アリスの作品情報・感想・評価

「アリス」に投稿された感想・評価

重すぎず、軽すぎず、程よい雰囲気のあるファンタジー作品です。前妻であり、アレン作品の常連であるミア・ファローは「不思議ちゃん」として本作のテイストにハマってます。
透明人間になったり、空を飛んだりと日常で叶えられないことを童話チックに見せる描写は面白いと思います。
ウディ・アレン監督は他作品でフェリーニ監督を批判してましたが、本作の描写はフェリーニ作品に共通する部分が多くありました。
上流社会の女性が自身の結婚生活や人生に疑問を持ち、非日常のシュールな世界観に身を投じるところは正にフェリーニの手法ですからね。
ただ、ホワイトカラー層に焦点を当てすぎてるので私のような庶民派には観るのに少々辛い描写があったのが難点だったと思います。
クワン

クワンの感想・評価

3.0
アリス扮するミア・ファローが不思議な魅力を醸し出す。
ウディ・アレンとミア・ファローのタッグの相性の良さが感じられる作品。何不自由ない生活を送りつつ、満たされるものがないアリス。本当に生きている実感を味わうことのないまま、空洞を抱えている。そんな主婦が気になる男性と、、とここまではよくある筋立てなのだけど、ウディアレンの場合、怪しい中国人のハーブの処方がコミカルに作用したり、昔に死んだ恋人が幽霊で出てきたり、とぼけてる風合いがいい。不思議な街、NYのアリスの自分探しの物語。ウディアレンの視線は主人公を突き放した展開ながらも、どこか温かい。
ウディ・アレンDVDBOX
ディスク18「アリス」

お金持ちと結婚し 子宝にも恵まれ、はたから見たら羨ましい暮らしを送っているアリス。しかし彼女は人生に何か物足りなさを感じていた。
ある日、子供のお迎えに行った先で出会ったシングルファーザーの男性に惹かれてしまいます。彼もまたアリスに好意を持っているようで……

どこかありがちな話の始まり方ではあるんでけど、そこはウディ・アレン。謎のハーブを調合する中国人を登場させ、すごくファンタジーな話へと発展していきます。

夢か?まぼろしか?
でもこれが現実なんですよね~♪
最後のオチも納得。こんな生き方もステキですよね(´ー`)

みなさん後悔しない人生送ってます?
私は……うん、ダメだな(笑)
tak

takの感想・評価

4.0
80年代のウディ・アレン作品は素敵な映画ばかりだけれど、なんか生真面目な印象がある。イングマル・ベルイマン調に物語を哲学的に掘り下げてみたり、お子様を主人公に懐古趣味に走ったり。そんなアレン先生が当時の奥様ミア・ファローを主役に撮ったのが「アリス」。都会で不自由なく暮らしてるお金もちの奥様が主人公。ある日背中に何とも言えない違和感を感じて、友人や夫がよいと勧めてくれる漢方医ヤン先生を訪れた。「心に問題がある」という先生が処方した薬は、控えめな彼女を大胆に変えてしまったり、透明人間体験をさせてくれたり。子供の学校で出会ったサックス奏者との恋、家庭、夫婦の問題をめぐる彼女の不思議な体験を描くコメディ。

 自分に自信がなくてカウンセリングに通う神経質な主人公といえば、アレン映画ではお馴染みのものでアレン先生自身が演じていることが多い。本作はその役割がミア・ファローに置き換わっている面白さ。医師に持論を早口でしゃべり続ける様子といい、相手を見ずに言い訳めいたことを言う様子といい、これはいつもならアレン自身が演じているもの。透明になる時間が切れてソファの陰に隠れる場面は、「SEXのすべて」に似た場面があったよなぁ・・と思えて実に楽しい。

 この映画は、いわばウディ・アレン版「不思議の国のアリス」。性をめぐる不思議の国に迷いこんだ人妻アリスが、様々な薬を使って冒険をする物語だ。ジョーと二人で透明になって街に繰り出す場面。アリスは友達の噂話を聞くのだけれど、ジョーは女性の試着室に忍び込むというのに大爆笑。男ってなんて情けない生き物(笑)。媚薬のエピソードはアレン映画らしいオチが楽しい。そして映画の最後、アリスは新しい人生を選択する。80年代のアレン映画ではミア・ファローに素敵なハッピーエンドは訪れなかった。うちひしがれた彼女は、映画館で笑顔を取り戻すくらい。「アリス」はその穴埋めであるかのような幸せな結末。でもこの映画はそうした成長物語的な結末であることが望ましいのだ。不思議の国から戻って来た少女アリスがちょっとだけ成長したように。
か

かの感想・評価

4.5
ミア・ファローの洋服。謎の中華街。夜のNY。ジャズ。素敵な非日常。
比較するべきじゃないけど
アメリよりも好みな女性的内容で好きかも
琉太

琉太の感想・評価

3.0
この作品のミアファローには魅力感じ無かった
とは言えソコソコ楽しめた流石ウッディアレン
愛は1番複雑な感情でね、人間は気まぐれな存在だ。感情に理屈はない。理屈がなければ思考もない。思考もなければロマンスは生まれやすいが悩みもまた多くなる。
自由は不安を伴うもの。byヤン

おれも、あの中国人に会いたい。それで薬が欲しい。

亡霊の元彼とのデートがよかったな。
最後にダンスするしよ。
「君は素晴らしい」っていう遺言、かっこよすぎる。

マザーテレサの話をされながら脱がざれていくのよかった。

ミアファローはやっぱり綺麗だなぁ。
とっても楽しいウディアレン的アリス。
お金はあるけど、なんとなく満たされない毎日を過ごすアリステイト。背中の痛みの治療のため、ドクターヤンの診療所を訪れ、不思議な薬を処方される。

ドラの音で始まるドクターヤンっぽいサントラがとってもかわいい。
いつも怒ってるみたいなドクターヤンもおもしろい。
ドクターヤンのあやしい薬の効果で、世間知らずアリスがいろんな体験をする。結構肝がすわってて笑った。

ちらっと登場するシビルシェパードがめっちゃきれい。
Np2

Np2の感想・評価

3.8
このジャケットとは違うものだったのだが、赤が素敵でついジャケ借りしてしまった。
コメディファンタジーな『ブルージャスミン』という印象。夫の金で裕福な生活をするご婦人を、ウディアレンの脚本と映像で観る、これ以上の贅沢はない。
ジョーの色気…。社会規範や道徳観念をかなぐり捨てたあのキス…。
アリスがあまりにも世間知らずで頭の弱い情緒不安定な女なので100分も見ているのはキツかったが、ラストシーンの彼女はとっても魅力的だった。
遠回りしてもいいんだね、ドクター・ヤン。
>|