世界中がアイ・ラヴ・ユーの作品情報・感想・評価

「世界中がアイ・ラヴ・ユー」に投稿された感想・評価

世界観はすごく素敵◎
ただストーリー自体は良く言えば穏やか、悪く言えば少し退屈かもって感じ
きょん

きょんの感想・評価

3.0
昔の映画ってこともあり興味があってみてみたけどわたしがじっくりみたい派なのかミュージカルが合わないのか、、、

でも幸せってほんとにいろんな形があるな~って思った。世界中がアイ・ラブ・ユーとはこれを見るとなるほどなってなる
manami

manamiの感想・評価

-
ミュージカルと言うほどミュージカルでもなく、ラブストーリーのようなコメディのような、あるいはファンタジーのような。メインの人物もいるようないないような。観る側がのめり込むのを実は拒んでいるかのような、不思議な世界。
ハロウィーンでの子ども達、話の筋とは関係ないんだけど、私はこのシーンの歌と衣装が一番好き。特にバナナの子の愛らしさはズルい。
もう一つ素敵なのは、パリの河岸でのシーン。恋人や夫婦ではない二人だからこそ、あの距離感やダンスが美しく見える。
豪華な出演者達が歌い踊り、恋に落ちて恋に破れる姿。20年前の作品なだけに、「若い〜可愛い〜微笑ましい〜」が楽しめます。
rina

rinaの感想・評価

3.6
今日も、きっと明日も明後日も、世界中の至る所でアイラブユーが聴こえる。
ウディアレン流ミュージカル。

些細な事に歓喜したり、絶望したり。
みんな愛を求めてる。
コミカルで軽快だけどセンチメンタル。
ミュージカル映画としては何かもの足りない感じが、、。

1つのファミリーのそれぞれのショートラブストーリー作品!
恋多きファミリーだな〜笑
でも恋で人生左右されるのも幸せなんだなと見ていて思った 笑

離婚したパパの恋愛がいっつも上手くいかないのは可哀想なのに何故か少し笑えてしまう
ウディ・アレンがスクリーンにいる映画はこれが初めて。
頭の禿げたおじいさんなのね。(←コラ)

今回の映画は今まで観たウディ・アレン映画よりも癖は弱いかな?そんなに特徴が感じられなかった。
でも、パリの街は出てくるし「雨に濡れてパリの街を歩きたい」という台詞もウディ・アレン映画らしかった。

ベネチアいいなぁ…また行きたい。2時間ドタバタ走り回って終わった思い出しかないwコメディかw


こんなに"恋"をできる人もすごいよね。
私なんて選ぶ選ばないの問題の前に選ぶ人がないんですけど!(笑)

ドリュー・バリモアがめっちゃ可愛かった。犯罪者の男じゃないけど、あんな美女と握手したらそりゃ惚れるわ。この男、歌は地味に上手かったな。そして、彼女に何事もなくて良かった(笑)

ナタリー・ポートマンは家族が言い合いをしている後ろで一人でサンドイッチを食していた(笑)監督よ、彼女をわき役に置くとはなんて贅沢な!後に彼女はジュリア・ロバーツと四角関係になるのですよ。

結構クスリと笑えるシーンはあったかな。
冒頭のおじいちゃんとかねw
私が好きだったのは結婚指輪を飲み込んじゃうやつw「えー、こんな男ヤダー」って思ったときには指輪はお腹の中だった。私でも食べちゃうと思う。

ミュージカルシーンは歌もダンスもすごく良いとか特にないけど、光の粒の人間が踊っている視覚効果とか、奥さんが空中を舞うシーンは面白かったかな。

ちなみにストーリーの内容はカラッカラんです。明るい気持ちになりたいときにはいいと思う。


私がこの映画で一番好きなキャラクターはやっぱり"おじいちゃん"!もっと出てきて欲しかった(笑)
今を楽しめと軽々しくよく言われるけど、結局結果が欲しいんやろ?この映画を観て強く思ったし、"今を楽しむ"という言葉は本当に都合が良いなー。今後もめっちゃ使おう。あ〜あ、恋は難しい。もう嫌や。

面白かった。"うわー、これめっちゃウディアレンやん"と映画マニア風に言いたいけど、まだ3作品目やしまだわからんわ。もっと勉強しなな。
holly

hollyの感想・評価

3.9
みんな好き放題しゃべる感じとか日常っぽくて好き
ドリューバリモア×エドワードノートンカップルが可愛い
ジュエリーで縄跳びしてるとこはヒヤヒヤした。がんばれー(>_<)って笑
COCO

COCOの感想・評価

3.3
冒頭を見た瞬間にウディ作品臭
ミュージカル仕立てでとにかくハッピーな映画
俳優人は流石!
美人好きなのね笑
若き頃のナタリー・ポートマンも必見
>|