ジゴロ・イン・ニューヨークの作品情報・感想・評価

ジゴロ・イン・ニューヨーク2014年製作の映画)

Fading Gigolo

上映日:2014年07月11日

製作国:

上映時間:90分

3.4

あらすじ

ブルックリンの本屋店主(ウディ・アレン)は、つぶれそうな店をどうしたものかと苦悩の日々。そして思いついたのは、花屋を営む友人(ジョン・タトゥーロ)をジゴロにして、男娼ビジネスをスタートさせるという迷案! 早速友人を必至で口説き、ジゴロ・ビジネスを開業するやいなや、意外にもクールでダンディなジゴロは裕福な女性たちをたちまち夢中にさせていく。 ところがある未亡人(ヴァネッサ・パラディ)と恋に落ちてし…

ブルックリンの本屋店主(ウディ・アレン)は、つぶれそうな店をどうしたものかと苦悩の日々。そして思いついたのは、花屋を営む友人(ジョン・タトゥーロ)をジゴロにして、男娼ビジネスをスタートさせるという迷案! 早速友人を必至で口説き、ジゴロ・ビジネスを開業するやいなや、意外にもクールでダンディなジゴロは裕福な女性たちをたちまち夢中にさせていく。 ところがある未亡人(ヴァネッサ・パラディ)と恋に落ちてしまい・・・。

「ジゴロ・イン・ニューヨーク」に投稿された感想・評価

GAKO

GAKOの感想・評価

3.2

ウディアレンの中でもかなり俗的感じ

上品さがいつもよりなくて少し退屈
ikumi

ikumiの感想・評価

-
テーマのわりにお上品な作品。ユダヤ教の話はちょっと複雑。
ウディアレンの人をイラつかせない可愛いいい加減さってすごいと思う。日本で言ったら高田純次みたいな。
えぬ子

えぬ子の感想・評価

4.0
ソフィアベルガラの顔面とおっぱいが最強。3Pのシーンでシャロン・ストーンが「恋ね」と満足そうに微笑み、ベルガラが「beautiful!」って満面の笑みになるところがたいへん好い。
ジョン・タトゥーロが特にイケメンでもナイスミドルって感じでもなくて素朴なので、派手なレズふたりと相性が良かったのかも。
とにかくベルガラの女豹感が最高だった……
なつん

なつんの感想・評価

3.5
ゆるくて渋くてちょっと退廃的で、なんか良い映画。
ウディ・アレンがチャーミングで割と無茶なじいさんって感じなのがまた良い
green

greenの感想・評価

3.5
おしゃれな大人ストーリー。ジャジーな音楽も良し。いつもよりおとなしめなウディアレンだなと思ったら監督が違ってたw
18/263
ヴァネッサパラディが中年期の魅力に溢れている。彼女の声も特別。
SF

SFの感想・評価

3.4
ウディ・アレンとヴァネッサ・パラディが出てる ジョン・タトゥーロの映画
ふぅた

ふぅたの感想・評価

3.6
ジゴロって言葉の意味を初めて知るきっかけになった。

大人の恋をユニークかつジョーク混じりに演出してて、ウディの脚本を感じられる作品。
だと思いきや監督、脚本共にジョン・タトゥーロだった!
yamashit

yamashitの感想・評価

3.0
お金が欲しくてずる賢そうなポン引きウディ・アレンと、かたや花屋で働く実直な男、ジョン・タトゥーロ。

ヴァネッサ・パラディが異彩を放ってました。
【ジゴロ】


日本では
松坂桃李がジゴロをして、
ニューヨークでは
J・タトゥーロがジゴロをします。


そしてウディ・アレンは、
終始ふざけているのです。


同じ業界が舞台でも、
『誰がやるか』によって
『世界は全く別物』に見えます。


警察を題材にしても、
『硬派で骨太な作品』になることもあれば、
『軟派なお下劣作品』になることもあります。


結局何をやるにしても、
『世界がどう見えるかは演者次第』
であり、
『僕らは自分がどうあるべきか?』
を考えることで、
今ある環境に居場所を作っています。
>|