南極のスコットの作品情報・感想・評価

「南極のスコット」に投稿された感想・評価

yoichiro

yoichiroの感想・評価

3.0
9月8日、DVDで鑑賞。
人類初の南極点到達を目指しながらも、志半ばで遭難、全滅したスコット探検隊を描いた作品。戦後すぐながらもカラーで撮影され、実際に南極で撮影した巨大な氷壁の映像もある(主なロケ地はノルウェーだという)。イギリスにとっては、英雄的で悲劇的な逸話なので真面目で神妙な演出。探検隊の一人に、新人時代のクリストファー・リーが出ている。
森下

森下の感想・評価

3.8
人類初の南極点到達を目指すも、僅差で別の探検隊に負け、さらに南極点から生きて帰って来ることができなかった男たちの話。
4人分の食料と燃料しかないのに、5人での到達を目指してしまったことで、基地まであと18キロと迫りながら全滅。スコットは冒険家ではなく元軍人であったため、このような判断をしてしまった。
結果は全滅だったが、彼の誰よりも早く南極点に到達するんだ、という執念には心を動かされた。