スパニッシュ・アパートメントの作品情報・感想・評価

「スパニッシュ・アパートメント」に投稿された感想・評価

icoshi

icoshiの感想・評価

4.7
2018/4/15

これ国際的な交流とか興味ある人が観ると良いかも。僕自身、そういうのに興味があるのでそういう面で色々勉強になるなと思いながら観ていた。

この映画のテーマは混沌。共同の冷蔵庫の中みたいにいろんな国、人、ストーリーがごちゃ混ぜに詰まっている。各々のアイデンティティをみんな手探りで理解し合っている感じ。自分の国から飛び出さなきゃ直面しないことだらけ。

ウェンディのお喋りな弟のくだり。国のイメージでその人を見ちゃいけないとか、頭じゃわかっているんだけど話題のつなぎとかで出てしまうんだよな。スペイン人は誇りが高くて、ドイツ人は几帳面で、とか。そう考えると、相手国の歴史や時事に対して中途半端に無知だと触れちゃいけない地雷だらけじゃないか?ヒトラーのジョークとかは絶対に言えないしな。(とか言いつつ実はこういうので猛省した出来事が去年あって。。この場を借りて懺悔するけど、初対面のドイツ人と色々話している時ヒトラーの名前を出してしまったこと..。それが原因か、その後連絡取れなくなったorz 自分の無知さ加減に恥じ入ると共に、やっぱ“名前を言ってはいけないあの人”なんだなと思いました)

少なくとも現段階の日本では、そういう風に国籍にイメージを押し付けるような考え方が根付いてると思う。あるいは、外国人から日本のイメージラベルを張り付けられることに喜んでいるというか。そういう番組の多いこと...あれ見てて(見てないけど)恥ずかしいから本当にやめてほしい。。クールジャパン()とか日本スゴイみたいなオナニー番組、国民度に関わるからやめてくれ..

旅立ちの不安感とか、帰ってきてからの喪失感とか。帰ってきたけど戻りたいという思い。長かったようで短かった1年間は、よくも悪くも主人公の人生を変える出来事だった。
この映画が僕の今後やることのキッカケになって欲しい。
公開当時日本ではまだルームシェアが一般的でなく、おしゃれな生活だなと思いましたね。別に憧れないけど。
haru

haruの感想・評価

-
脳の構造を説明するくだり好き
編集がちょっと個性的で、いわゆるフランス映画っぽくはないけど面白い
.
オドレイ・トトゥの印象が強い
非モテがレズの入れ知恵でセックス上手くなって人妻がメロメロになる話(違)
知人に昔DVDをもらって見たのも忘れてたけど、続き見たいなー。
Rika

Rikaの感想・評価

3.8
書類無くして、私のせいじゃないっていう職員が冒頭だから、ステレオタイプばかりの話かと思ったら、ドイツ人の時間通り、きっちりっていうclichéを否定してたりで、良かった。

浮気してて、彼女に振られて悲しむのとか理解できなかった!

とりあえずスペイン楽しそう🥘🇪🇸
舞台はスペイン。
主人公は仏人留学生。ルームシェアするのは伊、独、英、デンマーク、スペインの多国籍な人々。

紋切り型の「○○人は……で~」のような話になると思いきや、それを否定するメッセージ性があった。

英国女性のウェンディの弟がまさにそんな人物で、滅茶苦茶叱られている。笑

時代的にEUが成立して間もない頃。
「互いのアイデンティティを尊重して手を取り合おう」とする精神に満ちている。皮肉にも現在のEUはそれと逆に進み、この精神の難しさが現れている…

あと編集技術も細かいし、それで笑いを取っているところもある。

ネタバレ↓
・空港で出会った脳外科医は「ネトラレ願望」でもあるのかという行動を見せつけていたが、本当にネトラレていて笑った。なのに逆ギレ展開&お別れ会に出席という謎行動…
彼自身も脳検査が必要!
・ウェンディのキャラが最高!基本真面目で、しっかりハメを外せる人は素晴らしい!
Eve

Eveの感想・評価

3.8
恋愛クズ男くんとシェアハウスの住人がワイワイ楽しんでるストーリー
後半のテンポの良さとごちゃごちゃ具合がだいぶおもしろかった
haruharu

haruharuの感想・評価

3.5
このバルセロナ留学は彼の人生の宝になったんじゃないかな
正しいレディオヘッドの使い方
パリに住む25歳の青年グザヴィエは恋人のマルティーヌを残し、バルセロナへ単身留学。
彼は国籍も性別もそれぞれ違うヨーロッパ各国からやってきた学生たちが同居する部屋に住むことに。
イギリス、ドイツ、イタリア、デンマークの男女との生活は混乱の極みだったが、彼らの存在は、平凡な彼の人生に大きな刺激を与えることになる。
そして進むべき道が見いだせなかったグサヴィエが、バルセロナで知り合ったさまざまな人々との交流を経て成長していく姿を描く。


ヨーロッパでのスペインの立場だったり、スペイン人ならではの振る舞い方や品格がとてもよく描かれており、スペインから見るヨーロッパ各国の見方や印象が見られてとても興味深く描かれている。
ルームシェアを経験したことで自分の人生に多大な影響を与えたことは大きいが、恋人とは離ればなれになりすれ違いことも多く別れることになる。
人生にとって貴重な経験ができ得るものも大きかったが、愛する人を失ってしまった。
だが小さい頃からの夢であった物書きになるという夢を追うことをまた目指そうと決心できたことは彼にとって一番の幸せなことかもしれない。
hayase

hayaseの感想・評価

4.6
僕ね、もっかい見たい!何度でも見たいって映画はbookoffにdvd売ってたら買う人なのね。今までは、恋愛小説家、ゴーストワールド、レオン。トレインスポッティング 。あと17歳のカルテとか。

この映画もそれ。dvdあったら買うわ。
まじで見て。
>|