キャロル(2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    トッド・ヘインズ
    脚本
    フィリス・ナジー
    キャスト
    ルーニー・マーラ
    ケイト・ブランシェット
    サラ・ポールソン
    カイル・チャンドラー
    キャリー・ブラウンスタイン
    ジェイク・レイシー
    ジョン・マガロ
    ケヴィン・クローリー
    あらすじ
    1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

    「キャロル」に投稿された感想・評価

    自分にできる精一杯のことをする。評価は周りがつけるもの。
    写真家になることをためらうテレーズなキャロルがかける言葉。少し勇気付けられる。ダメだって自分で決めつけないこと。
    キャロルやテレーズの行動に共感できない人もいる。でも自分の気持ちに素直に生きることは難しいから羨ましくもある。
    ケイト・ブランシェット好きだなぁ。特に親権を夫と協議してる場面は涙もの。
    同じ時期に観たブルックリンも偶然にもデパートで働く女子の成長物語。ブルックリンのほうがファッション、音楽好きだったな。
    2016年10月 目黒シネマにて 併映『ブルックリン』
    ファッションがとにかくオシャレ。
    特にテレーズのファッションはマネしたくなる。シンプル、でもセンスを感じる可愛いスタイル。眉上ぱっつんボブヘアーがまた似合う!冬にはテレーズのようにどこかにチェックを身にまとって出かけたい!
    キャロルが魅力的すぎて引き込まれそうになる。

    「リリーのすべて」、「チョコレートドーナツ」、難しい内容ですが、どのストーリーも中身が濃く切なくなります。

    自分的にはとてもよかったです。
    映像に合った音楽が素敵でした。
    繰り返し観るとそのたびに発見がありそうな映画です。
    多くを語らずに、さりげない描写を積み重ねている映画なので、鑑賞者の洞察力が必要になります。
    そういうわけで私は眠くなりました…。

    こういう映画だと男性が振り回されるイメージがありますが、本作でもそんな感じで。
    キャロルの旦那さんはやりすぎな気もしますが、離婚調停や親権争いにおいてエグいことは日常茶飯事に行われるらしいので、案外普通のことかもしれないですね…。

    あと、服装がオシャレで素敵でした。
    ケイト・ブランシェットかっこええ。ルーニー・マーラの無垢な眼差しも。演出の、音楽の、画の完成度は素晴らしい、が個人的にはそのクドさがちょい苦手
    「心に従って生きなければ、
    人生は無意味よ。」

    ブルージャスミンに続き、C・ブランシェットが最高。不幸なセレブを演じれば世界一。

    予告以上のことは起こらないけれど、最後のシーンは胸アツやった。

    二人がまた魅力的で、まるで天使と悪魔みたいな容姿。ただ、二人とも幸薄オーラ半端ない。

    しかし旦那かわいそーやなぁ。多分彼女のこと本当に好きで、どうしたらいいかわからんかったんやろうなぁ。旦那も徹底的に悪者にされなかったのも好感。

    オススメ!ってわけじゃないけど、案外サラリと見れるかも。
    二人の演技の良さや映像への拘りはわかるけど眠くなる。
    >|