キャロル(2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    トッド・ヘインズ
    脚本
    フィリス・ナジー
    キャスト
    ルーニー・マーラ
    ケイト・ブランシェット
    サラ・ポールソン
    カイル・チャンドラー
    キャリー・ブラウンスタイン
    ジェイク・レイシー
    ジョン・マガロ
    ケヴィン・クローリー
    あらすじ
    1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

    「キャロル」に投稿された感想・レビュー

    m
    mの感想・レビュー
    4時間
    3.3
    キャロルの大人の女性としての雰囲気と.まだ若くフワフワとしていながらも好奇心のあるテレーズの2人のバランスがすき

    あんまり同性の恋愛などは自分が感情を重ねて見る事ができないので.どうしても客観的になってしまうけど.これはただただ美しい映像として違う形だけどすっと入ってきた
    ルーニーマーラのあのなんとも言えない引き込まれる様な瞳に
    キャロルが言った天から落ちてきた人とゆう表現がぴったりだった
    言い回しも素敵
    こうさく
    こうさくの感想・レビュー
    5時間
    3.3
    記録(途中放棄)
    OS
    OSの感想・レビュー
    6時間
    3.6
    記録
    riosa
    riosaの感想・レビュー
    6時間
    3.7
    記録
    2017/3/17
    Y
    Yの感想・レビュー
    6時間
    4.0
    美しい映画
    やこ
    やこの感想・レビュー
    9時間
    3.8
    レールの上を回り続ける精巧で美しいミニチュアの列車はキャロルの人生の象徴だ。自分でハンドルを握り、自分で選んだ人との旅もそれと違いはなく、あくまで制限付きの自由時間だった。
    それを彼女は誰より分かっていただろうし、なにより今の人生にも娘という大切なものがある。自分自身を見据え続けてきたのだろうと思わせるクールな立ち居振る舞いは完成されていて、優雅。魅了されずにはいられない。

    お客と店員という立場で出会うキャロルとテレーズがどういう展開で親しくなるのだろうと思ったら、キャロルがガッシガシに口説くあたり最高だった。ルーニー・マーラの、放っておけないというか、吸引力の強い魅力もハマってる。

    列車が一巡するのと同様、物語もオープニングに戻る。テーブルを挟むふたりの関係の意外さ。全部が元に戻ったわけではなく、むしろ元には戻れない。これからふたりが新しい道を歩くんじゃないかと思える終わりかただった。
    雨粒
    雨粒の感想・レビュー
    11時間
    5.0
    キラキラの装飾、クリスマス
    洋服、小物がどれも可愛らしくて、二人にぴったり
    ぽんちょ
    ぽんちょの感想・レビュー
    11時間
    -
    キャロルは、パトリシア・スミスの原作を映画化にした作品。1950年代のニューヨークを舞台に、クリスマスも近く、雪の降るとても寒い季節に臨時アルバイトで玩具販売員をしていたテレーズの目に、一人の高貴な女性が飛び込んでくる。綺麗にカットされたブロンドの髪に、真紅の口紅、高級そうなコート、そして透き通るような白い肌を持つ、キャロル。二人はお互いに惹かれ合い、恋に落ちるが、同性愛者を理解してくれる人間はいなかった。
    ぼくはこの原作が、今から50年以上も前に出版されていたことに驚きつつも、最後の離婚調停中のシーンでキャロルが自分を偽ることなく同性愛者としての誇りを損なわない形での生き方を望んだ姿勢に、心が動いた。なによりも、自分らしく生きることに勇気を与えてくれる映画であった。
    maochi
    maochiの感想・レビュー
    12時間
    3.5
    素敵だ。キャロルと同じマニキュアの色にしたい。
    りん
    りんの感想・レビュー
    13時間
    4.1
    香り立つような色気と、重厚な音楽と、テレーズ(ルーニー・マーラ)の瞳と。
    ずっと見てはいけないものを見ているような、ドキドキしてしまう映画だった。

    最後にはキャロル(ケイト・ブランシェット)に完全に惹かれていた。

    ドラゴンタトゥーの女のイメージが強かったけれど、これほど純粋で複雑な女性役にピッタリくるとは……

    服装、小物、自動車…色々含めた映画の世界観に惹きこまれる作品だった。☆4.1
    >|