リプリーの作品情報・感想・評価

「リプリー」に投稿された感想・評価

Pearl

Pearlの感想・評価

3.4
予備知識なしに見てたら、途中でこういう映画⁉️って驚いた💦

どんどん深みにはまって、抜け出せなくなるのが辛い😓

観終わった後にモヤっと感💨

でも、豪華な出演陣の若き美しき姿は必見👀✨
嘘を重ねて、嘘を真実にしてしまいたい感じが怖くて切なくて、面白かった。
ハゲる前のジュードロウがかっこよすぎる。
ものすごい蛍光黄緑のビキニタイプの海パン姿のマットデイモンに、全然笑うシーンじゃないのにちょっと笑った。
マットデイモン好きになった。
y

yの感想・評価

3.5
リプリー頭が良すぎて怖い。
憧れから嘘へ、恋への自惚れ詰まってます。
次の展開が気になり、常にハラハラ!

若きジュードロウが本当に男前!!
ペコ

ペコの感想・評価

3.6
アランドロンの太陽がいっぱいと重なるところが多かった。マット・デイモンの演技も素晴らしい。豪華キャスト陣が皆さん若くて光ってた。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.0
「サタ☆シネ」にて。オリジナルは未見。イタリアの風景がなつかしい映画。

いわゆるピカレスクもの。主人公(マット・デイモン)は追い詰められて場当たり的に人を殺して自爆寸前なのに、捜査が結構ずさんなので、そのまま逃げ切ってしまうのが笑えない。

キャストは若き実力派スター大集合という感じ、若いケイト・ブランシェットがとても美しい。放蕩息子役のジュード・ロウもはまっているな。
K

Kの感想・評価

3.0
貧しい青年が行き違いから大富豪の生活を手に入れて行くサスペンスドラマ。

1つの嘘が1人の青年の人生を変え、自分が誰かを見失わせ、人格を変えて行く様が見ていて面白くもあり怖くもある。

過ちを犯しているにもかかわらず、孤独なリプリーに同情してしまいもする。

この頃のジュードロウはめちゃくちゃイケメン。
ka28mar

ka28marの感想・評価

2.6
太陽がいっぱいのリメイク版

ノンケには分からない
バイ(ホモ)セクシャルの感じ

>サスペンス要素

アメリカ映画とフランス映画の違い
原作に 忠実>脚色

Plein soleil[太陽がいっぱい]
原題との違い
[R_SUS]
tk

tkの感想・評価

3.5
一人の人間として愛される、正直な人生を送る最後のチャンスとしてピーターが現れたことは救いに思えたのに。
哀れなトム・リプリー、心がなかったらもっと楽だっただろうにね。
まるお

まるおの感想・評価

4.0
どうしようもなく痛々しくて辛い作品だけど、こういうの結構好き。
ジュードロウ演じるジャッキーがとにかく美しくて活発で、リプリーが執着するのも納得。「太陽みたいな人」って表現好きだなー、悪い意味もあるのがなんとも…
中盤のリプリーは本当に見ていられなかった。共感性羞恥って言うのかな。もう見てるこっちが辛いし、早く諦めて!帰って‼︎お願い‼︎って本気で願った。
人間の怖いところが描かれた作品だと思う。ジャッキーもリプリーも怖い。けど誰しもが両者に共感する部分があるはず。だからこそ、見続けるのが辛い話でした。
マット・デイモン怖いよー承認欲求強すぎるというか嫉妬深いゲイというか、イケてない青年の演技がすごくいいですね。ストーリーが面白い。ミステリーのドキドキ感があるので。太陽がいっぱいのリメイクで太陽のほうも観たことあるんですがこんなストーリーだっけ?
>|