アクトレス 女たちの舞台の作品情報・感想・評価

アクトレス 女たちの舞台2014年製作の映画)

Clouds of Sils Maria

上映日:2015年10月24日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

大女優として知られるマリア(ジュリエット・ビノシュ)は、忠実なマネージャーのヴァレンティーヌ(クリステン・スチュワート)とともに、二人三脚で日々の仕事に挑んでいた。そんななか、マリアはかつて自身が世間に認められるきっかけとなった作品のリメイクをオファーされる。しかし、その役柄は彼女が演じた若き美女シグリッド役ではなく、彼女に翻弄される中年の上司、ヘレナ役。若い主人公の配役は、すでにハリウッドの大…

大女優として知られるマリア(ジュリエット・ビノシュ)は、忠実なマネージャーのヴァレンティーヌ(クリステン・スチュワート)とともに、二人三脚で日々の仕事に挑んでいた。そんななか、マリアはかつて自身が世間に認められるきっかけとなった作品のリメイクをオファーされる。しかし、その役柄は彼女が演じた若き美女シグリッド役ではなく、彼女に翻弄される中年の上司、ヘレナ役。若い主人公の配役は、すでにハリウッドの大作映画で活躍する若手女優のジョアン(クロエ・グレース・モレッツ)に決定していた…

「アクトレス 女たちの舞台」に投稿された感想・評価

無駄にシリアスな映画になると思ったら、以外と無駄じゃなくて人間らしくて見やすかったです。
Mina

Minaの感想・評価

3.3
“It's theatre. It's an interpretation of life. It can be truer than life itself.”
torakage

torakageの感想・評価

3.0
主人公と秘書との関係性と、主人公が演じようとしている過去の演劇作品の内容、20年間という時代の変化とが絡み合う。髪型の劇的な変化とか「へび」とか色々意味があるとは思うが、どうにもジュリエットピノシュがおばはん過ぎて考える気がおきず…
gdbsdta

gdbsdtaの感想・評価

3.3
パーソナルショッパーの前にこちらでもこの監督はクリステン使ってたのね。
メインになる3人の女優さんは皆素晴らしい。 自分も年々若さの感覚が薄れ、価値観など違く感じる事が増えてきているので、共感は出来た。 話的に少々長いが、退屈では無かったし、ちょいちょい挟む風景など心地良かったが、鑑賞後は少し物足りなさを感じた、サラリとした映画だった。
役の為なのか何故髪を、、。
『流れゆく時間』を考えさせられる映画であった。それは残酷であるが、時に美しい。

大女優マリア(ジュリエット・ビノシュ)が若き時に演じた出世作の20年ぶりのリメイク作品へ出演要請されるが、前回自分が演じた小悪魔女性ではなく、彼女に翻弄されて自滅する中年女性役へのオファーであった。
今回小悪魔役はジョアンという若さ故にゴシップをばらまく女優(クロエ・グレース・モレッツ)であった。
マリアは出演を躊躇って苦悩する…といった流れで物語は進行する。

大スター然とした風貌のマリアが、長い黒髪をバッサリとショートカットにして出演決心を表現するあたりは上手い描写である。
しかし、その後もマリアは「中年女は演じられるけど、小悪魔のままでいたいの。降板したい」などと迷い続けて、「中年女の役に向き合うのは大変なことよ。時の流れに向き合うことだから…」と悟っていく過程を描く時にオリヴィエ・アサイヤス監督は『大女優の過去の映像や回想シーン』を挟むことは決してしない。
これはイングマール・ベルイマン監督の『野いちご』で老医師が見る夢や過去の幻想などの多用によって老いを描いたのと相反するのだが、マリアが“マローヤの蛇”なる雲の流れを俯瞰するシーンの流麗な風景を見ると、ベルイマン監督『夏の遊び』での「若い女の恋人が海へ飛び込み失敗し、女が叫ぶ声を聞きながら、カメラが空に昇って行き、天空の雲を映すシーン」に通じる美しさがあり、アサイヤス監督はベルイマンを意識しているのではないかと思ってしまう。

また、舞台稽古の時に「ここで間をおけば私の存在感がもっと出る」とマリアがジョアンに言えば「燃えカスに存在感は要らない。どうでもいいわ」と痛烈な言葉を返される件は、物凄く残酷な「時の流れ」を描いているが、その非情さに抗うのを止めて、今の自分を受け入れようとするマリアの姿が美しい。

清々しささえ感じる後味の良さが残った。
wide

wideの感想・評価

3.1
つまらなくはない……のだけど。

奔放な女性が20年の時を経て、人間味はあるけど魅力的ではない女性を演じるのに苦悩したり、過去の役柄に未練たらたらだったり。
前半、役を引き受けるか悩みつつも必要とされることに喜んでいる姿は、人生を謳歌しているヒロインそのもの。
でも、後半頑張って演じようとする「ヘレナ」自体が魅力のない役柄という設定なので、演技に苦悩する場面も相まって、展開自体が暗く遊び心のないものになっていくのが、観ていてツライ……。
主人公とマネージャーのやり取りや関係性は細かく描かれていて楽しいので、そこが清涼剤か。

あと、途中で髪切った意味がほんとわからなかった。
いや、意図はわかるけど。重苦しくさが倍増しただけ。
奔放な外見のまま、充分に演じ分けられたでしょうに。
uringo

uringoの感想・評価

2.7
ビノシュは大好きだし、歳を重ねてどんどん魅力的になっていると思うけれども、
この映画はあんまり面白くなかった。

私が年齢的にビノシュのキャラクターの心情に寄り添えなかっただけかもしれないけど、、、
嘘っぽかった!
そして、ビノシュが過去に脚光を浴びたというその映画のあらすじが、すごいつまんなさそうだった😂笑

ビノシュが好きだから最後まで見たけど、好きな俳優が出ていなかったら途中でやめてたと思う。
これはビノシュの闘いであって
クロエなぞ取るに足らないもの。

時間、ひいては人生を一筋の道だと考えるビノシュにとって、人生を刹那的に生きるクロエをこれっぽっちも肯定できない。
そこに不安と焦りと嫉妬を感じる。しかしクロエは刹那的に生きたい訳じゃなく、このようにしか生きられないだけで、肯定されようと1ミリたりとも思っていない。だから彼女は強い。

「この作品は物体のよう」
劇中の台詞も、キャスティングも
全て確信犯的で
クリステンの行方さえ、分かりきっていたことのように。
クリステンの存在感、佇まいが何より素晴らしくて、
ずーっと惹きつけられていた。
彼女が主人公も、観客の心をも奪い去る。

当て書きとしか思えないので
役者名で語ってしまう。
akrutm

akrutmの感想・評価

4.4
年齢を重ねても若い頃の想いや感覚や価値観に左右されるのは誰でも経験することだが、大女優の場合にはこれが演じることと直結するために、自分自身との葛藤や若者たちとの微妙な考え方のずれに苦しみながら、現実を少しづつ受け入れようとする女性を、ジュリエット・ビノシュが見事に演じている。
流石は円熟期の女優!オンとオフの切り替えが凄い。
自分の乗り気ではない台本も読んで見たら、迫力満点。
スイスの風景も一見の価値ある。
>|