八甲田山の作品情報・感想・評価

「八甲田山」に投稿された感想・評価

天は、天は我々を見放した~!


森谷司郎監督 1977年製作
原作 新田次郎「八甲田山 死の彷徨」
主演 高倉健、北大路欣也


勝手にお知らせシリーズ「今日は何の日」
本日は、今を遡ること118年、1902年(明治35年)1月23日に、日本陸軍第八師団歩兵第5連隊(青森歩兵第5連隊)が青森市街から八甲田への雪中行軍訓練中に遭難し、参加者210名中199名が亡くなるという山岳遭難事件が起こった日です。

同時に今回は「午前十時の映画祭ファイナル」に合わせて、遠征して観ることの叶わない地方民のいじけ企画「自宅でゴゼジュー」シリーズのレビューとなります(笑)







さて、映画です。
1977年に映画化された本作は、リードで選んだ「天は我々を見放した」のセリフが流行語になるなど大ヒット。芥川也寸志の音楽も日本アカデミー賞音楽賞を受賞しています。


あまり邦画を観ない僕自身も、何度も繰り返し観ている稀有な作品。これは観ないとダメなやつだと思います。
ただし……
……
……

辛い😭
辛すぎる……。
とんでもない実話ですよ、これ。
日本人の実直さ、気高さ、真面目さ、勤勉さがこれでもかと描かれ、同時に、実直な縦社会だからこそ起こり得る愚直さ、愚かさも描かれる。
まさにこうした気質だからこそ、あの太平洋戦争の悲劇が生まれるんですよね。

自分の頭で考えることの大切さ。
ともすれば、みな同じ方向に向いてしまう国民性。
わが身に置き換えても振り返り反省することしきりです。



1901年(明治三十四年)秋
日本陸軍は、日清戦争では辛くも戦勝を勝ち得たものの、寒冷地では苦戦を余儀なくされた教訓を踏まえ、目下迫りつつあるロシアとの戦争も見据えての訓練の必要性から、冬季の行軍演習を立案、実行しました。
それが"八甲田雪中行軍"です。

僕も北海道の人間なので、冬の怖さは分かっているつもりです。登山も少しするのですが、冬山には登りません。
でも、晴れている日は素晴らしいんですよ~。
"白銀"とはよく言ったものです。
しかし、一旦天候が崩れると、悲惨です。
僕も何度か、こりゃ死ぬかも……と思ったことがありますよね。
そんな中、命令で山に入っていく連隊は、ほんと"スーサイド・スクワッド"( ˘ ˘ )ウンウン


雪中行軍に成功した弘前第31連隊の徳島大尉役が高倉健さん。
そして、遭難する青森第5連隊の神田大尉役が北大路欣也さん。
どちらも真に迫る素晴らしい演技で、泣けましたよ。
特に、ラスト、死体安置所に訪れる徳島大尉のシーン。ここ、高倉健さんのインタビューで見たんだけど、撮影が押して、戻ってみると寒い中、ずっと棺桶に入って待っていた北大路欣也さんがいて、それを知って別れの撮影に臨むと、黙っていても泣けてきたそうです。あの健さんの涙は演技ではなかったんですね。

そして、遭難後、直立したまま仮死状態で見つかったのが新克利さん演じる江藤伍長。この方のモデルは後藤房之助さんで、後に銅像にもなっています。

他に、弟を亡くす前田吟さんやなんとか生きて生還する村山伍長役の緒形拳さん、残念な連隊長の山田少佐を演じる三國連太郎さん、その連隊長に付き従うものの途中から神田大尉を支援する倉田大尉役の加山雄三さんなど、印象的な方がたくさん出ます。一番最初に亡くなるそり隊の兵卒が大竹まことさんだったりね。

しかし、残念なのは、防寒具などにより顔の判別が難しいところですかね。でも、CGもない時代にロケで撮影した凄まじい映画なんです。撮っただけでも凄い(゚´Д`゚)゚。

