雨の日は会えない、晴れた日は君を想うの作品情報・感想・評価

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う2015年製作の映画)

Demolition

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:101分

3.7

あらすじ

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった―。 自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの―妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自らの自宅までを壊し始めたディヴィス。 すべてをぶち壊してゼロにする―。 “破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは―?喪失と哀しみ、そして再生への旅路を描いた物語。

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」に投稿された感想・評価

nannahanae

nannahanaeの感想・評価

3.6
小粋。ジェイクギレンホールの演技が素晴らしい。現実だと静で表現されがちな心情を動で表現してて、ちょっとわかるなーってなる。クリスも絶妙だった。途中、iPhoneのCMかな?って思うようなオシャレシーンがこれまたいい。
Sanko

Sankoの感想・評価

2.0
うーん。途中から早送り鑑賞に。期待していただけに、ちょっと、残念。
Komi

Komiの感想・評価

3.8
「破壊を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは-ー」

ってあらすじには書いてありますが。


本当に大切なものとは何だったんでしょうか?彼はそれがわかったんでしょうか?
どれがきっかけで彼は感情を取り戻せたんでしょうか。

突然の喪失に感情がついていけずに、それまで通りの日常を送ろうとしてしまう。そこはとても理解できたんですが。

難しくて一度観ただけでは整理てきませんでしたが、なんか良い作品だったのは感じられました。

自販機会社にクレーム出して繋がる縁、って、不思議で素敵です。仕事だからではなく、心で感じて反応してくれる人と出会えた。人との縁って、計算ではないんですよね。
maochi

maochiの感想・評価

-
タイトル負け。もう少しロマンチックなものを期待していた。ファック。
破壊からの再生。
「おまえだったらよかったのに」とか「産めばよかったのに」とか、遂に膿を出し切った。
穏やかなメリーゴーランドがデイヴィスを癒していくね…
森川

森川の感想・評価

3.9
愛しきれなかっただとか、壊したいだとか、本当に人間はどんなシンパシーで繋がるか分からないなって思わされる。デイヴィスが妻の話を出来たのが、親身に気にかけてくれた義父ではなくて、たまたま電話をかけた顧客対応の人だったのは心苦しいけど、仕方ない!ある程度関係の無い人になら、っていうのも分かる!し、そこで得たカレンとクリスとの関わりと"demolition"で自分(妻)と向き合って、少しずつ綻んでいくデイヴィスがドチャクソに魅力的だった。雨上がりに光ってるみたいだった。クリス役のジュダ・ルイス君をガン推しする!!!
じゅん

じゅんの感想・評価

3.8
初見の感想は、『ん?結局...え〜っと...ん?』となったのが素直な感想です。
考察を読んでもう一度観るとストンと気持ちが入ってきて自然と涙が出ました。

邦題がいまいち?
ジェイクギレンホールが更に好きになりました!あと音楽がよかった!
誰しもに起こりうるすごく人間味あふれる映画 。
最後には自然に涙が流れる感じ 。
何回見ても飽きないと思う 。
ちろる

ちろるの感想・評価

4.0
ジェイク ギレンホールは好青年役よりもちょっと逝っちゃってる目をした役の方がとっても輝くと私は個人的に思っているんですが、同意見な人がいたらこちら是非オススメです。
「破壊と再生」を描いた作品は数あれど、ほとんどは再生物語に重きを置いた美談。
でもこの作品はそれとは違くてもう破壊、破壊そしてまた破壊。
交通事故で妻を失ったというのに全く涙が出ないディヴィスが全く見えない自分の心と向き合う心の繊細な動きを静かに描くのだと思っていたら、まぁあまりに大胆に壊れて行くのに無表情な主人公にチョ、チョマテヨ!と突っ込み入れたくなるくらい心がついていけなくなり思わず一時停止したよね。

きっと、本当は壊れそうなのに壊れないように必至に保っていた過去の彼の心はとっくに壊れていたから、悲しきかな妻の突然の死はこの彼の奇行のきっかけに過ぎない。
何もかもがぐちゃぐちゃになって他人の目も気にせずに壊しまくったら、見えなかった妻の弱さとかも見えてきて、そしたらディヴィスの人間的な感情が少しずつ戻ってくる後半のジェイクの演技にはすっかりハマってしまった。
「壊れたものは一旦全て分解してみるしかない。」
そりゃそうなんだよ、そうなんだ。
みんなそんな事簡単にできるなら、苦労はないからこんな風にめちゃくちゃにするディヴィスに自分を重ねて、ちょっとだけ清々しい気持ちになるのだ。

ディヴィスと同じく自分に向き合えない弱さを持つカレンを演じたナオミ ワッツも、その息子クリス役のジュダ ルイスも本当に魅力的な演技だったので、台詞がなくても伝わってくるカレンとクリスの繊細な心の動きとちょっとの変化もさりげなくて、3人のぎこちないけど繋がっていく様子がセンス良く描かれていて好きだった。
いたって真面目なストーリーなはずなのにシュールで滑稽なディヴィスにちょっと笑わせてもらえた。
もっと鬱屈とした内容かと思っていたから予想に反して割合心地いい余韻に浸れるの作品だったし、人によってはストレス発散になるかも・・・?笑
nait

naitの感想・評価

3.7
映画的な見せ場や大どんでん返しっていう解りやすい大ネタはないし、ド派手な見せ場もあるわけじゃないけど。自分だったら、とか考えさせられる内容であった。

交通事故により目の前で妻を亡くした男。彼は妻が死んでも何の感情も湧かなかったが、ふとしたきっかけで、ある母子と出会い、自分の中で何かが変わっていく。

タイトルの意味がわかる時、確かにぞわぞわした。普段の視点と言うか在るものがあって当たり前という思いでは見えないものがあるんじゃないかな。

人なんて自分ですらわかんないことがあるのに、他人の事なんて完全にわかる訳もなく。とはいえもがき苦しみながらも誰かを思わずにはいられない。

さすがジェイク・ギレンホール。
作品選びに定評あるだけあって、
一味違う作品選びしてるな。
>|