グランドフィナーレの作品情報・感想・評価

グランドフィナーレ2015年製作の映画)

Youth

上映日:2016年04月16日

製作国:

上映時間:118分

3.6

あらすじ

世界的にその名を知られる、英国人音楽家フレッド(マイケル・ケイン)。今では作曲も指揮も引退し、ハリウッドスターやセレブが宿泊するアルプスの高級ホテルで優雅なバカンスを送っている。長年の親友で映画監督のミック(ハーヴェイ・カイテル)も一緒だが、現役にこだわり続ける彼は、若いスタッフたちと新作の構想に没頭中だ。そんな中、英国女王から出演依頼が舞い込むが、なぜか頑なに断るフレッド。その理由は、娘のレナ…

世界的にその名を知られる、英国人音楽家フレッド(マイケル・ケイン)。今では作曲も指揮も引退し、ハリウッドスターやセレブが宿泊するアルプスの高級ホテルで優雅なバカンスを送っている。長年の親友で映画監督のミック(ハーヴェイ・カイテル)も一緒だが、現役にこだわり続ける彼は、若いスタッフたちと新作の構想に没頭中だ。そんな中、英国女王から出演依頼が舞い込むが、なぜか頑なに断るフレッド。その理由は、娘のレナ(レイチェル・ワイズ)にも隠している、妻とのある秘密にあった…。

「グランドフィナーレ」に投稿された感想・評価

PAGE

PAGEの感想・評価

3.5
歳を重ねてまた鑑賞したい。
『良い話しかしない仲』はとても素敵。
アルプスの高級ホテルで休暇を楽しむ老境の元作曲家と仲のいい映画監督が、それぞれに問題を抱えたホテルの客たちと繰り広げる交流を描く人間ドラマ。

不思議な雰囲気を持っている映画でした。
すごくお洒落でハイソなのに悲哀がたっぷり。また老いに対して辛辣でもありました。でも否定だけじゃない何かを感じた。

「若い時は、遠くの山が近くに見える。すべてが近い…それが未来だ。歳をとると、すべてが遠くに見える。すべてが遠い…それが過去だ。」

言い得て妙。
ノリ

ノリの感想・評価

3.0
映像が絵画のように綺麗だったり、シュールな画になってたりしておもしろかった。
中身は難しいけど飽きなかった。
まーったり、ゆーっくりしたいとき、人生を考えたい時は見て欲しい映画。
時々刺激的場面や官能を匂わせる場面を入れてくるあたりがニクいね。
もなか

もなかの感想・評価

3.5
近ごろ自分の老後を考えるようになった。お金はないのでこんな優雅な休日を送ることはできないだろう。近しい友達がそばにいてくれるといいな。音楽ではない「音」が綺麗だった。過去の映画へのオマージュが感じられて泣いた。
うん。いい映画。しみじみと。フレッドが牛さんたちのカウベルを指揮するシーンと、ミックの眼の前に過去の女優たちがセリフを言うシーンが好き。何歳になったって、トラブルは起きるし、未来は続く。生きている間はずっと。
Hayaki

Hayakiの感想・評価

4.0
全てが整っていて映像が美しい
mark kozelekが案の定一瞬しか出ていなかったな
hiroki

hirokiの感想・評価

3.7
リチャード・サンダーソンの愛のファンタジー(ラ・ブーム!)をホテルのショーで女性歌手が囁くように歌う場面でパオロ・ソレンティーノがちょっと好きになった。でチベット僧のレビテーションで流れるのがGodspeed you!black emperorのstorm。どうやら信用できそうなヤツだ。マイケル・ケインの演技は最高だし気迫のあるハーヴェイも久々に見た。レイチェル・ワイズもポール・ダノ(あのチョビ髭!!)も素晴らしい。またフェリーニかよってとこも無くは無いけどまあ良いやね
ガーコ

ガーコの感想・評価

3.0
全てを理解するのは難しい…。

でも、この雰囲気から沢山の感情が押し寄せてくる感じをどうにも止めることが出ません。

一人の老人の、様々なポリシーが要所要所に効いているからか、美しい大人の世界を感じました。

映像の美しさを観るだけでも価値があるように思います。

女性の裸がバンバン出て来ますが、いやらしさが1ミリも感じられないことが奇跡です。

裸体を芸術作品の一つとして、形作った監督の感性に驚かされました。

年を取ってから、失ってしまったものの大切さを知るという、なかなか深い作品でした。
みるめ

みるめの感想・評価

4.0
二人の紳士の会話の

二人の紳士・・・音楽家🎼と映画監督🎥🎩


やりとりが
素敵だった✨
いくつかツボッた
やりとりあった笑



🎥『ガタカ』の海辺のスケルトンホテルも
わぁお❗と思ったが🙆

この作品のホテルも行ってみたい🏨✨


草原での天地との指揮のシーン
素晴らしい✨
coro

coroの感想・評価

3.5
どこか怪しげな雰囲気の漂うアルプスの高級ホテル。主人公はそこでバカンスをすごそうとしているが、秘密を共有する事により肯定することの出来ない妻の死などに拘束され、いつも現実と幻想の狭間を彷徨っている。そんな主人公の変化していく死生観を暗喩的な台詞と詩的な映像で優しく伝えてくれる。

いずれの咆哮も
やがては自由の香りに
包まれていく
>|