蘇りの血の作品情報・感想・評価

「蘇りの血」に投稿された感想・評価

あや子

あや子の感想・評価

3.5
ラストの手を握ってて、手が離れて、すぐにまた握るシーンが超絶大好き。

超展開にただただ度肝を抜かれました。
こんな映画初めて観た。

豊田監督ファンにはオススメだけど、ファンじゃない人には「?」の嵐だと思われます
スー

スーの感想・評価

3.0
マイナーすぎかと思うし、見たらやっぱりマイナーでいる意味がわかるけど個人的にはすごい好き。世界観と映像がよい。内容の意味はわからない。板尾創路がでてる。板尾創路ってこういうよくわからない映画にめっちゃでてるイメージ。
真夜中

真夜中の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ジャームッシュの「デッドマン」を思わせる死生観を描いたアート作品。「生への渇望」「再生」といったテーマは、いちどは道を見誤った監督が共鳴できるモチーフだったのではないでしょうか。オグリ、大王そしてテルテのメインキャスト3人はとても雰囲気があって、作品の世界観に良く似合っていたと思います。その世界観そのままに美しく終わるのかと思いきやのラストの超展開は思わず笑ってしまいましたが。
たろ

たろの感想・評価

3.0
わけわかんないけど世界観と音楽がいいので6点

最後の首のやつは石井輝男監督へのオマージュなのかね?w

石井聰亙と寺山修司を足して、現代っぽくおしゃれに味付けした感じ
しかし悪くはない
尺も短いので分けわかんなくても我慢できるレベル
ただ若干PVっぽい音楽ずっと流れててシーンが変わんないとことかあるからストーリーを追うとつまんないかも
個人的にキャラクターが少なくて(主要なのは按摩師、大王、少女だけ)そのどれも好きだったのが良かった
特に大王が好きだw

つーか中村達也って今あんなおっさんなんだな・・・
ちょっとびっくりだよ
まあかっこよかったから別にいいけどw
holly

hollyの感想・評価

3.7
独創的で面白い。
観た事のない画を観せてくれるというだけで価値がある。
☆☆☆★★

※鑑賞直後のメモから

豊田利晃監督、事件後初復帰作品。

時代がはっきりとは分からないが、果たしてそんな言葉を使っていたのか?な場面が続出。
それでも大王様の【ふぐり】ご使用不能に陥っていたり。板尾創路の起用法を見れば、完全にコメディー映画を目指した内容。
特にクライマックスで噛み付き合う2人には爆笑必至。
そして、映画の基本的なプロットは、完全に『タクシードライバー』なのは明白だ!

2009年12月29日 ユーロスペース/シアター2
菩薩

菩薩の感想・評価

3.5
シャブ打ったもんにしか描けない小栗半官、って嘘嘘。話はどうってこと無いから、やっぱり見るべきはキャスト、中村達也に渋川清彦、超絶可愛い草刈麻有に、それより可愛いマメ山田!マメさん!マメさ〜ん!時に優しく、時に激しく全体を包み込む勝井祐二のヴァイオリン、zAkと伊賀大介のいい仕事。ただやっぱり中村達也は喋らせないで、そこに置いておくだけの方が効果的だと思う、それこそKEEさんがあんだけお喋りなのだから。豊田作品の入り口としては不適格。この世は地獄、どこまでも落ちて行く闇、だってさ。ラスト10分がシュール過ぎる。
ちぴ郎

ちぴ郎の感想・評価

2.4
これはやっぱり観なおしてみても、良さよくわからず。大好きなキーさんだけど。中村達也は一切喋らないとかの方が絶対いい気がします
あと豊田監督覚醒剤で捕まってたの知らなかった

150
takesaburo

takesaburoの感想・評価

2.2
映画じゃなくてもよかったんじゃないか。豊田監督だし、キャストがやっぱり凄くて最後まで観れただけかな。。
doji

dojiの感想・評価

-
一貫してやり切ってる映画ではあるのだけれどとにかくあのラストシーン、勢いが思いもよらぬ方向に飛び出して、なんじゃこりゃとちょっと笑ってしまう。行き過ぎて判断に困るシーンだった。
>|