ロマンスの作品情報・感想・評価・動画配信

「ロマンス」に投稿された感想・評価

okm

okmの感想・評価

3.5
完全なジャケ借りです、思ってたより好きだった
箱根は良いよね〜自分の旅や幼少期も思い出しながらゆったりと観れた
わたしも自分の名前無かったんだよなぁ
大倉孝二と大島優子の凸凹感やこの作品のリアルな空気感が良き〜ロマンスカーまた乗りたい高いけど!

メモ:迷ったらコイントスで決める、後悔、窪田正孝を贅沢に使う
期待以上だった。音楽もいいです。

小田急が全面協力してるので、テーマカラーがブルーなのもかわやかでいい。箱根はいいよね。

アテンダントとしてハキハキ丁寧にお仕事するけど本当は口が悪い、みたいな役、すごく優子っぽくてよかった。

「はちこ」という変わった名前のため、おなまえのグッズとかがない気持ちわかる。今でこそメジャーだけど、わたしが子どものころは「まりなちゃん」がなくていつも「まりちゃん」で我慢してたなあ。だから「はちこちゃん」のダサいキーホルダーもらって、嬉しそうだったね。わかる。
口は悪いけど可愛い女の子というコンテンツが好きじゃない。(代表例:あんたのことなんか好きじゃないんだからね!)
ジャケは好き。
うだち

うだちの感想・評価

3.7
タナダユキ監督から。「東京女子図鑑」、「夜空はいつでも最高密度の青色だ」の中でいいなと思っていたキャストの方々が揃っていて良かった。キャスティングにとても魅力があります。
作品の全体を通じたテーマは「後悔」。やらない後悔よりやる後悔とは言うけど、どうなんだろう。
これからの人生、迷った時はコイントスしようかな。
にへー

にへーの感想・評価

3.7
アマゾンプライムで観賞。

ロマンスカーで車内販売をしている鉢子はひょんな事から仕事を抜け出し、商品を盗んだ男・桜庭と共に疎遠になっていた鉢子の母を探しに、箱根の町へ行くのだったが……

そんなに見てる訳じゃないけど、今まで見た大島優子出演作品の中では、一番大島優子が魅力的。
だけどこの映画は、大倉孝二のいわゆる"大倉孝二っぽい"演技の魅力が、映画を引っ張る。

物語自体は「ふーん。そうなんだー」といった感じもあるのだけど、主演二人の過去を想像させて、深みも少し感じさせる。

こういう、ドラマがグワっと盛り上がる訳では無いけど、ちょっとだけ深みがあるみたいな映画は好きなので、点数はちょっと甘めです。
大島優子と大倉孝二の
ゆるり箱根旅。

ロマンスカーかぁ。
箱根かぁ。
旅行したいなー🚅。

あれ、窪田くんでてる。
どこだって思ったら
めっちゃモブだったー!
豪華だねー😂

なんかタナダユキ監督の
独特な雰囲気あったー。

ラストシーンは好きかも。
ラストシーンからのエンディング。
なんて爽快感✨✨

あー三浦透子だからだねぇ。
natsumi

natsumiの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

そもそも赤の他人にくっついて行っちゃう時点で、ダメでしょ。と思いながら、、
でも結果悪い人じゃなくて良かったね。と何故か少し暖かい目で観れた映画だった。

きっと2人の会話の内容がなんだか平和だったからかなぁ。と思ってみたり。

ラストの落ちも良かったなぁ。
まほろ

まほろの感想・評価

2.6
ツッコミどころは多々あったが、大倉孝二が主演なのは悪くないな〜。

このレビューはネタバレを含みます

設定は好き。けど心情を吐露する台詞が、多いというか、浮いている感じがして、気になる、かな。
東京に着いてホームで別れるシーンの大倉孝二の表情が良い!
やよい

やよいの感想・評価

3.0
何かが起こる訳でもなく、えーーー!てなる訳でもなく淡々と見る感じ。

でも嫌いじゃない。
むしろ好きな方。

ただ、おっさんはあかん。
文字ならおっさんは不可、オッサンなら可。声に出したらあかん気がするのはなんでやろ( ・᷄ὢ・᷅ )
>|