進撃の巨人 ATTACK ON TITANの作品情報・感想・評価・動画配信

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN2014年製作の映画)

上映日:2015年08月01日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

2.5

あらすじ

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」に投稿された感想・評価

フカヲ

フカヲの感想・評価

1.7
公開週の土曜の朝10時の回を観に行ったらほぼ満席。巨人がガンガン食ってくのが目新しい最初の方はともかく、中盤以降は緊張感のかけらもない間延びした中学生演出のような劇が続き、終演後も続編あるんだ…と徒労感。続編?わざわざ金出して観に行くわけもなかった。
苗

苗の感想・評価

3.5
この公開に合わせて日本に一時帰国し
アニメヲタクの長男と彼女
そして次男と(席は2組に分けたが)
初日、張り切って見た。結果
長男と次男による評価は非常に厳しく
(カノちゃんは「そんなに悪くない」)
「アニメを観ろ」と勧められたが
マンガは読んだもののアニメは
まだ観ていない。
アニメを全く知らない者としては
十分、楽しめた。
特に長谷川博己が「八重の桜」などで
おなじみのマジメな好青年っぽさを
一掃して色気カッコ良くなっており驚いた。
巨人は裸の一般人そのもので
最初は実に気色悪く気恥ずかしいが
すぐに慣れてクセになる(爆)。
ただ、人が食いちぎられるところが
非常に鮮明で現実的なので
血しぶき系が苦手な人は要注意。
小学校高学年でもトラウマになりそう。
不謹慎だが、軍艦島の様子は
シリアみたいだ…と思ってしまい
暗澹とした気持ちになり
それゆえか印象に強く残った作品。

裸は無いが、それっぽい色気シーンと
オッパイさわりあり。
巨人も乳首と陰部は無いが全裸(爆)
えりみ

えりみの感想・評価

4.2
当初から実写化には懐疑的(テラフォーマーズは更に懐疑的)だったけど試写会観た人の感想をみて足を運ぶことに。
最初に漫画で見た巨人の恐怖(漫画は1巻だけ)とその後アニメ(TVアニメは全部観た)で見た展開の衝撃(人間が巨人!?)が、今回の実写化でも堪能出来た、特撮凄いな!この描写でPG12指定とはお見事。もっとエグくてもいいけど興行的にR15、18じゃあ大変なんだろうな。
立体起動装置のシーンも十分アリだな、と。ただこれTVでみると印象ガラっと変わりそうやけど。走って移動している時の装置が重そうでリアル。
キャラ設定や名前・ストーリー改変は、事前に知っていたし原作ライトユーザーなので特に気にならず(前段のふんわり森ガールっぽいミカサは違和感あったけど)。そもそも巨人を見にいっただけなので実写巨人がイケてれば万事OK,ひたすら巨人から逃げ回るホラー映画でもよかったぐらい(笑)。
樋口監督、次は「彼岸島」の大糞赤子邪鬼を特撮で再現して下さい!

エレン初の巨人化で前編は終わったので後編どう話が展開して完結するのか楽しみ。最後に出たタイトルがゴジラっぽかった。もっと大音量がよかったな~と思ったので次は4DXで観てみたい!!
ラップなんか英語なんかよくわからんエンディング曲はやめて欲しい。「ストレーヤーズクロニクル」でもそうやったけど、セカオワとか今人気の人を起用すると興業成績が上がるのかね。この後にかかったインスト曲で十分なのに。

「SP」の名コンビが出演してた。神尾さんアニメキャラに似てるなぁと思ってたらギャアアァ~!!松尾さんのリフトアップは流石MMA経験者だなぁと、でも斧ってw
シキシマはMOZUのキャラとかぶる
桜庭ななみちゃんのサシャはアリだな、でも弓はいらんかったw
武田梨奈さんのキャラ設定が意外、乙女キャラてw
エンドロールで知った長島自演乙とKREVAはどこに出てた??
長島自演乙はまさかエレン巨人!?

水崎綾女さんのお尻ショットが意味なく2度(3度?)繰り返されたのはサービス?
今のところあのヒップが一番印象に残ってる。
シン進撃の巨人てことでいいじゃないか。
言われてるほど悪くないぞ。
鳩山

鳩山の感想・評価

2.0
本郷奏多の顔がかわいかった(絞り出してこの感想)
原作は読んだことあるけどあんまり覚えてないからまだ楽しめたのかもしれない😯なんか色々ツッコミどころが多かったんだけどとりあえずシキシマ隊長って誰?百歩譲ってリヴァイ隊長じゃないとしてもエレン系統の名前の中に急に敷島ってなに?ビビるわ。漢字これか知らんけど(何でもいいわ)
さとみのハンジはめちゃくちゃ良かった。水原希子ちゃんは好きだけどミカサかって言われると、んん〜?って感じ、かわいいけど
totoruru

totoruruの感想・評価

1.0
始まって直ぐに、“アルミン”“ミカサ”“エレン”って呼ばれて出てきた面々の絵面でソッコー吹いたΣ(゚Д゚)

もうこの時点でイヤな予感しかない🙈

しかも、前半ずっと“ミカサ”が口が半開きのアホ面だったのも酷い😮


まあ、そのあとも大概ですが…


“シキシマ”ってなんだよ…😟

ここだけ“リヴァイ”じゃなくて、無駄に改変しているのも意味不明。

そして長谷川博己の演技がクサすぎぃ🙈


演技ができる役者も多数いるのに、なぜか作品全体を通して陳腐な演技が目立つ。


唯一“ハンジ”を演じた石原さとみだけは良かったな😊



巨人が特殊メイクした人間にしか見えなくて、全く緊張感がないのもいただけないし…


そして最大のダメポイントは立体機動装置。

なんすか…
あのスピード感も迫力もない立体起動装置での戦闘は😔

よくこれで実写化する気になったよね。




そもそもストーリーもざっくりな感じで、これ原作知らない人が見て意味わかるのかな?

しかも、原作にないラブ要素をぶち込んでくるのも意味不明😩


映像・演技・演出・脚本すべてがロークオリティ😩😩


邦画のダメな部分をまざまざと見せられた感じです😱
トム

トムの感想・評価

1.0
ゴリ押しされている水原希子がさらに嫌いになった作品。
なぜ唯一の東洋人のミカサに水原希子を使う?訳がわからん。
似てないし。堀北真希とかでいいよ。
しかもマキシマって誰だよ。人気のリヴァイを削除して投入する意味が分からない。漫画を実写にするだけで、批判されるのにさらに油を注ぐかのようにキャスティングミスが酷すぎる。

実写の銀魂とか見習ってほしい。
ファンのために作られていて、キャスティングも素晴らしい。
すん

すんの感想・評価

1.5
やる気はひしひしと感じる(実写版ハガレンとかひどかったので)

原作に寄せることを完全放棄してるけど、
そのおかげでそもそも原作の良いところがまとめて捨てられていてテンポも悪く感じる。
原作の熱い所って、調査兵団たちの絆、巨人の謎、作戦と駆け引き、そして立体起動バトルだと思うのにそれをどれもオミットして、恋愛描写に重きを置いてるのが…。
後編でどうオチを持ってくるのか次第で評価は変わるけど、現状は「もっと前編に詰め込めたやろ!!」としか。

本郷奏多くんと石原さとみは良い。
巨人を背負い投げする調査兵団やべぇ。
途中で見るのやめた
>|