2010年の作品情報・感想・評価

「2010年」に投稿された感想・評価

杜口

杜口の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

前作の2001年宇宙の旅と比べると演出、撮影の平凡さにがっくりした人もいるだろう。
でも、原作である2010年宇宙の旅がそもそもハルとの悲しき別れとか、ボーマン船長と妻のほしのこえ並みの悲しき恋模様、ハラハラドキドキな地球への帰還方法だったりとかエンタメ要素が沢山詰まってる。

だから、キューブリックの前作は無視して、一般的な映画に振り切ったのは良かった。
YOU

YOUの感想・評価

3.3
SF映画の金字塔『2001年 宇宙の旅』の続編。
監督もキューブリックじゃないし、
正直言うと
こんな作品があること自体知らなかった。
1984年の作

でも結構面白かった。
『2001年』の謎を解いているが
まあそれはどうでもいい。
コンピュータのHALも健在だし
あの音楽
シュトラウスの『ツァラツゥストラかく語りき』も感動的。
でもHALはいい人(?)になっていた

どうせ…と思って観たが、
結構楽しめた
ワイC

ワイCの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

BSにてノーカット

2001年宇宙の旅を見てわからなかったところ(ボーマンがIt's full of starsって言うところ以降の話とか)が大体説明されていた。この映画の存在を知らなくて、映画評論家の町山さんが「この映画を見ると2001年宇宙の旅の意味わからないところがわかるよ!」って言っていたので見た。
最初いがみ合っていたソ連とアメリカの乗組員もモノリスの恐ろしさとかマックスの死を経て仲を深めていく過程も良かったし、フロイドが(前作を見た視聴者の多くと同様)HALに警戒心むき出しだったけどHALがパラノイアになったせいで暴走したっていう理由が分かって許す過程も納得できたし良かった。(それをAIの”脳外科医”と例えられていたチャンドラ博士が治す?のも面白い)カーナウ博士がマックスの帽子をずっと被ってたのも良かった。前作で脅威として描かれていたHALに愛着がわいた。

チャンドラ博士がウソを言わずにHALに真実を伝えたらHALが命令に従ってくれたのも納得できた。本当のことが知りたかっただけなんだなって。
そのあとのチャンドラ博士の涙にぐっと来てしまった。
最後にHALが質問したことが「私は夢を見ますか?」なのもよかった。高度なAIは賢いからずっと自分がどうして生まれたのかとか考えながら生きてそう。
SALもHALも「私は夢を見ますか?」って言ってたけどどうなんだろうな。電気羊の夢とか見るのかしら。

モノリスに触れたボーマンや人類を超越したものたち?からしたら地球の人間同士の争いなんてちっぽけなものなのかなと思った。人間やAIは宇宙を間借りしているだけでそのことを忘れてはいけないのだと思った。
突っ込み承知でとぼけます。「なんでこの映画評価が低いのだろう?」前作「2001年」の謎解き映画として十分に機能してるし(それが低評価の本丸。)映像も随所に見所がある。前作で狂気むき出しで暴走しかかったかの様であったHALの名誉が回復されているのもジーンとくる。
前作に登場した重要人物が唐突に登場し戦慄しますがこの流れで思いっきりオカルティックなSFへ振り切っていたら前作に匹敵する傑作になっていたのかも。
娯楽へも目配りをした大衆映画としての姿勢は本作の方が正しいと思います。
イシ

イシの感想・評価

-
体感時間の長いTVドラマって感じだった。SF特撮が楽しめる人向けかなあ。

久々の視聴。
宇宙は涼しそうでした🌠

再び「ツァラトゥストラはかく語りき」で始まる宇宙のオデッセイ。

2001年、モノリス調査のために木星へ向かい、消息を絶ったディスカバリー号。
そして、2010年、今度は米国人科学者フロイド博士らが、ソ連の宇宙船レオノフ号に乗り込み木星へ向かい、原因を究明することに...
折しも、地球では米ソの緊張が高まり、開戦の危機が迫っていた。

乗組員たちの前に、再び姿を現わす巨大な黒石板「モノリス」...
そして突如、モノリスから放射線される光が、地球🌏へと向けられるが...モノリスの正体とは?
はたして地球にどんな影響を与えるのか?

製作年の1984年、米ソはまだ冷戦の最中。
ソ連が崩壊している現代からすると、冷戦時代を反映したストーリー展開が興味深い。
しかし、地球上のいざこざが、国境のない宇宙まで波及するとは...

当時、大活躍していたR.シャイダーを筆頭に、個性派J.リスゴー、紅一点ヘレン・ミレンが出演。H.ミレンがロシア国籍に見えるから不思議。

三十数年前の作品なので、特撮映像はもの足りないところも...
宇宙船内の計器がやたら蛍光色っぽいのが可笑しかったが、このような作品から、現在のSWシリーズ等が進化してきたことを考えると、逆にありがたく感じました。

どうしても、前作と比べられがちだろうが、これはこれで十分及第点に達している作品だと思います。
nori007

nori007の感想・評価

2.5
序盤で「2001年~」を簡単に解説してくれるところがとても親切設計。
前作は、芸術性を重視した作品であったが今作では、ちゃんとしたストーリー仕立てとなっておりわかりやすい。しかし前作から16年後に作られているにもかかわらずクオリティはかなり落ちている。これは監督のセンスなのか?予算の都合なのかわからないが、前作の徹底したリアリティとは違い、特撮らしい宇宙船。コンピュータ映像もワイヤーグラフィックが多様されるようになったものの今の視点では逆に退化したように見えてしまう。

物語も単に行って帰ってくるってだけなので、さして面白くもない。謎もとけるわけではない。ということで前作の圧倒的な映像美を見てしまうと大変見劣りする作品であった。
ハリー

ハリーの感想・評価

3.5
「2001年宇宙の旅」の続編。なぜHALは暴走したのか?その真実が明らかになる。

金字塔の続編ではあるけれど、単純にひとつのSF映画としての出来に関してはまあまあかなといった感じ。

宇宙の恐怖とかがあまり伝わってこなかったかも。。
Shirota

Shirotaの感想・評価

3.0
おなじみのアノ曲にワクワクする♫
そして、HALの声!

フロイド博士のおうちが素敵✨
家の中でイルカ🐬飼ってるなんて。

そこが1番の見どころかな😆
え?違う??
終

終の感想・評価

-
好き。未知なるものに対して、どう向かい合うのか。HAL9000が自分の死を受け入れみんなと別れる。愛おしいな。最期にメッセージを送るHAL9000が愛おしい。
>|