今回、古い映像しか無くてダメでしたが、今はゴゼジューでも使用された4kリマスター版があるようなので、いずれ見直したいと思います( •̀ω•́ )و✧





最後に音ネタです。
劇中、何度も歌われる軍歌「雪の進軍」
日清戦争のおりに従軍軍楽隊員の永井建子が作詞作曲したものです。「ガールズ&パンツァー」にも出てきます(ˆωˆ )フフフ…

「雪の進軍 氷を踏んで
どこが川やら 道さえ知れず
馬は倒れる 捨ててもおけず
ここは何処ぞ 皆敵の国」
ガルパンバージョンも、ぜひどうぞ( ̄^ ̄ゞ
演習が死の行軍になる過程が怖い。
でも何度も見たくなる。

オススメの見方はWikipediaの八甲田雪中行軍遭難事件のページを1日目から追いながら鑑賞すること。
airi

airiの感想・評価

-
撮影、木村大作先生なのか!
ぬくぬくしながら観てすみません

絵が終始変わらないのに、なぜか引き込まれる不思議な魅力

人は決して学ばない
歴史は繰りかえされる
冬なので雪の映画を観よう!の巻。
暖房の効いた室内で、お煎茶を飲んで干し柿を食べながら観ました…。ごめんなさい…。

偉い人の思いつきに下々の者が付き合わされ散々な目に遭うやつの、めちゃくちゃスケールでっかいバージョン。100年以上経った今でも、カイシャでよく「おちゃめかよ〜」と嘆いている。
そういう時代にいながら観ると、組織が上手くいかないのも冬が寒いのもそれはもうそういうものだから、自分なりの方法でサバイブしていこうな、など思う。

ウールの外套に雪が吹きつけて真っ白になるのが、年に1, 2回ある大吹雪の日を思い出した。
雪面と外套が真っ白なのに対して光の加減なのか顔が真っ黒に映り、世にも恐ろしい画面をつくっている。

午前十時の映画祭で上映されていたのを、なかなか起きれないし3時間もあれば寝ちゃいそうだなと思って結局観に行かなかったけれど、これはスクリーンで観てみたかったなあ〜。
絶望の雪中行軍を臨場感満載で描いた傑作
途中で発狂する兵卒や凍死する士官の迫真の演技には脱帽せざるを得ない。
あん

あんの感想・評価

4.0
情緒殴られ系
日露戦争を目前に控え零下での訓練の為の雪中行軍。旅順攻囲、黒溝台、奉天とか多発的に起きてんねんな、落ち込むわ
キャスト陣が今では考えられないほど豪華な作品である。重厚感のある作品だがまさにそれにふさわしいキャスト陣で演じられている。日本映画史上もっとも過酷な撮影だったと言われており、数名の役者が逃げ出すほどであったという。リアリティを追求するため、本物の八甲田山でロケが行われた。ラストで高倉健が北大路欽也を見て嗚咽するシーンは必見。北大路欽也の「天は我々を見放した」というセリフは流行語大賞になる程、一躍有名となった。

再視聴 2016.02.28
再視聴 2016.02.20
初見不明
「八甲田山に訪れなければ」という謎の使命感に駆られる映画です。
ChieP

ChiePの感想・評価

4.0
【記録用】
明治時代の史実的映画。
戦争の練習?
雪中行軍で多数の死者が…な話。
出演は主役級の大物俳優ばかりで
びっくり。
そんな大物たちが過酷なロケ撮影?
この時点で凄いが。

作戦が異なる、第5連隊と31連隊。
2手に分かれ『八甲田ですれ違う』
目標で出発。
男の約束、が果たせなかった無念。。
高倉健と一緒に泣いたわ(┯_┯)

古き日本の・・・
良い所と悪い所。
受け継がれるべきと捨てるべきモノ。
深い映画であった。
>|