キャロルのネタバレレビュー・内容・結末

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿されたネタバレ・内容・結末

わたしがあなたを愛するのは、あなたがあなただから…恋に落ちるのに理屈は要らないはずだが、この映画に登場する男達(キャロルの夫、テレーズの恋人)は、社会規範、文化規範に縛られて自分のストーリーに都合のいい女としてしかパートナーを見ようとしない。
キャロルは自分の心に正直な女性だが、モラルや思いやりがあるとはとても思えない。
しかし、テレーズとの旅行を経て、自分の外面ではなく、テレーズの写真が捉えた通りの、不安や苦悩を抱えるありのままの自分をそのまま愛してくれる人間に出会うことで変化する(キャロルはテレーズを、天から降ってきた天使と呼ぶけれど、じつは自分についても、地上の世界に馴染めない異邦人のような思いをずっと抱えていたのでは?)衝動に任せるだけでなく相手がほんとうに幸福になれるように配慮し行動するようになる。
テレーズもまたキャロルとの旅を経て自分の心の声に従って生きるようになる。
愛するひとと出会い、相手と、そして自分の内面と正直に向かい合うことで人間が成長するドラマだと感じた。
キャロルの幼馴染役がアクセントになっていて良かった。一人残されたテレーズを車で迎えに来て、二人の関係を思い、彼女が涙するシーンに物語を感じました。映像美を存分に堪能した。衣装がパーフェクトに可愛いです。
テレーズがキャロルと出会ったことでランチのメニューさえ決められない女の子から自分でキャロルと生きて行くことを選択できる1人の女性へと成長して行く様子を描いている
テーマはキャロルとの出会いがテレーズを変えた
That’s the Chance You Tak-Eddie Fisher
Easy Living-Billie Holiday
終わり方が好きすぎる

情景がずっと美しいし、2人の愛おしい日々もすごく綺麗に描かれてる。

ストーリーの展開の仕方も面白いし、引き込まれる終わり方をするのが本当にいい。

同性愛ってことで観る前はどんな感じか不安だったけど入り込んで見れたし、2人の逃避行は本当に純粋な愛を感じれた。
終盤で冒頭に戻るっていう構成はよくあるけど、それをこんなに切なく魅せてくれるのはなかなかないのでは。
「天から落ちた人」ってフレーズとか、「美女×煙草」って組み合わせとか、すごい刺さる…最高にかっこいい…
あの毛皮のコートが似合うキャロスが素敵だ〜〜。
2人で惹かれ合うシーンが美してただただ素敵だけど、ちょっと唐突すぎる感じもした。最後のキャロスの笑みにゾクゾクした。
純愛。最後までみてよかった。
レストランで虚勢を張ってみたものの本当は好きで好きでたまらなかったんだね。

50年代の洋服とか小物とかが可愛い。場面転換とか心情とかかなり音楽を効かせてた。ケイトブランシェットの頭に着けてた奴、コスプレじゃなくて着けてみたい。
私達の人生には永遠の夜明けが待つ
印象的な言葉、素敵なラスト
終始静かーーーで、二人の女性の感情を映し出してる映画なんだけど、
全然飽きずに引き込まれてしまう。

電車で泣いちゃうシーンはリアルすぎてグッときてしまった。
結局キャロルは寂しさを埋めるためにテレーズを求めていたようにしか…。

なのにテレーズはキャロルの元を離れるという賢明な判断をしなかったし、できなかった。
恋愛は理屈じゃないというメッセージが伝わってきます…。

魅力的で余裕のある年上に惹かれるなんて現実でもままある話だけど、それを美しく魅せた映画。
>|