キャロルの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

macha

machaの感想・評価

3.5
人が恋に落ちる瞬間はとても美しい。その場面を観て、私も一緒に恋に落ちた気がした。
山田

山田の感想・評価

1.3
よくわからなかった。どこのそうを狙っているのか。女の子達に「おしゃれ!憧れる!」って思って欲しい感じの映画なのか?...キャストが美人じゃないから特に思う人もいないのかな‥。
ただ、同性であるというのを異形として取り扱ってないのは良かった。
記録。

頑張って観たのよ!
30分、必死こいて観たの!
巻き戻ししつつ…
一時間経たないうちに撃沈。
息子ちゃんに起こされた。

いやさ、最初の30分で心掴んでくれなきゃ寝るって!YOU!!やっちゃいなよ!だよ。
綺麗ねぇー可愛いねぇーじゃ眠さにはかなわぬ。でろーんとした時空に私がでろーんとなったわよ!なに?デパガ?カメラマン?なんなん?寝ちゃったのでわからぬ。

返却日ってコトで諦める、延長料払うほどはなさそうです。
⬆︎ ちゃんと観てないのに文句たれてごめんなさい。
私がダメなのよ。(=TェT=)


H29.08.17 鑑賞ならず
ドラマチックな恋愛ほど周りの人間が傷つくんだよな
ooyan

ooyanの感想・評価

3.4
ご飯にはじまりご飯におわります。
rsn

rsnの感想・評価

3.8
とてもよかった
penpen

penpenの感想・評価

3.0
「眼福」

主演女優2人の美貌はもちろん、1950年代の街並みや、車、ファッションの美しさも素晴らしい。
全然古臭くない。

ケイト·ブランシェットの古風な顔立ち、そして凛として気品ある雰囲気は、ドライマティーニもタバコも良く似合う。後半につれて情緒不安定になり、崩れていく様も美しい。

ルーニー·マーラーは『ドラゴンタトゥーの女』の時とは一変して、純粋無垢な印象。ケイトとは対照的に女性として成長し、自立していく。
オードリーヘップバーンのようだった。
>|