ウーマン ラブ ウーマンの作品情報・感想・評価

「ウーマン ラブ ウーマン」に投稿された感想・評価

空丘令

空丘令の感想・評価

4.5
10年以上前に観てから大好きな作品。
もっと沢山の人に観てほしいのに、DVD借りられるところが少なすぎる。
犬

犬の感想・評価

3.5
脚立

1961年、1972年、2000年
それぞれの年代に、偶然同じ家に住むことになった3組のレズビアンカップルの苦悩、生き方を描いたオムニバス作品

テレビ映画です

組織

力強く生きる
自分らしい女性たちでした

それぞれの話

そこまで明らかな偏見はない
実に開放的でした

時代を感じる
徐々に変化してますね

昔の映像もあり

女優陣が良かった
特にクロエ・ゼヴィニーが印象的
ミシェル・ウィリアムズとの濃厚なシーンがあります
もちろんシャロン・ストーンも
堊

堊の感想・評価

3.0
一話目
これが一番いい。『噂の二人』を観て馬鹿にされてる老レズビアン夫婦の話。卵の世話をしていて死んでしまうのがすごいし、ラストでもう一度そこに回帰するのもいい。病院のくだりの演技も泣いてしまう。

二話目
まさかのミシェルウィリアムズとクロエセヴィニーの百合……。「レズビアンどものおセックスがはじまるよ〜」は痛快だったがいちいちベッドシーンが洋AVみたいなクドいヘビメタギターがかかるのでいい加減にしてほしいと思った。それでもさらし巻いたクロエセヴィニーとまだギリギリおばさんになってないミシェルウィリアムズの百合ってだけで………


三話目
微妙。タマラジェンキンスのアレ見てからだとなおさら。
tetsu

tetsuの感想・評価

3.5
授業で一部を観賞後、気になっていたのでVHSを購入し、部室で鑑賞。

本作は3作品のオムニバス作品のため、それぞれのあらすじと感想をまとめていきます。

『1961年』
パートナーである女性を失ったおばあさんの悲劇。
オープニングでオードリーヘップバーンを主演にとらえた古典的同性愛映画『噂の二人』が登場。極端なまでにおばあさんの不幸が描かれる展開に違和感を感じなくもないが、だからこそ記憶から離れない一作だった。

『1972年』
ボーイッシュな女性に恋したレズビアン女性のラブ・ストーリー。
「ウーマンリブ」や「性役割」といった用語が多々登場するので、社会学部の自分としてはかなり興味深かった。
ボーイッシュな彼が自分の性別について悩んでいる描写が印象的で、この頃から「インターセクシュアル」(男女の間にある性別)や「自我同一性障害」(心と体の性別が分離してしまうこと)に悩む女性の葛藤が描かれていたことに、衝撃を受けた。

『2000年』
人工受精のために子作りに励む同性愛カップルのラブ・コメディ。
妊娠するため、人工受精後に逆立ちをするシーンが忘れられない一作だった。笑

というわけで、
時代の違う3組の女性たちを描いた本作。現在ではあまり流通していないことや、パッケージの両面が妖しげなデザインと煽り文句wになっていることで、少し手に取りづらい作品になっていますが、映画における女性(もしくは同性愛カップル)がどう描かれてきたのか興味のある人は、必見の一作でした。

×××××××××××××××××××××

授業メモ

授業:メディアとジェンダー
題材:マイノリティとメディア
解説:時代を経るにつれて、社会における女性の立場は変わってきた。
本作で描かれるのは3つの時代における女性同士のカップルとそれを取り囲む環境の物語。授業では、その中から最初の1編を取り扱い、現在と過去でマイノリティに対する社会の反応がいかに変化したかを考えた。

×××××××××××××××××××××
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.6
レズビアンの姿を時代の流れに沿って色んな切り口で描いた社会派オムニバス作品。現実的に真摯に撮られていて、傍目では見過ごされがちな様々なことが見えてくる。

1話目は、1960年代に老婦人カップルの一人が事故で亡くなり、残った婦人がその遺産相続の争いに巻き込まれる物語。2話目が、70年代のフェミニズム運動を背景とする女学生カップルの物語。そして3話目、2000年が舞台で、子どもが欲しい女性カップルが、精子バンクから精子提供を受けて子どもを生む話。

私が観たのは第3話目のみ。シャロン・ストーンが出ている。最後、子どもができると分かって幸せ満点で踊りだす二人と、その横で流れるエンディングロールのBGM"This Will Be"にめちゃくちゃ心和んだ。3話目の監督は「6デイズ/7ナイツ」に主演してる女優さんでレズであることをカミングアウトしたアン・ヘッシュ。この話の中でシャロンと共演してるE・デジェレスは当時のアンの恋人らしい。他の2話の方がもっと良いらしく、見たいわ~!
CotoCo

CotoCoの感想・評価

4.0
2話の男装したクロエセヴィニーが素敵(KIDSで彼女を知った)

3話入ってる。
どの話も好き。
MikaImai

MikaImaiの感想・評価

3.4
社会問題を取り上げたオムニバス映画。リアリティのある物語で共感した部分がある。静かな撮り方だったり、年齢の視点に合わせた撮り方だったりして参考になる。
7mi

7miの感想・評価

4.0
3つの時代の3つのレズビアンカップルの話。
当時のレズビアンたちの実情が知れると思う。
どのカップルも尊い…
タフに見せなきゃってセリフが良かった。ウーマンリブの変遷がわかるいい映画。
前向きな映画で、好印象!!
ありがちでないくリアルを!
友達にお勧めしてもらえてよかった〜と今思っている!!

個人的には最初と最後がすきかな〜!最後のは理想!!
>|