ルシファー・ライジングの作品情報・感想・評価

ルシファー・ライジング1972年製作の映画)

Lucifer Rising

製作国:

上映時間:29分

3.6

「ルシファー・ライジング」に投稿された感想・評価

『ケネス・アンガー マジック・ランタン・サイクル』より

プログレ絵巻。
ホーリーマウンテン。
sue

sueの感想・評価

5.0
天井に連続して描かれた宗教画のように壮大な前半

音学的かつプログレッシブな中盤や、モダンで映画的なシーンなど、サイケデリックな感覚美で構築された映像
Yn

Ynの感想・評価

3.4
度々置いてけぼりにされ、撮影場所のスケールに驚愕し、シンボリックお腹一杯だわ~って思った頃にちょいちょい衝撃を与えてくる。
影や暗闇と光の使い方がやたらかっこ良かったり、ほんと「何だこれ」で見終わって、、何故かまた観たいと思ってる。
何だこれ。
くるみ

くるみの感想・評価

3.0
難しかったけど無理やり点数つけた
ずっと流れてた音が突然止まるとこんなに不安になるのか…
Eriko

Erikoの感想・評価

2.0
エジプトなんだけどなんだかさっぱりケネスの脳内がわからない。彼の作品はおかしな作品ばっかりだなぁ。でも統一感ないところがいいね!
なんだこれ。
理解不能?
そもそも理解しようとする映画ではない?

観た人全員が同じ感想を持つ映画ほどクソなものもないけど、観た人全員が違う感想を持つんじゃないかと思う、そんなカルト映画。
一歩間違えれば、独りよがりで押しつけがましい学生の作る実験映画みたいな。
でも、作り手の思考を探究したくなるパワフルな画。

「神秘」「精神世界」「悪魔」について、ケネス・アンガーとアレハンドロ・ホドロフスキーの対談ドキュメンタリーとかあったら観てみたい。それを観てからもう一回この作品を観直さないとついていけやしない。
Moeka

Moekaの感想・評価

3.3
宗教を書き換える、何かへ生まれ変わる、なんてディズニーとダリが共作したあの短編を思い出す。でも聖書はもともと矛盾しているものというし、悪魔ももともと天使だったともいうから、ケネス・アンガーはもっと他の意味もこめているのかもしれない。でもそこにしか分からない不完全な秩序がある映像ってゆうのは、やっぱり素敵。
Yarrtt

Yarrttの感想・評価

2.5
アメリカン・ミソロジーの金字塔。

映画史の中では非常にダークでオカルトな一角に佇むこの作品。
音楽を手がけたBobby Beausoleilはのちにマンソン・ファミリーの一員になったとされ、犯罪史に名を刻む存在となる。

古今東西の呪術を一塊にまとめたような儀式の映像。

でもわりと見やすいです。
fantomaのTHE FILM OF KENNETH ANGER VOL.2より。昨日観たネオンデーモンの解毒剤。音楽の使い方(入れ方ではない)も参考にしてるかも?ドライヴの主人公のスカジャンは言わずもがな。
絶え間なく流れる音楽が印象的。
映像の方は…意味あるのかなこれ?
一応ラストにはビックリするオチが待っているけど、唐突すぎて吹き出す。
>|