ニューヨークの巴里夫の作品情報・感想・評価

「ニューヨークの巴里夫」に投稿された感想・評価

バナナ

バナナの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

三部作のなかで、1番好き。
元サヤにおさまったかー!
子供達が絶妙だった。
ふす

ふすの感想・評価

3.6
コミカルで風刺的。
パリジャンの特性をNYで炙り出すという発送が面白かった。

哲学的で詩的なパリジャンの部分が出て、セリフが分かりにくいところもあったけど。
一言ずつ大事なことをポロッとこぼしてくれる登場人物が、主人公を導いていくような映画は嫌いじゃない

たまに見たくなるような、映画
MARIE

MARIEの感想・評価

3.0
ダメ男だけどなんだか親近感のあるXavier。何が面白いんだと思いつつ最後まで見てしまった!

スパニッシュアパートメントに引き続き、英語、フランス語、スペイン語、中国語が聞こえてとってもインターナショナルな映画。
uringo

uringoの感想・評価

3.3
スパニッシュアパートメント、ロシアンドールの3部作だったとは・・
知らなくて3部目のこれを最初に見てしまった、、、

友人がスパニッシュアパートメントが面白いとすすめてくれていたので
いつか見ようと思っていたのだけど、
これが3部目ならばどうかな・・・。
面白くないわけではないけど、3部も見るほどではないかも。

1作目のスパニッシュアパートメントが一番面白いというパターンなのかな。。?
sugi

sugiの感想・評価

3.2
スパニッシュもロシアンも忘れたけど、ビフォアシリーズのコメディ版みたいで好き。
どっちも小説家になってるわな。なるほどね。
manaka

manakaの感想・評価

3.5
私も早く紆余曲折した先に行きたい…
その前にはまず紆余曲折しなきゃ…
カイリ

カイリの感想・評価

3.6
レビューでは皆さんシリーズものと知らず後悔している人が多いようです。ちなみに
1作目が『スパニッシュアパートメント』(2001)25歳のグザヴィエ
2作目が『ロシアンドールズ』(2005)30歳のグザヴィエになります。過去2作を見ていなくても相関図もさほどややこしくないので十分作品にのめり込めると思います。




あ〜自分も前情報ちゃんと調べておけばよかったーっと、少しですが本当に少しですが後悔してます。
とまこ

とまこの感想・評価

4.3
グザヴィエの長〜い迷路の様な人生もようやく完結。アラフォーにもなれば皆良い感じに大人になってた。このシリーズ大好きなだけに昔の仲間が出てくればさらに良いのにって思う。
Yektnzw

Yektnzwの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

グザヴィエはクズじゃない、愛おしいヘタレだ。

人生は複雑なのが普通。

マルティーヌが元サヤを提案するシーンで
「愛っていうのは、未知のものと向き合うもの、情熱が必要だ」って言うグザヴィエに、「愛を知らないのよ」って答えるマルティーヌ。
でも一周回って愛が何も起こらない日常にあることにグザヴィエも気づいていたんだろうな、と熱くなるシーンがたくさんあったなー。

妻(仮)のチャイニーズアメリカンがすごくかわいらしい人で三部作に出てきた女性のなかで1番好き。
そしてあのドタバタ感は一作目を思い出して楽しくなった。
あと時折出てくるスペイン語も彼らが若かりし頃を思い出してエモくなれるのでいい味付け。

グザヴィエがとりあえず幸せそうでよかった。


セドリック・クラピッシュ監督による「スパニッシュ・アパートメント」「ロシアン・ドールズ」に続くシリーズ第3弾。今度はニューヨークを舞台に、40歳となった主人公グザヴィエの恋と友情をめぐる優柔不断で悩み多き混乱の日々を綴る。出演は引き続きロマン・デュリス、オドレイ・トトゥ、セシル・ドゥ・フランス、ケリー・ライリー。
 かつては何人もの女性の間でフラフラしていたグザヴィエも40歳となり、今では妻ウェンディと2人の子どもとパリで平穏な日々を送っていた。そんなある日、子どもが欲しいという親友のレズビアン、イザベルに頼まれ、精子提供したことがウェンディにバレてしまい、一悶着。さらにニューヨーク出張から戻ったウェンディが、向こうに恋人ができたからと突然の別居宣言。2人の子どもを連れてニューヨークへと旅立ってしまう。すっかり途方に暮れるグザヴィエだったが、やがて居ても立っても居られず自分もニューヨークへ。何とかして子どもたちの側に居続けたいと、グリーンカード取得に奔走するグザヴィエだったが…。
>|