キャロルの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿された感想・評価

kidomiii

kidomiiiの感想・評価

3.6
聡明で芯が強く情熱的な女性・キャロルをケイトブランシェットが、
瑞々しくどこか不安定な魅力を孕み、まだ少女のあどけなさを残すテレーズを、ルーニーマーラが演じている。

2人が出会ってから親密になるまでの過程があまりにも短く、非現実的に思えたけど、まさしく「運命的な恋」だったなら、そんなこともあり得るのかも知れない。

元夫に対し、キャロルが「自分を偽る生き方では私の存在意義がない」と言い切ったところはすごくかっこよかった。彼女の生き様がいちばん現れていたシーンだったように思う。
何を棄て、何を大切にしていくのか。取捨選択することでしか、人は幸せにはなれないのだと感じた。
上旬

上旬の感想・評価

4.5
1950年代の美術がなんといっても本当に素晴らしい。ケイトブランシェットにしかこの役はできないでしょう。原作者パトリシア・ハイスミスのことを知ってからみるとまた違う。生涯忘れられない映画になりました。
fampia

fampiaの感想・評価

3.3

作品全体的にあまり引っかかるところがなくて、2人を見る感じ。です。

同性愛を扱っているけれど、アデルやリリーのすべて、ブロークバックマウンテン程、テーマとがっつり向き合っている感じではないので、サラーっと流れていく感じ。

映像綺麗だし、衣装も可愛いし、
ルーニーマーラも素敵だけど...うーん。と思ってしまった。
あすか

あすかの感想・評価

3.8
なにももうわからぬよ、信じられぬ
私は、悲しい思い、したくない
MikuOshika

MikuOshikaの感想・評価

3.5
ドラゴンタトゥーの印象とは丸っ切り変わったルーニー・マーラがちょーかわいいのなんの。
"人を好きになること"とはっていう感情を真正面から問いかけられている感じ。
ただ、ストーリー的に印象が残るとうか50年代の小物やファッションの魅せ方、世界観の印象のが大きかった。
SaeNagata

SaeNagataの感想・評価

3.5
街並み・登場人物の美しさ、雰囲気もあって映像に惹かれたけど
もう一度見たいと思う映画ではなかった
birds

birdsの感想・評価

4.2
公開当初、何気なく映画館で観た映画。レズビアン映画は初めてでただただ衝撃を受けた。主演の2人が美しすぎて終わってからもゾクゾク感が止まらなかった。
自分では、ものごとを決められない。人にいわれるがまま。ノーとは言えない。そんな女性が、あることがきっかけに変わっていく。我々の世界でも年をとればとるほど、こういう傾向になってしまう。ノーということに対して、ノーといい、自分の意思で、イエスをいう。ノーというのは大変、イエスというのは大変。選択するって大変だけど、選択できるならちゃんと考えて選択したほうがいい。
お互いにとって許されざる恋でありながら、とても純粋で綺麗な恋。
tomひで

tomひでの感想・評価

4.0
キャロルがテレーズの肩に初めて手をかけるシーン、テレーズにピアノを弾かせる演出が素敵。このシーンの何気ないセリフとカメラワークからお互いが精神的な距離を計っている様子が覗えてとても面白い。肩に手をかけるという動作はこの映画では気持ちの揺れの起点になっているのですが、過剰に演出していない所も更に良い。

またエドワードラックマンの撮影がかなり良い。画面の構図のとり方がとても大胆で面白い。画面の一部だけに見せたい対象を配置して観ている人の意識をそこに集中させる画面構成がとても好き。キャロルがテレーズの部屋を初めて訪れるシーンなどは特に効果的。また移動撮影、手持ち撮影、画面の配色、登場人物の気持ちとリンクした撮影も見応えあった。

「何も知らずノーと言えない、望みが分からないのに全てにイエスと…」
>|