トカレフの作品情報・感想・評価

「トカレフ」に投稿された感想・評価

浅

浅の感想・評価

2.7
レイチェルニコルズの美しさがやたら際立ってやがる。

ガキは黙ってジュース飲んでればいい。背伸びするとろくなことは無い。

こういう終わり方、別に嫌いじゃない。必ずハッピーエンドでなくてもいいのだ。
毎度おなじみB級ニコラスケイジ。ニコラスのチンピラ演技が観れるのはとてもよかったが、脚本がまるでダメだな。誤解でギャングの戦争が起きちゃう、というコンセプトなのだろうが、主人公の目的は犯人探しなので、ギャングは主人公を妨害する敵というより単なるアクシデントであり、そこには葛藤がない。戦争もいきなりボスが撃ち合って終わるしね。オチの真犯人も最初からわかってるようなもんだしな。ほんと、ニコラスケイジを観たことだけがよかった。
李嬢

李嬢の感想・評価

3.5

みんなが報われない終わり方
でもこれは見入ってしまった

~~~~~~

青年の頃凶悪犯罪に手を染めていたポールだが今では市長の右腕として活躍し新妻ヴァネッサと16歳の娘ケイトリンと幸せに暮らす。ケイトリンの実母メアリーは亡くなったがヴァネッサとの関係は良かった。ポールとヴァネッサが再開発の件で会合に参加していると留守番をしていたケイトリンが襲撃してきた者に拐われたと知らされる
こういうエンドは好きです
歯車が大いに噛み合わなかった人たちのお話

このレビューはネタバレを含みます

自業自得。因果応報。マックスライアンがカッコいい。あんな終わり方とは!
otakon

otakonの感想・評価

2.5
まぁ、いわゆる因果応報ってやつなんですかね、、、それにしても真相がそれってのはどうなんだろう、、、
さと

さとの感想・評価

2.8
低評価なので逆に気になって鑑賞。
期待してなかったせいか言うほどひどくないと思った。
確かに特別みなくていい感じはするけども。

ニコラスケイジの息子が全く似てないのにポールの若い頃役で出てることに政治的なものを感じた笑
何から書けば良いのかわからないほどシドい映画。

「娘を殺された元悪党が悪友と再タッグを組んで復讐する」という男ならば誰もが燃える(萌えるとも言う)設定を斜め上どころか真後ろにぶん投げてくるとは予想だにしなかった。

“因果応報”ベースの話はまあ良しとしよう。ただし、劇中の主人公達の行動ほぼ全てが彼らの勝手な思い込みに基づいており、その根拠も甘すぎて全く感情移入出来ないのである。


事件の真相のバカバカしさも半端ではなく、劇中の警察の無能ぶりも凄まじい(警察関係者は怒った方が良いレベル)

そんなガバガバなストーリーのせいで、無意味に連発される“60セカンズ”オマージュも全く笑えなく、苛立ちを倍増させる効果しか発揮していない。

つまらない上に救いのない結末という二重に後味の悪い作品。
ten47

ten47の感想・評価

2.2
2回目の鑑賞
まあまあヒマ潰しに良い
全員にツケが回ってくるが面白い

このレビューはネタバレを含みます

 昔、ギャングだったけど今は足を洗ってまともな生活をしているニコラス・ケイジが愛する娘を殺されて、凶器がトカレフだってんでロシアマフィアと抗争勃発する話。

 映像がカッコよくて、スローになったりドアップになったりと印象的なカットがあって楽しめました。特にナイフを使ったアクションや銃撃戦でスローになったりとカッコよかったです。
 かつての仲間と娘を殺した犯人を捕まえようとしますが、主人公は警察にマークされているから動くのは基本仲間たちなのが主人公があまり関係ないのが退屈でした。

 主人公たちが昔悪さしてた時代の関係者とかを追っかけたりロシアマフィアを怒らせて、いろんなところで血が流れ始めたりしますが、真相は……。というオチですが、これまたズッコケるもので一体今まで何だったと唖然とするものでした。
 ただそのズッコケを狙っているような話なので、復讐ってやっぱり何も生まないんだな、と勉強になる映画でした。
>|