鈴木家の嘘の作品情報・感想・評価・動画配信

「鈴木家の嘘」に投稿された感想・評価

鎌谷

鎌谷の感想・評価

4.0
見るタイミング間違えたかもしれない。少なくとも失恋した時に見るような作品じゃないね。とてもいたたまれない気持ちになったり、コメディな部分が笑えなかったり…

"喪失"の物語を、重くなりすぎず軽くなりすぎず。絶妙なバランスで描かれていたと思います。回想シーンの多用は、見方を変えたらこう見えるという風に捉えたけれど、クドいと感じるかもしれない。予告編では"嘘"がメインのような感じだけど、きちんと家族のひととなりが描かれるので、だからこうしたんだって納得できる。

本編からそれるかもしれないけれど、妹が参加した会のメンバーの「生む資格…あるかな」に、生と死を描いている中でのセリフとして深かったと思います。セリフは全体的に丁寧に大事に書かれているから、心に残りました。

お母さん原日出子さんの名演技!妹の木竜麻生さんの独白が個人的には一番よかった。あのシーンにかなり心をもってかれた。岸部一徳さんのお父さんがなかなかつかめなかった。当の本人、兄の加瀬亮さんが最後の最後にって感じで、ね。

あらすじに"感動作"と書くのはどうなんだろう?そんな風に泣かせようとはしてないよ。
tsubottlee

tsubottleeの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

:
木竜さんも岸部さんも原さんも
色合い、雰囲気含めて
とっても素敵だった…
--------以下ネタバレ含む-------
:
誰も悪くないから
イブにも責任の可能性を残してほしくなかった。
結局さらっても理由分からへんやん…か
実はメッセージがあっておかんも悪くないって言って欲しかった。
yu

yuの感想・評価

4.0
息子が自死した部屋に蝙蝠が舞い母への嘘と優しさが降りそそぐ。
森野

森野の感想・評価

4.0
ほんわかした映画かと思ってたらクソ重だった。

出ている役者さんがみんな迫真の演技。
大切な人に自殺されちゃった人達の悲しみと苦しみが痛いくらいに伝わってくるようだった。
みんな、なぜ死んでしまったのか?という理由を知りたくて、でもわからなくて、自分を責めて…

重いテーマだけど、ちゃらんぽらんな大森南朋の存在やクスッと笑える感じのジョークがいい塩梅で盛り込まれていたし、
お父さんのソープ通いやコウモリの伏線も綺麗に回収され、観終わったあとはとても爽やかな気持ちだった。

加瀬さん、ぜんぜん出番ないけどすごいよかったなぁ~
kojiメン

kojiメンの感想・評価

2.5
内容が、
辛すぎ。
リアルすぎ。
悲しすぎ。
けど、
ラストの霊媒師は不要すぎ。
kuuki

kuukiの感想・評価

3.2
フィクションなんかじゃないってこと
考えさせらる。
だけど、ちょっと笑える。
masa

masaの感想・評価

3.6
長男の自殺によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアを交えてあたたかく描いた話。

鈴木家の長男・浩一が突然亡くなった。そのショックで記憶を失ってしまった母・悠子のため、父・幸男と長女・富美が嘘をつく。
それはひきこもりだった浩一が部屋の扉を開き、家を離れ、世界に飛び出していったという、母の笑顔を守るためのやさしい嘘だった…

鈴木家の長男の浩一(加瀬亮)が急逝し、母の悠子(原日出子)はショックで倒れてしまう。
浩一の四十九日に父・幸男(岸部一徳)は、娘の富美(木竜麻生)、幸男の妹・君子(岸本加世子)、アルゼンチンで事業をしている悠子の弟・博(大森南朋)と悠子について話し合う。
そこに彼女が意識を取り戻したとの知らせが届き、彼らは病室に駆け付けた。
悠子から浩一の様子を聞かれ、富美がとっさに博の事業を手伝うためにアルゼンチンにいると嘘をつくが…

何事も嘘をついてはいけません。しかし、死んでる長男を生きていると思わせるため、ここまでするかという巧妙な嘘をつく。

残された家族のトラウマ、葛藤を比較的コメディタッチで描いているので重いテーマの割には見やすい。
VEL04

VEL04の感想・評価

3.0
ポスターやタイトルのイメージよりはるかに暗く重い内容だった。
役者さんたちの演技はとても良かった。特に原日出子は良かったなぁ。💮
岸本加世子のキャラは嫌な感じだったが、ああいうタイプの叔母さんは大体親戚に一人くらいはいるね。弟の大森南朋を責めるシーンがあるけど、どうなんだろう。弟も下の世話なんか手伝うべきなんだろうか。ウーン違うような気もするけど、分からん。
最後の終わり方はよく分からなかった。何の荷物を積み込んでたのだろう。引越しでも無さそうだったが。男爵の店員も何で電話を掛けてきたのか、どうやって電話番号が分かったのか。イブちゃんとの対話シーンがもうワンカット欲しかった。
まむむ

まむむの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

観たかったやつをようやく。。

そこそこ良かったです。
イブちゃんの辺りのストーリーがイマイチ判りにくかった。。

お母さんが包丁を持ってお兄ちゃんの部屋に駆け戻った理由、思った通りだった。なんとか助けたかったんだよね。。

最後はさらっと終わったけど、割りと好きな終わりかただった。
けど、引っ越しなのかお出かけなのか、ちょっと状況がわかりにくかった。。。

このレビューはネタバレを含みます

テーマとしては自殺なので重辛そうではあるけど、実際は淡々とした空気に笑いが添えてある結構ドライな映画。ただ冗談みたいだしおかしいだろと第3者は思うかもしれないけど登場人物はみんな真面目に行動しているし、そこが見ていて辛く感じる部分でもある。引きこもりの家族が自殺をしてどう日常が変わるのかどのように受け止めるのかきちんと向き合っている映画。

後半でのお母さんの自殺を目撃した後のとっさの行動には言葉が出なかった。
>|