雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

KT

KTの感想・評価

3.6
奥さんを亡くしてからの、主人公の暴走?っぷりが、面白いですが、個人的には、いまいち共感しづらい映画でした。
carc

carcの感想・評価

3.5
原題「破壊」の通り、妻を失って心をなくした男が、色々なものを破壊しながら再生していく物語。

芸術的でひねった表現もありながら、破壊と再生というテーマが分かりやすくて抵抗なく観られました。

男の子がいい味出してます。
ogcfc

ogcfcの感想・評価

4.0
20180604/DVD
愛着障害があるような男が主人公の映画はだいたいお気に入りになる。”Fxxkin~”についてのクリスとの会話が良かった。〈感想はもう一度鑑賞してから書きます〉
kaziyan

kaziyanの感想・評価

3.8
原題と邦題、どちらも正しい。
解説聞かなきゃ気付けないよ💧
「遠い空の向こうに」のコンビが観られただけでも良かった
andy

andyの感想・評価

3.8
無関心だった
だけど、彼女の残像がちらちらと出てきて
物を壊す度に大きくなって
本当は無関心なんかじゃなかったんだって気付いたり
やりたいことがみえてきたり。
最後の付箋のメモは、とてもわかりにくいけど、え??なんだったのかな…と最初は思ってしまうけど、
やっぱり美しい。
人の気持ちなんてこのくらいわかりにくいし自分でもよくわからない。登場人物それぞれが向き合ってる気持ちの複雑さをすごく現していると思う。

音楽よかった!
ヘッドフォンして街をクレイジーにぶらついてるの最高だった。あと男の子が美少年!
「壊す」という行為は暴力的で危険なものだと見ることも出来るが、毛繕いと同じように他者、自分への関心がないと成立しないので、ある意味では「愛する」ことへの1つの近道でもあるような気がした。
kenji77760

kenji77760の感想・評価

3.0
邦題の意味が分からなかった。でも解説を聞いてやっと分かった。なるほど、あの付箋にはそういう意味があったのか。
破壊を繰り返すことで、結局自分は破壊されなかったから、良かったね。
いやぁ面白かった。
Luna

Lunaの感想・評価

-
なぞなそのような邦題となぞなそのようなストーリーだった。
難解でレビューが難しい。愛はあったのか。妻にはあった。あったから寂しかったんだ。夫はそこにある幸せに気付かなかったというより、不自由のない暮らしは幸せではなかったのかもしれない。人は苦境あってこそ、初めて“幸せ”を感じることがてきるのだから。妻の“死”でなく“不貞”により感情が動いたのは、やっぱり男だなと思った。この先、ずっと妻を愛していくんだね。いい映画でした。
まー

まーの感想・評価

4.5
これはずるいぞ。あれは泣くでしょ。

夫婦のあり方についても考えさせられて、元奥さんに対して少しだけ申し訳ない無い気持ちになったというか、反省しました。(お互い様だけどね!)

ジャン・マルク・ヴァレ監督作品は「ダラス・バイヤーズ・クラブ」は大好きでしたが、「私に会うまでの1600キロ」は虫唾が走るほど嫌いでして、今作は映画館スルーしたのですが、劇場で見るべきでした。反省。

正直、途中まではメタファーがしつこくて、心理学や精神医学のお勉強はいらないわーと思って観てましたが、全てラストへの布石となってるんですよね。
映像演出や編集も見事でした。合う合わないはあると思いますが、私はどストライクでした。おしゃれ。

ジェイクは安定の名演。あのシーン、最高でした。
あの男の子もかわいかったー。ニコってするシーンだけでも全てが救われた気がしました。

邦題は原題と全然違いますが、この邦題だ良かったと思いました。久々に良い邦題。

このレビューはネタバレを含みます

家ぶっ壊すとき俺も誘って欲しかった。
いやしかし泣いた。久しぶりに。
>|