キャロルの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

ミリ

ミリの感想・評価

3.6
レズビアンって言葉に当てはめたら簡単なんだけど、そうじゃない。そんな言葉のなかった時代。

同性同士でもなんだか気になって仕方ない人って、人生の中で一人はいるよね。人間的魅力なのか、単に美への憧れなのか、なんなのか言葉に出来ない感情。女子校時代が思い出された。
KEI

KEIの感想・評価

3.5
ケイト・ブランシェットは美しすぎるし、ルーニー・マーラは可愛すぎるし観ているだけで素敵なのに、ストーリーが切なくて苦しい。うまく言えないけど、好き。
AKANE

AKANEの感想・評価

-
ケイト・ブランシェットが綺麗。謎多き大人の女性って感じ。ちょっと自分勝手な感じもした。
あと親権で絶対に争いたくないと思った。
kano

kanoの感想・評価

4.5
大人の映画。クリスマスシーズンに見たくなる 少し切なくてドキドキする。
ケイトブランシェット考察の為 。
主役二人の目が印象的な映画。
Christmasシーズンにはタイムリーで、どのシーンも美しい。

性的マイノリティに対する偏見にかなりビックリした。なんだかんだいって、現代はかなり進化?しているんだなって感じる。

ただ、どちらの女性にも、真剣にその人との人生を考えてくれている異性のパートナーがいるのになあ~という複雑な思いも感じる。

そういう意味では、最後にキャロルが不敵な笑みを浮かべているようにも解釈できる。
Yui

Yuiの感想・評価

3.6

とても惹かれた。
とても上品で色っぽくて美しい作品だった。

——————

マリアンヌもそうだけど、美しくて繊細な作品はレビューを多くかけません。

——————

心に響いたセリフ
「私たちは醜い人間ではないはずよ。」

——————

日本人であることに満足してるのでほかの人種に憧れることはないけど、

白人のブロンド×赤の口紅

だけは、憧れる。

——————

クリスマスのニューヨークのおもちゃ売り場に行きたい。
totomovie

totomovieの感想・評価

4.2
美しいシーンの連続で最高だった…
クリスマスシーズンのルーニーマーラとケイトブランシェットなんてもうそれだけでいいに決まってる。
この時期ににこれをプライムに追加してくれたAmazonありがとう。
dodo

dodoの感想・評価

4.5
目を奪われた瞬間から心を奪われる。
美しく、気高くそして寂しげなキャロル。
同姓に恋をするのは、わからなくもない。
異性同姓関係なく只、一人の人を愛しただけだ。
傷ついても、そばにいたい
失っても奪いたい
其れが人だとおもう。
mako

makoの感想・評価

2.5


嘘でしょ!?本当にドラゴンタトゥーの人!?ってぐらい綺麗で可愛くて驚いた。

クリスマスがもう少しでくるっていう日に見るにはいい映画かもしれない。二人の本当は同じ気持ちなのにすれ違ってる感じが、なんとも美しかった。

どんだけ悲しくて傷付いても前に進むんだよね、人は。
>|