オキュラス 怨霊鏡の作品情報・感想・評価・動画配信

「オキュラス 怨霊鏡」に投稿された感想・評価

ゆ

ゆの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

○ホラー
●カレン・ギラン
●鏡
●姉弟


▪️どんな話?
何かが宿ってる呪いのアンティーク鏡によって多くの人が死んだ。
ティムとケイリー姉弟の両親も鏡のせいで亡くなり、弟は長年精神病棟へ。
十数年が経ち退院、姉ケイリーは例の鏡を手に入れ、家族を破滅に追いやったのは鏡のせいだと証明するため行動に出る。

姉は霊の存在を信じており、カメラや温度計、タイマーなど科学的に鏡には力が宿っていると証明するため尽力する。
弟は姉は妄想や記憶違いに囚われていると思っており、鏡の呪いを信じていない。


昔住んでいた家での検証中に不可解な出来事が起こり始める。

オチ
幻覚のせいで弟が鏡を壊すトラップで姉を殺してしまう。
そして刑務所or精神病棟送り。


▪️感想
鏡×ホラー映画って日本のじっとりした怖さを想像するけど、そこまでの怖さはないので初心者向けホラーかな👻

霊の存在を証明するために科学的に検証するからっていうのと、
霊本人があまり姿を現さず幻覚を見せてくるのでお化け的な怖さは控えめ。


最後まで過去の話も今起きていることもどれが事実で、幻覚で、妄想で、霊の仕業だったのか?と疑いながら鑑賞できる。
が、
客観的に観てしまうとあまり怖くないので姉弟にしっかり感情移入して観ることをおすすめしたい🙋‍♀️


爪切りで爪をむしったり、電球を誤って噛み砕いて血まみれなど痛い…!と目を背けたくなるシーンが巧み👏

終盤のアラーム音×過去死んだ人たちの怨霊シーンと、大オチはよい◎
過去と現在のティムの状況を交互に映して、家族を殺して警察に捕まりほぼ同じことを繰り返した…っていう演出もすごく好き🥺

ホラー映画のオチはやっぱり救いのない結末がいいよね〜👍✨
m

mの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

アンティークの家具怖い…(持ってないけど…)

フラナガン監督のNetflixオリジナルドラマを観てからこちらも気になり鑑賞。

最後の救われなさが潔くて好きです。

微塵も弱さを見せない鏡、殺戮の謎も明かされず餌食になっていく所有者たち。

歴代被害者の突然の登場で姉弟と私“誰!?”ってなったの笑った
Nao

Naoの感想・評価

3.6
サブタイトルのB級感が良くも悪くも残念。
いわゆるB級なホラーさはほぼない。ものすごく自然に時間軸が切り替わっていくし見えるものが真実なのかはっきりしないので、どちらかと言うと終始よくわからない(という恐怖)を味わう映画。オキュラスだけでよかったのでは…。

ジョジョなら最強の部類のスタンド攻撃。
正直、この話は映画としては反則に近いと思うし、結局モヤモヤだけが残るだけで、人にすすめにくいけれど、私が監督と波長があうのかおもしろかった。
時間軸をうまくずらすつなぎ方とか、フラグ立ちまくりなわかりやすい展開とか、不穏さ漂う雰囲気とか、ほーら現実と非現実の境界が曖昧になっちゃうだろうーというのがみえみえで見てるだけで楽しめちゃう。
数樹

数樹の感想・評価

3.0
過去の悪夢と現実を並行していくので、解りづらくなる。
ラストは悲しすぎる。
いち麦

いち麦の感想・評価

5.0
科学的な考証と検証を試みる姉ケイリーの逞しい姿に大感激。パラノーマル系にしては珍しく閉じた世界の中でのリアリティが存分に感じられる仕掛け。次第にホラー色を増す終盤、過去の被せ方も上手い演出で始終、大興奮。
おゆ

おゆの感想・評価

3.5
過去と現在が交錯する映像オシャレで良いなあ!真っ黒な目とか真っ白な目とか色々見てきたけどこの目が1番怖い!鏡の存在感と家の不穏な雰囲気が抜群で消化不良感も含めて楽しめた。
🪞🌀👻
・あらすじ
引っ越したばかりの幸せな一家。ところが、父が母を殺害、父も銃で撃たれて死亡という凄惨な事件が起きてしまう。残された2人の子供は救出されるものの、10歳だった弟ティムは父親を殺害した容疑で精神病院へ送られてしまった。11年後、退院したティムを姉のケイリーが出迎えた。新しい人生を送ろうとするティムだったが…。

鏡系ホラーでした!

監督は以前レビューした『ドクター・スリープ』のマイク・フラナガン。
んー、この監督の作風というか、世界観は僕には合わないですね。
はっきりして欲しい所をぼかして、消化不良感が残るような作品は嫌いだなぁ…。
鏡に惑わされるという設定は良いにしても、ちょっと惑わされ過ぎですね。上京把握が難し過ぎて、ストーリー展開についていけなかったです。
ホラーは単純かつシンプルが一番。
変に捻らない作品に良作が多いイメージです。
KH

KHの感想・評価

3.7
狂っていく中、ふとした瞬間に家族愛が見えるのが せつなかった。(過去シーンで)

もっと怖く見せることもできただろうけど、怖さ控えめです。

マイク・フラナガン監督の得意技?現在と過去、現実と幻覚を織り交ぜて見せるのが上手いし、おもしろかった。
所々、Haunting of Hill House やドクター・スリープに通じるものがある。
memo

memoの感想・評価

2.8
現実、過去、幻覚が入り混じる
なかなか良い演出

怨霊集合シーンは
ギンギラギンの目が怖いんだけど
みんなポカーンてしててちょっと笑っちゃう

自分で立てまくったフラグを
姉が全部回収

結局鏡の魔力?に打ち勝てず
誰も救われなくて後味悪い

特に弟がかわいそう
Mako

Makoの感想・評価

4.1
今まで見たことないタイプのホラーでおもしろかった!厄介な霊だな...
>|

あなたにおすすめの記事