ショート・タームの作品情報・感想・評価・動画配信

「ショート・ターム」に投稿された感想・評価

終わり方が好き。
Yuka

Yukaの感想・評価

2.3
自分も同じこと経験してないと同情するのも失礼だと思わせてくる映画
たなち

たなちの感想・評価

4.0
タコ

居場所を失った子供たちを保護する施設ショートタームで働くグレイスは同僚でボーイフレンドのメイソンとの間に子供を授かる。幸せな生活が始まるのかと思いきやグレイスには誰にも打ち明けられない心の闇を抱えていた…

問題を抱えた子供たちとの繋がりを通して人と人との温かみの大切さを再確認させられるヒューマンドラマ

帰る家を持っていても心の帰る場所は持っていない人々が大勢いる。

純粋無垢な愛や友情がリアルに描かれている

問題だらけの世の中で毎日一生懸命な人がいる。それだけで素晴らしいじゃんっていう事も。

人生の半分は遺伝子、もう半分は生活環境によって形成されるなんていいますが、本作では後者の大切さを非常に強く感じさせられます

なかなかほのぼのとした雰囲気の中シリアスさが入れ交じるいい作品でした
生きにくさ感じてて、心に傷を負ってる子供たち。居場所って大切だよね。人間、場所がなきゃ生きてけない。帰る家なかった時自分もすごい思ってたから。場所があって、ようやく人があるというか何と言うか…生きてりゃいい事あるのか、生き地獄なのかわからなくなることあるよね。
けど、それでも人生期待したいじゃん。
そんな寄り添え!とか、わかって!なんて無理な話だけど、分かろうとする事は、
話聞いて繋がろうと、感じようとする事はできるもんね。過去に殺されないで
愛に生きていて希望だった。好きだった。
恵まれない子とか、可哀想な子とかそういう眼差しとても嫌いだし、変にいたわったり気使ったりが良くないよね。心によりそう、愛を持つ、これに尽きるのかな。素敵だったーー、
様々な問題や事情を抱えたティーンエイジャーを短期保護する施設"ショートターム12"。
そこで働くグレイスが共に施設で働く恋人のメイソンや、施設のティーンエイジャーたちと過ごす日々を通し、人の心の繊細さや、人との向き合い方などを描いている。

誰もが問題やトラウマを抱えているし、それが他人に話せることではない。
そんな塞ぎ込んでいる時でも、寄り添ってくれる人がいるだけで、心を開いてくれる人がいるだけで大きな支えになる。

人との距離感というのは非常に難しいと感じるシーンは日常的にあり、寄り添いたい相手に寄り添えない、わかってもらえない時はもどかしくどうすればいいのかと悩むこともあるが、その答えがこの映画にあるような気がする。
心に傷を負った子どもたちの面倒を見る大人の方にも心に傷があって…。
子どもたちと向き合う中で自分の痛みとも向き合っていく。
その心の傷と向き合う時に大切な人や自分を受け止めてくれる人がそばにいてくれるというのはどんなに心強くて温かいことかを教えてくれた映画でした。
直接的に救われる部分を描くのではなく、前に進んでることを示唆するような形で描かれる最後のシーンがめちゃくちゃ印象的で良かったです。良作。
吉田

吉田の感想・評価

-
2020/02/24
DaikiSato

DaikiSatoの感想・評価

4.0
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人それぞれ話せる悩み、話せない悩み、色々抱えて生きている。環境を良くしたい、前に進みたい、その気持ちは確かだ。周りの救い手を差し伸べてくれることに対しても、少しホッとする、ありがとうという感謝の気持ちも抱く。でも、その先、どう振る舞えばいいのか、それが分からないし、どう変わるのか、不安だ。そう感じながらも、なんとなく自分の毎日の中に、他人がいてくれることに安心を覚える。そうして今を生きている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
と、感じました。
KATSU

KATSUの感想・評価

3.5
子供が病む世界。
それこそが社会の病みだと思う。

一生の傷と向き合って生きる辛さ。

時たま日本でも、子の虐待、親の子殺し、子の親殺し。。

こんなニュースほど、嫌なニュースはない。

とても社会的な作品でありながらも、

どうなるんだろう…とドキドキもした。

人が生きてく上で、自分を理解してくれる人、また理解しようとしてくれる人の存在は不可欠なんだろう。。
>|