八甲田山の作品情報・感想・評価

「八甲田山」に投稿された感想・評価

れぼこ

れぼこの感想・評価

3.8
上司にお薦めされた映画。
1902年に青森の連隊が雪中行軍の演習中に遭難した事件、「八甲田雪中行軍遭難事件」を題材にした作品。
北大路欣也の台詞「天は我々を見放した」は当時の流行語になったことでも有名。

役者陣のリアルすぎる表情に過酷さが痛いほど伝わる。
実際に起きた事故を扱うからこそか、目に映るもの以上の映像が脳裏に焼き付きました。
高倉健が撮影を振り返るインタビューにて「仕事を通り越してた」と語るのも頷けるほどの演技でした。

映画を通して、こういったことがあったんだなと知れることは大事だなと思えます。
wikiが有名になってたので鑑賞。
人の気が狂って死んでいく姿や連隊がボロボロになっていく様子が本当に怖い。
一番最初に落伍した兵隊さんのあああ!!という声が頭に残っています。
地獄絵図とはこのこと。
雪が全く降らない土地で育ったので真っ白な地獄というこの映画が本当に怖いです。
雪というのはすごいな本当に恐怖です。
もう少し顔が見たかった。
実話をもとにした話というのも凄いですが、
これだけの豪華キャストは素晴らしいのひと言。
組織のトラブルも悪役の三國連太郎が
いい味を出していて、何度見ても傑作。
日本映画を代表する傑作のひとつ、
リメイクとか無理でしょうねー
pompomruby

pompomrubyの感想・評価

4.0
天は我々を見放したぁっ!!!!
雪かきで痛む体を労わりつつ鑑賞。
このタイミングで観ずにいつ観る!

一言行かなきゃよかったのにで済むあたりがやりきれない…。

死屍累々地獄絵図、一人また一人と倒れ伏し時に発狂しながら絶命する様は壮絶以外の何物でもない…。

少しでもマネジメントに関わる人なら必見なのでは?
状況に基づいた判断、経験は必要だけど臨機応変さはもっと必要、退く決断こそ重要なこともある等々…まあ私は関係ないんですけど上司今すぐこれ見た方いいんじゃないかと思います。
責任取って死ぬんじゃなくて過ちを繰り返さない為にも生きて伝えていかないといけないのでは?みたいな。
まあそりゃ無理よね。自分が悪いと言えるだけマシと捉えておきます。

蛇足ですが、第五連隊が目指した田代温泉、是非浸かってみたいと思い調べたところ、旅館廃業により野晒しということが分かりこれは無理そう…と思いました。

ちなみに自衛隊は毎年この訓練やってるらしいですね。

何で私毎回蛇足な感想書いちゃうのかしら。
記録
日露戦争。寒冷地の自然の猛威。
大俳優たちの過酷な激寒の中の迫真の演技。
昔の人たちは本当に日本のために命をかけてくれていた(かけざるを得なかった)
しかし、この八甲田山の犠牲は何のせいなのか?人災、殺人ではないのか、、、
tohtan

tohtanの感想・評価

4.3
重厚な人間ドラマに仕上がっている。森谷司郎監督、橋本忍脚本、木村大作撮影、野村芳太郎制作に高倉健を筆頭に豪華キャストで固めた超大作です。シナリオの素晴らしさに撮影の凄さを思い知らされます。本当に凄い作品です。見応えは充分です。
ゆみみ

ゆみみの感想・評価

3.4
八甲田山雪中行軍遭難事件の映画化。ちょっと予習してから見たので覚悟していたけど、かなりヘビーな内容だった!案内人の有無が運命の分かれ道かぁ。途中かわいらしい女の子の案内人が出てくるシーンだけキラッキラしてたけど、その他は全て地獄絵図です。
二度目の鑑賞。昔、ドラマ版も観たがドラマの方が感動した記憶がある。
あの有名な台詞「天は我々を見放した」で知られる映画。
対ロシア軍との極寒の地での戦いを想定して雪山訓練に向かい遭難してしまう実話を元にした話。
これは人災である。何の下調べもせず人の話を聞かない傲慢上司には怒りを覚える。
上に逆らえないこの兵隊制度も如何なものか。
トイレもできず漏らして凍傷で死んでいく人たちや気力だけでもっていた部下たちを陥れる壮絶な叫び声のシーンは観ていてつらいものがある。
マイナスな言葉は周りの人にも影響するという恐ろしさ。
それにしても訓練とはいえ無計画過ぎる。
冬になる前に一度下見するなどもしもの時を想定したいろんな対策をもっと練るべきだ。
そしてあの格好はあかん!無謀極まりない。
昔の映画で撮影技術も良くなく雪が本当に酷くて5連隊なのか31連隊なのか誰が誰なのかよくわからないほどだった。
あれなら替え玉撮影も可能なほど。
でも健さんも北大路お父さんも豪華キャスト皆がこの過酷な撮影に出演しているのだ。
このロケに参加した俳優陣には敬服する。
特にあの裸の人…。
GT

GTの感想・評価

3.5
寒さにより疲弊し遂には死んでしまう様が非常にリアル。特に気が狂って服を脱いで雪に飛び込むシーンは鳥肌。夜のシーンが多いのと防寒着を深く被ってるせいで顔がよく見えず誰が誰だかよく分からなかったのが残念。
雪山を舞台に、実在の事件を基に。

大所帯のチームがほぼ壊滅状態。

高倉健率いる少人数の部隊が無事に任務を遂行。

えーなんで そうなるん!って何回も思う。
山も雪も怖いけど人が1番ヤバい。
>|