トップガン マーヴェリックの作品情報・感想・評価

「トップガン マーヴェリック」に投稿された感想・評価

めっちゃ 
楽しみ♫

アレ?
また延びてる…
いつまで引っ張られるんだ⁈

アイス🧊マンも?
でるの?

美人女性教官
ケリー・マクギリスの現在…
の記事が!

波瀾万丈の人生だったらしい…
彼女は出ないらしい。

え?テレビでトップガンが?
知らなかった…
配信で観れるからいいけど。
また延びちゃったか…

なんとヴァル・キルマーも出演すると。
待ってます。
ぜん

ぜんの感想・評価

-
2022年5月27日に延期っていうニュースを見たが、5月27日ってミッションインポッシブルの公開日じゃなかったっけ。
1日でトムクルーズはしごができるのか?
というか、5月27日ってトムクルーズの日かなんかなんですか?
かつ

かつの感想・評価

-
また延期だそうで😢😢😢😢😢😢
2022年5月だとか😢😢😢😢😢
これ以上コロナ禍のせいで延期してほしくない!早く観たい!何度も書くよ。トム待ってから!
開明獣

開明獣の感想・評価

5.0
あれから35年。トム・クルーズ自らが続編の権利を買い取り封印していたエリートパイロットの活躍を描いたあの作品が甦る。

2020年6月の公開が、Covid-19の猛威により2021年夏に延期になってしまった。それでも、IMAX用のカメラを6台もコックピット内に持ち込んだ迫力の映像は、劇場鑑賞以外にあり得ない。

前作は、大したストーリーではなく、B級と言われても仕方がない内容だった。だが、それを観て血を滾らせた若者は多くいた。戦争礼賛ではない。未知なるものへの挑戦と、限界に挑むものへの尊敬と憧憬が、作品を伝説にした。

2021年、その伝説が再び銀幕に舞い降りる。轟音に身を震わせよ。一匹狼が鉄の鷲と共に空気を引き裂き、私達の心を鷲掴みにする。

暁に佇む孤高の飛行機乗りは何を想うのか、この夏、我々は再びそれを眼にすることになる。

https://youtube.com/watch?v=VqNgIqSi4LQ&feature=share
山前暁

山前暁の感想・評価

5.0



絶っっっっ対に凄い映画になることは間違いなし😭。



Tom は他者の要求をしっかり聴いて、きちんと応える、偉大な裏方の1人だ🥺。



無事、公開され、セレブレイトされるのは、残念ながら、並行世界の御伽話だ、ははは😖。



TOP GUN 2 MAVERICK : 8 Minute Trailers (4K ULTRA HD) NEW 2021
https://youtu.be/gNtJ4HdMavo



以下、脱線。


🎶👏🏿 Spoonの「Black Like Me」(2007) https://link.tospotify.com/YewF6nHQNbb を聴きながら是非お読み下さい✊🏿🇺🇸💯。


🚨Griffin's Travels
~ 彼が全く準備ができていなかったのは、鏡の中の変質したイメージに対する内臓的な反応ですぐに遭遇した彼自身の残留人種差別だった。

📝拙いリード文
{2020年はもう1つのBLMこと『Black Like Me』(1961)の著者John Howard Griffinの生誕100周年の年であります。さあ大団円になるのでしょうか🗯はたまたこのナラティヴの続きを我々は想い描くことは出来るのでしょうか🗯これはルッキング・グラスのあまりに素晴らしい未知の世界への1つ目の扉だと、私自身は感じています🗯 先程の引用リンクの0:12〜0:17を確認して欲しい。あれはIMAXで観るべき映画である。私がIMAXで観たい映画は、Sir David Leanの『Lawrence of Arabia』(1962)、Sergio Leoneの『The Good, the Bad and the Ugly』(1966)そしてJoseph Kosinskiの『Top Gun: Maverick』(2021)だ。そしてそれらはすべてAmericaらしさへの憧憬なのだ。もしかしたら、あれも不世出の大傑作の1本になるやもしれませぬ。 これも日本的には不世出の著書って扱いにされてるらしい😂なので自分が掘り起こせている気がして、とっっても
嬉しいのです🤣❣️❣️では始まり~始まり😞}


>>> https://geo.coop/node/768

December 13, 2011

By Dan Robertson

私は存在の神秘に手を加えてしまい、自分が存在しているという感覚を失ってしまった。これが私を打ちのめした。存在していたグリフィンが見えなくなっていたのだ。最悪だったのは、この新しい人間に同情する気持ちが全く感じられなかったことだ。その姿は好きではなかったが......事は済んだのだから、後戻りはできない。

"何の前触れもなく、グリフィンは自分自身の人種差別に直面した"。 グリフィンは自分の背景が感情レベルで偏見を植え付けていたことに気づき、"絶望でいっぱいだった"。 彼は、平均的な白人アメリカ人が毎日受け入れている人種差別の害について教育するのに役立つ情報を収集しようとしていたのです。そして今、彼は、これらの信念や固定観念が、自分の精神の中にも深く根付いていることに気がついたのです。

私たちの永遠の利益のために、グリフィンは続け、彼の絶望感は、黒人の家族と一緒に暮らした経験によって、"他者は他者ではなく、他者は私であるという感情的な経験"〔‼️〕をしたことによって、持ち上げられました。1966年のグリフィンのエッセイに示されたこれらの洞察は、『鏡の中の男』を読むことで得られる多くの光の実を示しています。

ボナッツィ、グリフィン・エステート、ウイングス・プレスのおかげで、グリフィンの作品の多くは今では容易に手に入れることができるようになりました。モーガン・アトキンソンの最近のドキュメンタリー『Uncommon Vision』の中で、ジョナサン・ヤードリーは、アメリカの歴史の流れを変えた10冊の本のリストにBLMを入れなかったことを後悔しており、『アンクル・トムの小屋』や『怒りの葡萄』と並んでいます。私の予想では、この本は明らかにこのリストに入っていると思います。『ブラック・ライク・ミー』の貢献は、ブライデン・ジャクソンが南部最大の産業と呼んでいる「黒人をその場にとどめておく」ことを、究極的かつ決定的に解体し、公民権運動を支援することでした。

最初のインタビューでの強烈な経験を経て、私はグリフィンにはBLM以上のものがあると感じました。50周年を迎えた今、この本は、著者がこのプロジェクトに適用した "more to "のおかげで、今も昔も名著であり続けていると確信しています。私たちがインタビューで知ったように、『鏡の中の男』で設定されている "more to "は、レジスタンスとフランスでの経験、ソロモン諸島での戦時中の任務、その後の失明と視力の回復、改心と深い精神性、そして個人的な日記の保持者としての彼の素晴らしい才能とそれに伴って発展した文章のスタイルで構成されています。要するに、『ブラック・ライク・ミー』の継続的な地位と影響力は、『鏡の中の男』の背後に立っていた男へのオマージュなのである。
Koya

Koyaの感想・評価

3.9
昨日寝てる時に夢で見た。

こんなレビュー書いてる時点でデンジャーゾーン
トニー監督が自ら命を絶ってから早八年。
リブートの形なのか、続編なのかは分からないが、期待していたい。

そういえば、リドリー兄ちゃんもそろそろ新作撮ってほしいな。
Kazuma

Kazumaの感想・評価

-
やばい…ハロルドフォルターメイヤーのTOPGUN anthmの曲のニューアレンジの曲が
頭から離れなくて予告編観たらもう観ない訳にはいかない。公開は来年の夏かぁ…早く観たい。

トムクルーズ=マーベリック!
早く公開期待しかない!
>|

あなたにおすすめの記事