トカレフの作品情報・感想・評価

トカレフ2014年製作の映画)

Tokarev

上映日:2014年06月07日

製作国:

上映時間:98分

2.7

あらすじ

愛娘のために犯罪から足を洗い、妻と娘と幸せな生活を送っていたポール(ニコラス・ケイジ)。 しかし幸せな人生は一瞬にして地獄と化す。たった一発のソビエト製TT-33トカレフの銃弾で最愛の娘が何者かに殺害されたのだ。途方もない悲しみは、やがて歯止めのきかない怒りへと変わり壮絶な復讐劇を開始する―トカレフに秘められた謎、張り巡らされた罠、躍動する狂気―娘の死の背後に潜む驚愕の真実が明らかになった時、…

愛娘のために犯罪から足を洗い、妻と娘と幸せな生活を送っていたポール(ニコラス・ケイジ)。 しかし幸せな人生は一瞬にして地獄と化す。たった一発のソビエト製TT-33トカレフの銃弾で最愛の娘が何者かに殺害されたのだ。途方もない悲しみは、やがて歯止めのきかない怒りへと変わり壮絶な復讐劇を開始する―トカレフに秘められた謎、張り巡らされた罠、躍動する狂気―娘の死の背後に潜む驚愕の真実が明らかになった時、闇に葬り去ったはずの悪魔が目を覚ます―

「トカレフ」に投稿された感想・評価

otakon

otakonの感想・評価

2.5
まぁ、いわゆる因果応報ってやつなんですかね、、、それにしても真相がそれってのはどうなんだろう、、、
さと

さとの感想・評価

2.8
低評価なので逆に気になって鑑賞。
期待してなかったせいか言うほどひどくないと思った。
確かに特別みなくていい感じはするけども。

ニコラスケイジの息子が全く似てないのにポールの若い頃役で出てることに政治的なものを感じた笑
何から書けば良いのかわからないほどシドい映画。

「娘を殺された元悪党が悪友と再タッグを組んで復讐する」という男ならば誰もが燃える(萌えるとも言う)設定を斜め上どころか真後ろにぶん投げてくるとは予想だにしなかった。

“因果応報”ベースの話はまあ良しとしよう。ただし、劇中の主人公達の行動ほぼ全てが彼らの勝手な思い込みに基づいており、その根拠も甘すぎて全く感情移入出来ないのである。


事件の真相のバカバカしさも半端ではなく、劇中の警察の無能ぶりも凄まじい(警察関係者は怒った方が良いレベル)

そんなガバガバなストーリーのせいで、無意味に連発される“60セカンズ”オマージュも全く笑えなく、苛立ちを倍増させる効果しか発揮していない。

つまらない上に救いのない結末という二重に後味の悪い作品。
ten47

ten47の感想・評価

2.2
2回目の鑑賞
まあまあヒマ潰しに良い
全員にツケが回ってくるが面白い

このレビューはネタバレを含みます

 昔、ギャングだったけど今は足を洗ってまともな生活をしているニコラス・ケイジが愛する娘を殺されて、凶器がトカレフだってんでロシアマフィアと抗争勃発する話。

 映像がカッコよくて、スローになったりドアップになったりと印象的なカットがあって楽しめました。特にナイフを使ったアクションや銃撃戦でスローになったりとカッコよかったです。
 かつての仲間と娘を殺した犯人を捕まえようとしますが、主人公は警察にマークされているから動くのは基本仲間たちなのが主人公があまり関係ないのが退屈でした。

 主人公たちが昔悪さしてた時代の関係者とかを追っかけたりロシアマフィアを怒らせて、いろんなところで血が流れ始めたりしますが、真相は……。というオチですが、これまたズッコケるもので一体今まで何だったと唖然とするものでした。
 ただそのズッコケを狙っているような話なので、復讐ってやっぱり何も生まないんだな、と勉強になる映画でした。
私の中での世界三大ビューティーの1人であるレイチェルニコルズが出てます。
いと美しいです。
しかしストーリーはいと残念な感じでした。
あーコンティニアム見たいですなー
レンタルするしかないのかなー
Amazon primeでぜひ配信してほしいです。

(レイチェルが美しいので高得点ですが、ストーリーは本当に終わってます。)
ニコラス・ケイジ主演ってだけで毎回気になる。。。しかし、あのニコラスはもーいない。。。

この作品もその一つ。
悪くはないのだが、良くもない。

レイチェル・ニコルズが綺麗すぎるのがやたら目立つ(笑)

おちも最低なアクション?無理やり?カーアクション。。。なんだかねーでした。

配役 8
脚本 6
映像 4
演出 4
音楽 5
合計 2.7
感想川柳「これほどの とばっちりは 見たことない」

U-NEXTにあったので観てみました。φ(..)

元ギャングであった過去を精算し、妻ヴァネッサと娘ケイトリンと平穏な日々を過ごしていたポール。だが何者かに拉致されたケイトリンが命を落としてしまう。激しい怒りと深い悲しみを抱えることになったポールは復讐を決意、かつての仲間たちを集めて犯人探しに奔走する…というお話。

これはまたかつてないほどの「とばっちり」映画ですね。ヽ(´o`;あらすじからリベンジものだと思ってましたが、あんな結末とは…(゜〇゜;)

これはある意味胸糞映画と言っても過言じゃない(# ゜Д゜)主人公もカタギなのに取り乱し過ぎですな。(*_*;無茶苦茶だもの。どこからこの暴走が始まってしまったのか…(-。-;)とにかくこういう時は一度深呼吸深呼吸。( ̄* ̄)( ̄。 ̄)

ダニー・グローヴァーが警察で、ピーター・ストーメアがマフィアといういつもの配役(* ̄ー ̄)ヴァネッサ役の人めっちゃキレイだなと思ったら「P2」のアンジェラでした。(^_^;)

んでまず(^_^)/~~
Katsu

Katsuの感想・評価

1.8
2017-2018年の瀬映画②
良くも悪くも何も考えずに観れる映画。
ロシアンマフィアのボスの背中の刺青がロシアの名所って笑える。

ニコラスケイジ年取ったなー
昔極悪だったけど今はカタギで幸せですとかその時点でしらけるが。

娘殺されてマトモな思考ができないにしても、てへぺろで済まされないやらかしっぷり。

そもそもカタギになったとか言って昔の銃隠してたり、キレれば結局すぐ昔に戻るんだから、上っ面だけカタギなんだよね。ギャングよりタチ悪いわ。

クリミナル・マインドのアシュレイ・シーヴァー役やってた、お気に入りのレイチェル・ニコルズが後妻役。当時よりちょっとふっくらしたかな?

脚本2
演出2
映像2
俳優2
印象2
>|