南極物語の作品情報・感想・評価

「南極物語」に投稿された感想・評価

Rin

Rinの感想・評価

4.0
健さん追悼で観た。
撮影した人達への敬意が止まらない。犬たちもよく頑張りました。タロジロたくましく生きて良かった。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.6
リアルタイムでは映画館には行ってないが上映会とかで見てた筈。でも殆ど記憶にない。で、スカパーで超久しぶりに再見。
こんな感じの映画だったんだ…。

なんというか、当時の印象よりもずっとドキュメンタリー映画っぽい作りになってた。
南極での撮影もかなり引きで撮ってる映画が多い。ロングショットを多用していることがドキュメント感を演出してると思ったな。
撮影時も相当過酷だっただろうが、その空気感がそのまま映画の内容とリンクしてとっても臨場感がある。

また、取り残された犬たちの映像に対し、ナレーションで説明されるのも良い意味で教育ビデオの様な印象を受け、効果的に作用していると思う。
どうしてもナレーションが続くと野暮ったくなりがちだけど、今作はその飾らない感じが、過度な演出を抑えているように見える。

またサントラに透明感があり、主張しすぎなく寄り添う感じなのに、ちゃんと存在感がある。

また、大半を占める犬のドラマに目を奪われがちだが、健さんも渡瀬恒彦も、感情移入して演技しているのが伝わる。

撮影での犬の扱いなど、今の目で見たらウルサ方からクレームつかられるかも知れないが、撮影班の執念がフィルムに焼き付いた様な作品。
フジテレビが制作した数少ない優秀な映画の1本。
柚子

柚子の感想・評価

5.0
生き残った、タロとジロ
涙なしにはやはり見れなかった

高倉健さんと渡瀬恒彦さん共に素晴らしかった、夏目雅子も懐かしい
とにかく豪華なキャストぞろい

時代と共に残る名作
EILEEN

EILEENの感想・評価

4.5
人生初の映画館で観た映画。もちろんぎゃん泣き。リキ、、、生きててほしかった
JF

JFの感想・評価

2.8
なんで1匹1匹のワンちゃんの状況がわかるんだろう。南極に誰もいないのに。ラストで感動する前にワンちゃんたちの命に涙。
hirotora

hirotoraの感想・評価

4.0
映画館で観ましたが もう30数年前
南極犬に選ばれた犬達を鎖に
繋いだままにして日本へ帰ることに
その事を後悔し置いてきた事を
元飼い主らに責められもしました
もしかしたら まだ生きているのではと
いう思いで再び南極昭和基地へと
高倉健さん 渡瀬恒彦さんが
タロー ジローの名前を叫び
二匹が走り寄ってくるシーンでは
涙が溢れ出てきました

お二人とも故人となられたのが
残念でなりません
素晴らしい共演をありがとう
ご冥福をお祈りいたします
さくら

さくらの感想・評価

4.0
高校のとき?中学のとき?
金曜ロードショウでテレビにかじりついて一生懸命見た覚えがある。
悲しくて、嬉しくて、めちゃくちゃ泣いた。
Akira

Akiraの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

健さん出演のヒューマンドラマの中でも5本の指に入ると思う。

演出やらストーリーはお涙頂戴的要素が濃くてあまり好きにはなれない。でも、最後の健さんの「おおおおおお!!」を聞くためだけにこの映画を観る価値は十分にある。
父親が連れてってくれた映画。初めての映画館。一生忘れられない。
父に連れて行ってもらった唯一の映画の記録。
そして、父はその正義感のゆえ、やはり他の客とモメていた、という記憶。
>|