THE NEXT GENERATION パトレイバー 第4章の作品情報・感想・評価

「THE NEXT GENERATION パトレイバー 第4章」に投稿された感想・評価

T

Tの感想・評価

4.0
火の七日間を思わせる、警察と性欲という、永遠の大問題。笑ってる場合ではない。コーキシュクセー!なんて。
第3章の方のパケに大怪獣ガッパが写っていますが 本格的にガッパが出でくるのはこの第4章からです笑 まぁーからくりがあるけどね笑

EP6は特撮愛が溢れててニヤニヤする笑 結末はパトレイバーらしいズッコケ真相

EP7はわりとつまらん アニメでやったらもうちょっと笑える内容

このレビューはネタバレを含みます

 熱海に怪獣が出たと大騒ぎの後篇と特車2課に爆弾が仕掛けられて大騒ぎな話。

 怪獣騒動のほうは前編同様、大騒ぎする人たちをどこか俯瞰の視点で見せていって、結局怪獣はそんなに出てこないままで終わっちゃうというズラした作風。爆弾魔のほうも、特車2課に爆弾が仕掛けられたので、こちらはすることがないと外に出てピクニックしちゃったりと相変わらずののんびりっぷり。

 映画と言っていいものなのか考えてしまう作品で、深夜ドラマとかでやってそうなユルイ作風はもうこのシリーズではお決まりなのかわかりませんが、もはや惰性で見てしまうのが悲しいシリーズでした。
すてふ

すてふの感想・評価

2.7
episode 6
大怪獣 後編
盛り上げてからの哀愁

episode 7
タイムドカン
爆弾探し
警察犬かわいいかよ~
爆弾魔の正体は…
episode.5 大怪獣現わる 後編
熱海の怪獣事件、その真相……かと思いきや。嶋田久作演じる芹沢八郎太博士の「板尾創路のブラックジャック」感に笑ってしまう。オキシジェン・デストロイヤーと共に海へ沈まなかった芹沢博士的な役回り。イングラムが撃ち込んだ程度の量であの巨体がどうにかなるとは思えないけど、そういう整合性とかハナから気にしない宣言が随所でされているので、言うだけ野暮かな。七海言子(松本圭未)と遊覧船船長(丹古母鬼馬二)と熱海署の刑事が遊覧船の中で飲み明かす場面がやたら長くて笑う。

episode.6 タイムドカン
自称「ただの爆弾魔の男」が特車2課に仕掛けた爆弾で、2課の面々が翻弄される話。劇場版長編の灰原に通じるように、「誰でもない、顔のない」男が登場し、塩原がシリアスな行動に出る一方、最大限バランスを取るかのように整備班員が爆弾でギャグみたいに吹っ飛んでいる。不穏さは残響させつつ、シリアスに振り切れないように気を使っているのは本episodeに限らない。まぁ、結局劇場版長編でそのバランスは崩れるのだけど。そういう意味で、どんなに不穏だろうとばかばかしかろうと、長編以外は平穏な日常の内なのかもしれない。
ガッパリオガッパフラビウム

EPISODE:6

嶋田久作さんとか、鈴木敏夫さんとか、ザ・リリーズとか、相変わらず出演者がハンパねぇ_(┐「ε:)_

「真相は常に驚くほど単純だ。」
何気に三味線の音が微妙に邪魔_(┐「ε:)_


EPISODE:7

仁藤優子さんのお宝写真が爆弾で吹っ飛んだ。
爆弾捜索で活躍していた犬…可愛かったなぁ_(┐「ε:)_

「ポチッとな!」
牛丼狂

牛丼狂の感想・評価

3.5
EP6 大怪獣現わる 後編
押井守お得意の長ったるさ全開。鈴木敏夫が出てきたりする。元々はなかったはずの特撮班がそれなりに頑張っている。川井憲次は新曲を書き下ろしていたりと金をかけている。

EP7 タイムドカン
特車二課に爆弾がしかけられて馬鹿騒ぎする。ほかと比べてあまり印象に残らないエピソードではある。

このレビューはネタバレを含みます

ガ○ラの続き。途中からクラゲなの読めてきてシラけた。
ギャグなのか遊びで撮ってるのか何なのか。
後半の爆弾魔はあんまり覚えてない。
EP6
大怪獣現わる後編。
特撮シーンなにげに頑張りすぎ!
もろモスラの歌な歌に爆笑w
前半に続いて、ゲストが無駄に豪華でワロタw

ふざけた内容だったけど、なにげにラストちょっと怖い。
まぁこれもニコ生だから楽しめた内容ってかんじ。

EP7
オチがひどい(褒め)
「タイムドカン」ってタイトルから始まりコメディな内容。
パトレイバー(アニメ?)的な悪ノリが最高!

千葉さん頑張りすぎ(笑)
もくま

もくまの感想・評価

2.6
第6話目は何ともパトレイバーらしい終わり方をしていてニッコリ。
だがこの話は特車二課よりも目立ってるあの方を主人公として観ました。

第7話目は……何も言う事がありません。
>|