ヘラクレスの逆襲の作品情報・感想・評価

「ヘラクレスの逆襲」に投稿された感想・評価

イタリア製史劇シリーズ第2弾。ヘナチョコなホンなので退屈なのだが、やはり致命的なのはヘラクレスがほとんど活躍しないこと。基本硬いもの捻じ曲げるしか能がなく、もう少し工夫しなさいよ。シルヴァ・コシナとの絡みもほとんどないし。スコアも平凡と悲しい出来。美女は良し。
kanekone

kanekoneの感想・評価

3.0
前作ほどのインパクトは無し。シルヴァ・コシナの出番が少ないのが物足りない。
lemmon

lemmonの感想・評価

2.0
楽しみ方、わかってないだけかなあ😅。


途中から時代背景がよーわからんくなった😓。
女たちの衣装は下品👗。
ヘンテコなダンス踊ったり、綺麗すぎて女装した男にみえたり、、、
色彩豊かを勘違いしたのようなどキツい色使いも芸術とは感じなかったかなあ🙇‍♂️。


そもそもこういった映画を真面目に見てはいけないのかもなあ。
もう30分くらいから苦痛だった。
折角だから、最後までちゃんと観なきゃ😖。
それだけを考えていた気がする。


そーだ、これヘラクレスなんだと観終わって思う。

このレビューはネタバレを含みます

前作「ヘラクレス」の続き。
花嫁イオレとオデュッセウスを伴って帰郷するヘラクレスご一行は、アッティカ(ギリシャの景勝地)で船を降りテーベを目指す。

王位継承でゴタゴタするテーベの危機を救うために最善を尽くして戦おうとする話なんだけど、毒を飲まされて幻聴に悩まされるし、記憶を失って骨抜きになっちゃうしで、もう最悪の事態|д゚)!!誰がアモーレやねん!!ヘラクレスやないかい!!

で、捕らえられたオデュッセウスの活躍で何とか助かったヘラクレスはテーベへとって返すんだけど...。

えぇーっ?!何と言うことでしょう。
王位継承で争っていた2人は一騎討ちの末に相討ちで死去。

「これも神々からの試練だ」
「これからも試練は続く」
ってアッサリ終了(笑)
(y゚ロ゚)yなんじゃそりゃー(y゚ロ゚)y
Filmomo

Filmomoの感想・評価

4.5
①邦題は『ヘラクレスの逆襲』とあるが、敵に『逆襲』するわけではない。前作の結末から故郷テーベへ戻ったヘラクレス一行が、国王一家の骨肉争いに巻き込まれ、放っておくと国が亡ぶというのを阻止するために、ヘラクレスがひと肌脱ぐという話。しかしその間、ヘラクレスはセクシーなリデュア国王女に軟禁され骨抜きにされる。そのため、彼を救おうと従者のオデュッセウスが奮闘する。②リーブスの演技は板についてきて、1作目よりも落ち着いた感じがする。初登場となるイタリア・セクシー女優シルヴィア・ロペスに見どころを取られ、シルヴァ・コシナは出番は少ないものの、ここでもセクシーな衣装でお色気を振りまいている。物語は、テーベの国の分裂と内紛を救うためにヘラクレスが立ち上がったものの、ふにゃふにゃになり、そのヘラクレスを、1作目でアルゴ船で苦楽を共にした者たちが救い出すという筋書きがメインになる。救い出されてからのヘラクレスの活躍は言うに及ばずで、観客はラストのナマの肉弾戦をたっぷりと楽しみ、大満足を得る。これを観るとCGとは全く違う質感のモブ・シーンの凄さがありありと分かる。③リーブスはこの後、ファンの間でも傑作と名高い『鉄腕ゴライアス・蛮族の恐怖』に出演する。『ヘラクレス』からたった2年。元ボディビルダーで鳴かず飛ばずの俳優だったリーブスがその後の映画界に大きな足跡を残すことになったこの時代、イタリア映画界は強かった。
さかい

さかいの感想・評価

3.5
ワッハッハー!→ワッハッハー!→ワッハッハー!
地母神ガイアの子は倒しても倒しても体が地面に触れただけで復活する
怪力無双のヘラクレスでもはたしてこんな反則能力者に勝てるのか

なんだったんだこいつ
tosique

tosiqueの感想・評価

2.8
ヘラクレスが
ヘラクレスっぽくない。

主役の筈が主役に
見えないし。

ヒロインは美人だった。