バタフライ ルームの作品情報・感想・評価・動画配信

「バタフライ ルーム」に投稿された感想・評価

当たり前に描かれてるけど、こういうママ活って実際にあるんかな
こけ子

こけ子の感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

執着してた女の子を標本にしたっていうオチを見え見えにするなら、もっと見せ方にこだわってほしかった…

あんな雑な殺人でよく今まで捕まらなかったな〜
ai

aiの感想・評価

-
2021年、111本目。

蝶の標本を趣味にしている孤独な独居老人のアン。
運命のいたずらか、あざとくて小賢しい少女アリスと出会ってから老婆の異常性が剥き出しになっていく。

アンはとにかく無駄にバイタリティが高い。可愛い少女を独占する為なら何だってしてしまう。

子役の二人もまた良い味出してて良き。

ラストの歪んだ表情、いいね。これぞホラーって終わり方。
wakarobo

wakaroboの感想・評価

3.5
サイコパスの人って念入りに計画して殺害するってイメージがあったけど
本物のサイコパスはいざ目標が近くにいると、計画なんてどうでも良くなってしまうもんなんかなって映画みて思った。
おばさんの娘いい人だけど、あの人もいずれ、、、
J

Jの感想・評価

3.2
独占欲と支配力の強い母性のような何か。
娘を失い孤独を感じる老女アンがモールで出会った可愛い少女アリス
しかし、少女は会う度に小遣いをせびり、額も日に日に増していく。少女の態度を怪しく思い、後をつけていくと自分はただ金の為に利用されていたのだと気付かされることに。それからのアンはさら酷くアリスを束縛するようになり…


異常なまでに束縛しようとするアン
邪魔者は排除してまでも娘という存在に固執している姿が魔女のようなおぞましさが感じられた
序盤から顔芸か?って思うほど老婆の内面が丸分かりで古典的ホラーの潔さを想起させて逆に面白い。負の連鎖を匂わせるラストも秀逸。
最初の5分で「チープだな」と感じ、最後までそうだった。描きたいことは何となく分かったよ。

アメリカでは幼児でも911にコールできると日本にまでニュースが時折伝わるけれど、この世界では誰ひとりコールしない。たぶん、警察がいないんだと思うな。

あと、ゆすろうとしたおじさん、要る?

演出や細やかなエピソード、役どころなど、あらゆるものに意味を持たせることが映画にどれだけ重要か分かった。ましてこれ、ジャンル「サスペンス」だもんね。
すご!これは新感覚映画って感じ。ばばあの登場へなちょこ足かけシーンからの、終始このアンバランス感がたまらない!てっきりクソガキサイコの面倒を見るサイコばばあの話と思いきや。いや、そうではあるんだけど。
クソガキとばばあが座る後ろに鎮座する青い高層ビル群、人が住んでるのかどうか寂れた落書きアパート等々、街が無機質な感じですごく好きだった。これ、ばばあが乗り回してるやたら渋くてデカいヴィンテージ車の存在感がなんかすごい。最近ネットで見た世界一大きいコウモリの画像くらい異様な感じの不気味さがあって良い。
708

708の感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

蝶の標本コレクション、言うことを聞かない美少女、標本剥製屋での防臭剤とクロロホルムの大量買い…と来たら、絶対に美少女を標本にするだろうと初期の段階で気づいていたら、やっぱりその通りでした。

主演のアン役のバーバラ・スティールは60年代のゴシックホラー映画の絶叫クイーンと言われ、ジュリーの母親クラウディア役のエリカ・リーセンは、ホラー界での現代の絶叫クイーンと言われてるそうで、ホラーマニアならニヤリとするキャスティングなのかも。

あと、みんな「シャイニング」のドアを破るシーンを安易に使いすぎです。
RINSUKAM

RINSUKAMの感想・評価

3.2
2021年、134作品目✨

アリス👱🏻‍♀️という性格悪い女の子が
ババ活するお話。

ババ活されるババアは蝶🦋の標本が
趣味。

このババア、なかなか強い👵🏻
しかもPSYCHO-PASS…笑

ババア🆚糞ガキ。


このババアの顔がなかなか
印象的🤣一度みると忘れられない👀
>|