インターステラーの作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

インターステラー2014年製作の映画)

Interstellar

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:169分

4.2

あらすじ

「インターステラー」に投稿された感想・評価

tm

tmの感想・評価

4.5
この物語を映像付きで楽しめたことがすごい体験だ
TARSと少女マーフが好き!
manami

manamiの感想・評価

-
「ロマンを感じるもの」私の中では「幕末」そして「宇宙」がツートップです。(って話を以前、友人にしたら「宇宙はロマンだけど、幕末は浪漫じゃない?」って言われたけど、それはさておき。)この作品で描かれる「宇宙」にはロマンと、そして現実と空想、希望と絶望が覆い被さり、内包されてもいる。
設定や世界観、伏線に回収、構成、何から何までさすが、お見事です。映像にいたっては奇跡的な素晴らしさ。特に「高次元」の表現、あれはいったい何なのか、あれを考えられる想像力と表現できる創造力が、同時に存在したことに感謝したい。
三次元、四次元、五次元…知識として頭にはあっても理解したとは言い難かったことを、こんなにも美しく見せてもらえるとは!学校の授業でも見せた方がいいよ、あの映像は。
登場人物も分かりやすいけど「お決まりのパターン」にならず、一人の人間が持つ多面性や曖昧さや変容、歩み寄れない弱さ、貫き通す強さなどなど、いろいろなものを映し出す。演じる役者さん達も皆素晴らしい。
さらにはストーリーも、SFというジャンルには収まりきらない。正義と正論は必ずしも一致しないという事実。意見を戦わせる場面が多いから、自ずと「私だったら…」と考えさせられる。
とまあ、なんだか小難しいことも書きましたが、実は終盤、私の頭に浮かんだのは懐かしのおもちゃ「チクタクバンバン」。時間に追われ急かされ、行き止まりかと思ったのに突如としてそうではなくなり、これで磐石という一手を放っても次のターンにはまた窮地に陥る。そんなクリストファーノーラン的おもちゃチクタクバンバン、彼もご存知かしら??

156
み

みの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

なんでこれ観てなかったんだろ。

テネットの後に見たので、分かりやすくて安心した。

何かを置いてかなくちゃいけないって、、、子供もアンハサも置いてくの、、、、

最後の、アンハサが残ってた星ってもしかして将来の地球なのでは、、、、?
太陽の光がさす→銀河系?? 
時空の歪みを考えると、ない話じゃないはず…

愛は時空も科学も越えるのねぇ
(アンハサかわええ)
3時間があっという間だった。
映像と音楽が凄く良かったです。ストーリーも目が離せずずっと引き込まれて見ていました。
最後の伏線回収は予想出来ない展開でトリハダでした。
話の大筋は追うことができたが、詳細は文系のわたしには一度では理解できなかった。ただそれは大した問題ではなく、4次元の表現や宇宙のシーン見たことないものを表現しているのがすごいと思った

もう一度見たらまた評価が上がると思う
UIUIU

UIUIUの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ノーラン?
最後エドマンズの惑星のオチを付けたのは、愛の勝利を主張するためなのか。

描写が丁寧だっただけにそこにオチを持っていくのは少し不自然な思い。
ガルガンチュア後の急展開・クーパーの生還、、、途中までの登場人物の繊細な描写を畳み掛けて崩してしまっているのでは。

嫌いではないけど最後の30分のせいで2時間を潰された気分。
No14

No14の感想・評価

4.5
再鑑賞
9/14 グランドシネマサンシャイン シアター12 IMAX2D

ノーランリバイバルで1番楽しみにしていた作品。期待通り今まで観たIMAX作品の中で最もはまっていて、音響や大スクリーンの効果絶大で迫力の差が存分に感じられた。
記録
メチャクチャおもしれーじゃねーかなんなんだこれ!!!!!!!
ざき

ざきの感想・評価

3.9
人類を救うために宇宙に行く話。
内容は難しかった。ハードなSFかと思ったけど、家族愛が描かれていて泣けました!
sana

sanaの感想・評価

4.2
再上映でIMAXで見て大正解
ロケット発射の爆音から
宇宙のあの静かさの差にやられた

他の星へ行き地球以外に住める星はあるのかを
探しにいく任務を与えられ子ども達を置いて行く
しかし他の星と地球では時間の進みが違くて
なんとも見ていて不思議な感覚に陥った

最後に謎がどんどん明かされていくシーンは
そうだったのかって言う気持ちが溢れて
またもやノーラン監督にまんまと
心を持っていかれた