アンディ・ウォーホールのヒートの作品情報・感想・評価

アンディ・ウォーホールのヒート1972年製作の映画)

HEAT/Andy Warhol's Heat

製作国:

上映時間:100分

3.4

「アンディ・ウォーホールのヒート」に投稿された感想・評価

ポリプ

ポリプの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

映画「アンディ・ウォ-ホルのヒ-ト」

子供の頃に偶然に深夜のテレビ放送で数回観たのですが、未だに作者達が一体何をこの作品で表現したかったのか?が私個人的には全く分からない作品です。←それも芸術?)

私個人的な印象では、ひたすら奇人変人的な客の集まるホテル?という感じでした。

あの男(ジョ-・タレッサンドロ)は、自分に貢いでくれるパトロンが目当てだったのでしょうか?
元子役スター、今は売れないミュージシャンのジョーイが安モーテルにやって来た
宿泊中のレズビアンの女と、その母親でジョーイとも共演歴もある落ちぶれた大女優、さらに下品なモーテルの女主人などを巡る物語

名作『サンセット大通り』のパロディ



やっとモリセイ監督の三部作の最後を見終わりました
多分、三部作で一番笑えるシーンがあったのが本作と思います

「息子が寝ている隣で女と寝ているの!?息子がレズビアンになったらどうするのよ!?」
「男はレズビアンにはならないのよ」
みたいなやり取りとか

でも最も印象的だったのは、ラストで『サンセット大通り』を意識したであろう「SHIT!」でした