大人は判ってくれないの作品情報・感想・評価・動画配信

みんなの反応
  • 子供の純粋な感情を描いた作品
  • 主人公の男の子が自分の信念を貫く姿が印象的
  • 映画の身体性や音楽とのシンクロ率が高い
  • 親や教師からの制裁と子どもの抵抗がテーマ
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『大人は判ってくれない』に投稿された感想・評価

トリュフォーの自伝的作品で、両親をはじめ大人の理不尽さに翻弄される少年の心理と葛藤を描いた、というのが正当な評価だろう。それに異論はないのだが、家族、あるいは家庭なんて多かれ少なかれ、もともとそんな…

>>続きを読む
こなつ

こなつの感想・評価

4.0

フランソワ・トリュフォー監督が27歳で発表した長編デビュー作。12歳の少年を主人公に描いた監督の自伝的要素の強い作品ということで、感受性豊かな思春期の少年のリアルな日常が興味深く描かれている。195…

>>続きを読む
reitengo

reitengoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

途中まではただの家族映画、反抗期の少年の映画かなと思わせ道を外していく少年を上から目線でぼんやり見ていたのだが親から鑑別所送りにする辺りから様子が変化していく。父親は実父ではなく、母親はすっかり息子…

>>続きを読む
あだも

あだもの感想・評価

3.5

大人が望む子供らしさとは正反対の悪ガキ、アントワーヌ
不条理な世の中を生きていく少年を見ていると、複雑な気持ちになるね
アントワーヌが不良少年になった責任って、少年にはないんだよね
でも、どうにもな…

>>続きを読む

12歳の少年の小さな反抗を、詩情豊かでおおらかなタッチで描いた、トリュフォー監督の長編デビュー作。

スポーツも勉強もできない少年が、映画だけが好きだという設定がいいなあ。

本編で主人公の少年が、…

>>続きを読む
以前に鑑賞。昔のモノクロで脚本が秀逸。ある意味タブーに触れる事が題材。フランスらしい洒落た映画。邦題が素晴らしい。
NA

NAの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ラスト、海に向かっていく場面、死ぬのかな、そうだよなー、とフライングで悲しくなっていたら、急に振り返って初めてこちら側と目を合わせるもんだから、そんでそのまま終わっちゃうから、辛くても生きるほうを選…

>>続きを読む
鑑別所に向かうトラックで涙を流すシーンがよかった。初めて子供らしさがみえて。走って脱走するシーンも素敵。もっと走れと応援した。
SyonL

SyonLの感想・評価

-
季節が巡り巡っても、いつまでも語られ、残っていく。そんな作品。
mei

meiの感想・評価

-

両親も教師もあんな感じじゃ、大人は判ってくれないになるよなあ...
ジャンヌ・モローとジャン・クロード・ブリアリがちょこっとだけ出てて豪華。ご飯くすねてくれたり面会に来てくれたり、ルネとの友情が可愛…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事