ジゴロ・イン・ニューヨークの作品情報・感想・評価

ジゴロ・イン・ニューヨーク2014年製作の映画)

Fading Gigolo

上映日:2014年07月11日

製作国:

上映時間:90分

3.4

あらすじ

ブルックリンの本屋店主(ウディ・アレン)は、つぶれそうな店をどうしたものかと苦悩の日々。そして思いついたのは、花屋を営む友人(ジョン・タトゥーロ)をジゴロにして、男娼ビジネスをスタートさせるという迷案! 早速友人を必至で口説き、ジゴロ・ビジネスを開業するやいなや、意外にもクールでダンディなジゴロは裕福な女性たちをたちまち夢中にさせていく。 ところがある未亡人(ヴァネッサ・パラディ)と恋に落ちてし…

ブルックリンの本屋店主(ウディ・アレン)は、つぶれそうな店をどうしたものかと苦悩の日々。そして思いついたのは、花屋を営む友人(ジョン・タトゥーロ)をジゴロにして、男娼ビジネスをスタートさせるという迷案! 早速友人を必至で口説き、ジゴロ・ビジネスを開業するやいなや、意外にもクールでダンディなジゴロは裕福な女性たちをたちまち夢中にさせていく。 ところがある未亡人(ヴァネッサ・パラディ)と恋に落ちてしまい・・・。

「ジゴロ・イン・ニューヨーク」に投稿された感想・評価

ジョンタトゥーロ大好き✨
顔が左右対称じゃないところも好き
赤い花を抱いて歩く姿のキマってること!
どんどん魅力的に見えてきて、夢中になってしまった

ウディアレンは相変わらずおしゃべりで可笑しな、おじいちゃん一歩手前という感じ
えらくチャッカリしているし

それにしても、ユダヤ教って戒律がずいぶんと細かくて厳しいんだなと思った
MegTanaka

MegTanakaの感想・評価

3.7
キャロル、Herが感性に響いた人におすすめ
“It’s in the music industry, like you have the song and the lyrics and the gigolo part“とかなんか細かい笑えるとこがあってテンポもいいし、思い題材でも希望はあるし、全員演技力は文句なしだから本当にリアルだった、秋の寂しさよ〜
りほこ

りほこの感想・評価

3.8
ちょっと気の抜けたラブコメ❤︎

宗教要素あり、ウディアレンのあの独特の胡散臭さあり(笑)大人の雰囲気出ちゃうサックス入りの音楽あり
こういう雰囲気大好きだなぁ。お洒落なんだけど下ネタ要素満載。逆か、下ネタ要素満載だけど、お洒落だから羞恥無しに自然に笑える。

その人、アイスフレーバーに例えるとどんな味なの?
ピスタチオよ
かーく

かーくの感想・評価

3.2

世界最古の職業、重力の奇跡。抑えめなウディアレンは最高だったけど。なかなか共感しにくい内容だった。ラストは素晴らしい
mocha

mochaの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

キチンとした服装の時のあの大人の色気は勿論だけど、
ジョン・タトゥーロの料理している姿に色気を感じました。笑

ウディ・アレンが四方八方から捕獲されるシーン可愛いかった。笑

最後のウディアレンがいつ町を出るんだっけ?という問いかけの後のあの2人の無言の感じ好きだな。笑
隼人

隼人の感想・評価

3.0
コメディかと思って観たら人種、宗教の問題が絡んできて日本人にはちょっと取っつきにくい話題もある。音楽がどれも素晴らしくよかった。
お

おの感想・評価

3.3
色気があるようでない、いくつになっても不器用な恋をしていたい。
クラゲ

クラゲの感想・評価

3.3
読書ノート[12]

「ジゴロ・イン・ニューヨーク」も観た。

おっさん、じーちゃんの魅力満載。

若いだけじゃ出せない色気が素敵♡
megu

meguの感想・評価

2.9
特に可もなく不可もなく的な…
淡々と見る感じでした。
シャロンストーンが出ててびっくり
あいかわらず綺麗だわ。
スタイルが抜群!
おじいちゃんすごいこと考えるよね。
本当笑っちゃう。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.6
重力のキセキ。

代々続いた本屋が閉店に追い込まれた店主。花屋でバイト中の友人を巻き込みふと思いついた男娼業に開業するが…

「男娼」がメインとなるストーリーだというのにとても軽やか…!
会話のテンポがツボに入ったのか耳心地のいい90分でした。
あれくらいの距離感(変な遠慮もあるけど笑)の友人関係だからこそ成り立ったジゴロ業なのかもしれない。「寂しさ」も良いスパイスになるゆったりした作品。

日曜日の夕暮れに音楽と街並みも併せて堪能したい一作でした。
華のある、ピスタチオな男性を楽しみたいときに。
>|