ポンペイの作品情報・感想・評価・動画配信

「ポンペイ」に投稿された感想・評価

naco

nacoの感想・評価

4.0
恋に友情、噴火に戦い!男の子の大好きが詰まった映画でした✨(※勝手なイメージです)

最近私は「ボルケーノアルマゲドン」というとんでも映画を観たせいで、噴火不信に陥っていました。噴火だよ!と聞いても、どうせにおわせでしょ?と懐疑的で😞

ところが、こちらの映画はあまりにちゃんとしており、油断していたので面食らいました!「平服でおいでください。」と書いてあったのに、自分以外全員スーツだったみたいな感覚です😳

ポンペイと言えば、試験前語呂合わせで詰め込んだ「噴火で泣くポンペイ(79年)」しか浮かびませんが、まさにその紀元79年が舞台です。

ケルト人最後の生き残りの奴隷剣士とお嬢様の身分違いの恋。アクションシーンも盛りだくさんで、剣や鎖でウォーッと戦ったり、なんかすごかったです(雑)

そして、噴火!!噴火なんて信じてなかったけど、想像の500倍は噴火していました🌋

普段こんな大きなスケールのアクションやパニックの映画を見慣れていないので、脳がびっくりしていました!

噴火の中戦う主人公たち。こちらからしたら、まず噴火から逃げて!と思いますが、そういうのは野暮。火の玉飛び交う中で戦うのが男子のロマンなのです🔥(※勝手なイメージです)

平均評価が微妙ですが、私は好きでした!映画館で観たかったです!

p.s🌱
「ポンペイ2014」とかいう嫌な予感しかしない映画が気になって仕方がないので、どなたかレビューをお願いいたします😂
なあな

なあなの感想・評価

2.5
エミリーブラウニング目当てでみた。
ストーリー的には凄く分かりやすい。
あの男の子の顔結構好きだなぁ。
悪い人もいい人もみんな死んじゃうのはやだ😖
Kota

Kotaの感想・評価

2.9
キット・ハリントン観たさに鑑賞。まぁ普通につまらなくはないし、当時の世界観とかは作り込まれてて良かったと思うけど、やっぱこの監督はやり過ぎっていうか演出がいちいちくどいから後半は笑えてくる(笑)。CGもだんだん雑になっていくし、なにより噴火中に決闘しすぎ(笑)
タクミ

タクミの感想・評価

1.0
グラディエーターの二番煎じ。
目新しい技術とか、歴史的事実,解釈など、何もないように思う。
なんで作ったんだ。
kumiporo

kumiporoの感想・評価

3.6
暗い始まりで結構苦手な感じでやめようかと思ったんですが…
後半から俄然面白くなりました⭐️

決闘シーンからガン見😳

ラストは予想外のウルウル🥺

人間は儚い…今を大事に生きよう☘
ポンペイだから最期はあーなるのかなーと思ってみたらやっぱりポンペイだった。自然の前では人間の善も悪も関係ないのだ。

このレビューはネタバレを含みます

わかりやすくて面白かった。
アティカスが良かった。
噴火のシーンのCGは良かったのに馬で追いかけるシーンのCGはなんでかチープ…
最後の石になってるシーンはいらないのでは?2人が煙にのまれて終わり、の方がキレイな終わりだと思う。
夏、リゾート地ポンペイに訪れる傲慢な富裕層への天罰。
ヴェスビオ山噴火については2,000年以上もの間、そう伝えられてきた。

しかし、2018年。夏ではなく秋に噴火が起こった根拠が発掘され、新事実が明らかとなった。

当時のポンペイは人口の半数以上が奴隷で、労働者階級だった。(他2〜3割が商人、残り少数が貴族)
奴隷たちは稼ぎ次第で自分自身の身分を雇主から買い取れた。自由の身を得て、政治家にまで成り上がった者もいたと言う。
庶民こそが火山噴火の真の犠牲者なのだ。
火砕流は将来へ向け必死で生きている人々を瞬く間に街ごと呑み込んだ…

こんなドラマを全く活かすことなく、本作は先が読める陳腐な決闘とラブストーリーに終始。
ポンペイが舞台でなくても同じ話を作れそう。残念。
剣闘士のアティカスが印象に残った。どこかで見たことあると思ったらLOSTのミスター・エコーやった。GOTにもちょっと出てたらしい。色んな要素を詰め込みすぎ感もあるけど火山の噴火の迫力も凄いしよくまとまった映画やと思う。
多くのレビューにあるように、
いろんな要素がありすぎて
どっちつかずな印象。

ポスターで男女が向かい合ってるから
恋愛要素はあるんだろうなと思いつつ、
それにしては2人のシーンが少なすぎる感じ。
反対に、剣闘士や闘技場のシーンは多目でした。

噴火の迫力が凄かったし、
津波のシーンも怖かった…。

ポンペイの遺跡群はいつか見に行きたい。
荒廃が進んでるとのことで
一般で見れる場所がどんどん減っていってるとのこと。
>|