憎む幼馴染との全裸ステゴロからのラブシーンが見どころ
アマゾネス軍団を壊滅させられたにも関わらずアテナイ王とイチャつきながら帰還するアマゾネスの女王は如何なものか
女だけで暮らすアマゾン一族が子孫を残すためにギリシャ人の男達と会うというしょーもない話をとんでもない位立派なセットで撮ってるアホ映画。内容が意外とマトモで逆に反応に困るし、エロ目的で観に行った客もちょっと残念がると思う。
オイルテカテカキャットファイトのところとか小学生のときに地上波で観てたらちんこ爆発してそう。
Yoh

Yohの感想・評価

2.6
1973年製作・公開映画。監督は007を撮ったテレンス・ヤング。原題は「THE Amazons」だが、別に仮面ライダーもワンダーウーマンも、もちろん通販会社も出てこない(ぇ

オープニングからゆるーい音楽が流れる本作。そして出てくるアマゾン達が始める競技大会は、選手が腰が入っていない感じですごくゆるい。脚本も設定もすごくゆるい。序盤から最後まで適当な感じ(いきなり子供産んじゃったりとか)で、真面目に観るよりはこれは酒飲みながらダラダラ飲みながら観るのがいい感じの作品。あー、この雰囲気は安っぽいマカロニウェスタンのやつだわ…という感じですね。まぁ、アマゾンが主役だし昔の映画なのでたぶんエロス系に振っているんだろうなぁ…と思っていても、現代からするとうーん…今の映画(邦画とか邦画とか)の方がよっぽどエロいですし。裸体の女性がレスリングという場面もあるわけですが、どこかゆるい。あー、昔の紳士達はこういうので楽しんでたんだなぁ…と過去を思いつつ生暖かい目で観るのが良いと思います。あ、でもラストの大乱闘シーンは(ちょっとだけ)見ごたえあり。
2度目のアマゾネス映画でこざいます。

安定感ありますねぇ~。
クソ映画ですね~。😀

おっぱいバインバインのボインボインでございます。

物凄く中途半端なポルノ映画の出来損ない。

ギリシャ神話に出てくる、女性だけの騎兵国家アマゾネス。

女だけの国。男が必要なのは1年に1度だけ。
子種だけなのです。

アマゾネス軍とギリシャ軍が夜の種付け戦争をするお話。

4年に1度の女同士の戦いの勝者が女王になるのですが、新女王(主人公)が種付け戦争で男に惚れてしまい、感情だけで政治をしてしまう能無し。

はい、1番リーダーにしてはいけないタイプですね。😢

なんとか女王を引きずり落とそうとするライバルがピーターに似ている😅

女王とピーターが素っ裸でくんずほぐれずの戦いをするのですが、途中から何故かラブラブになり、レズ〇ックスを始めます😑

訳がわかりません。

ラストは説明するのがめんどくさいのですが、ギリシャ軍とアマゾネス軍が戦う事になるのですが、戦い終わってラブラブ😒

めでたし、めでたし。

なんじゃそりゃ❓️
( ゚д゚)ポカーン

主人公の女王がなかなか美女。
そしてボインボイン❤️

それ以外の見所は一切ございません。

美女のおっぱいだけの映画ですね。

アマゾネス系、安定感抜群のクソ映画ですが、同じクソ映画ならサメ映画の方がいいなぁ~。😂

ちなみにこの映画の脚本と監督は007のDr.NOやサンダーボール作戦、ロシアより愛をこめてのテレンス・ヤング。

しかも007撮ったのが先という・・・😱
Haman

Hamanの感想・評価

3.3
広大なロケーションで織り成すおっぱい叙事詩。一年に一度だけ周辺諸国の男と子孫繁栄のために交配する女人国アマゾネスの話。

新しくアマゾネスの女王になった女が主人公なんだけど、ギリシャの王に恋をしてから感情でのみ動く無能っぷり。最も人の上に立っちゃいけないタイプなので、部下達からは不満続出のまま決闘を申し込まれるまでに至る。

アマゾネスの決闘は裸になるのが作法らしく、来いよベネット服なんか捨ててかかってこい、ってマジでそんな感じ。
女二人が丸裸でとっ組み合ってゴロゴロしてるだけだからほぼセックスなんだけど、流れでそのまま本当にセックスが始まったのは流石に笑った。分かる?『コマンドー』でメイトリックスとベネットが殴り合いをしてたら、いきなり二人のセックスが始まるんだよ。脳細胞が全くついていけなかった。

こういうめちゃくちゃなポンコツ映画だのにロケーションが馬鹿みたいに広大で、最後の合戦なんかは迫力がえげつなくて普通に30人くらい死者でてそう。見てるこっちが怪我の心配をするようなアクション。
あと、そこまでハッピー感ないのに大々的にパッピーエンドです!やったね!みたいな大団円を押し付けてくる感じ。ハッピーとは何かを深く考えさせられる。
犬

犬の感想・評価

3.1
任務

古代ギリシャに実在した女だけで成り立っていた武人族・アマゾネスのギリシャ軍との戦いとセックスを描くスペクタクルアクション



男は悪である
ただ、子孫を残すためには、、

裸で闘う
凄かったです

アクションも少し

美女がたくさんでした
真夜中

真夜中の感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

能天気なノリとエロが心地良い映画でした。その能天気さがピークに達するラストに絶句そして爆笑しました。全体的にゆるいんですが、アンティオペとオレイセアの全裸キャットファイトシーンだけは最大の見せ場だけあって気合が入っていました。
Hiro

Hiroの感想・評価

3.1
Retrospective
女性上位時代の突入❗️
昔、昔、男勝りを、、今では、男前女子を、
『アマゾネス』と総称する程に
この作品の別の意味の女子力恐るべき世界。
あまり、理屈っぽく深く考えず見れば、
楽しめる、その時代の彼女達の髪型、
や、顔の見せ方。メイクアップが
時代物語る
B級のスペクタクル
『Fate/Grand Order』からポロロッカしてきました。
でも残念ながらエルドラドのバーサーカーは出ません。
昔は“アマゾネス”って言うぐらいだから南米に住んでる人たちのことかと思ってたよ...
ホントFateは勉強になるな~
お色気系B級歴史スペクタル。お話は、しょーもないような内容かと思いきや、意外にも作り込まれていた。また、意外に壮大なロケだったなこれ。
まあ映画好きのお話のネタににするんだったらいい作品かと思いますが、真剣に見ようと思うんだったらもうちょっと作品を選んだ方がいいレベルです。あっ、そんな人いないか。しいて言うなら、夢はあるかな(*^-^*)

そいやムービープラス、深夜だとちゃんとCMなしで突っ走るんですね。やはりこれが気持ちいいです。もともとここは途中CMでかなり心証を悪くしているので、考え直してもいいんじゃないですかねぇ~。
>|