キャロル(2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    トッド・ヘインズ
    脚本
    フィリス・ナジー
    キャスト
    ルーニー・マーラ
    ケイト・ブランシェット
    サラ・ポールソン
    カイル・チャンドラー
    キャリー・ブラウンスタイン
    ジェイク・レイシー
    ジョン・マガロ
    ケヴィン・クローリー
    あらすじ
    1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

    「キャロル」に投稿された感想・評価

    テレーズ(ルーニー・マーラ)がキャロル(ケイト・ブランシェット)に惹かれていくことに対して、それほど戸惑いを感じてなさそうなところに驚いた。
    50年代のNYでは、同性愛はそれほど絶対的なタブーではなかったのかな?
    最初はエレガントで美しい大人の女性に憧れてるだけかと思ってたけど、自宅に招かれた時点でもうテレーズは恋してるみたいですよね。
    同性に対する恋愛感情を戸惑うことなく、すんなり受け入れるテレーズは先入観にとらわれないフラットな感覚を持ってるんだなと思った。

    キャロル目線で見ると、夫はすごい酷い奴に思えるけど、
    結婚前に肉体関係にあった友人を家に頻繁に招いたりされたら、不安でたまらないし、夫の気持ちもよく分かる。
    夫は夫なりにキャロルを愛してるように思えるだけに、親権争いの場面は切なかった。娘の親権の主張はキャロルを家に留まらせるためのカードに過ぎなかったのに。部屋を出るキャロルを見つめる夫の表情が切なかった。

    ラストは絶対別れて終わると思ってたので、これからまた二人の未来が始まりそうな気配を感じさせて終わったのは意外だった!
    同じ同性愛を描いた「アデル ブルーは熱い色」とは正反対のラストシーン。
    最後を別れで終わらせないところに、現代のハリウッド映画らしさを感じた。
    ケイトブランシェットのキャロル役は、とても良い。
    大人。すごい大人な雰囲気。
    肌が、凄い綺麗なんだよねー美白。


    テレーズは可愛さがあって、キャロルに一目惚れしちゃうし、
    キャロルと旅までしちゃうし(笑)
    好きに素直だ。良いことや。
    これで旅行に行かなければ、確かにキャロルの運命は変わってたかもしれないけど、キャロルも言ってたように、自分の思いと違うことしたら存在意義がなくなってしまうのよね人間て(全然違う場面で、このようなこと言ってたはず)
    そして旅行中に交わりがあるのだけど、エロい。(笑)
    キャロルの大きな手でテレーズが包まれる。やはりキャロルは色気のある大人やなと。
    男じゃないのに、男のような雰囲気まで持ち合わせてる。
    テレーズを簡単に誘うあたり、
    やり手の男かよと(笑)

    交わりがね、盗聴されて結果的に娘の親権が父になるけど、
    自分の意思で譲ってたし、
    最終的には、テレーズはキャロルのもとに来たしで、ハッピーエンディングだと思う。
    やはり愛には素直じゃなきゃ。
    好きなのに離れる意味がわからないからね(個人的に)

    全体的に明るさはなく、惹かれ合う2人を静かに大人な雰囲気を醸し出してる映画(笑)
    はじめからうつくしかったからこそ、これは愛の話ではなく恋の話なのだとわかった。それは同時に二人の関係は永遠ではないことを意味していた。いずれこの瞬間はうつくしい思い出に成り果てるのだろう。
    wowowカンヌ映画祭特集積み録画消化2日目

    最初はおいおいまた同性愛物か、と斜に構えながら見始めたんですが2人の出会いにより本当の自分を見つけていく描写には思わず見入っていた自分がいました。最後の方の親権を争う裁判での気迫のこもった演技には少し心動かされている自分がいました。しかし、自分が男だからかキャロルの自由奔放というか小悪魔的なSな感じにどうしても魅力を感じることができず、オチで結局キャロルのところに行くんかい!ってツッコミを入れるほどその時のテレーズの気持ちはこれっぽっちもわからなかったのでした。

    まぁなんにせよ一番かわいそうなのはリチャードだなぁと男の自分は思いました。
    百貨店のおもちゃ売り場で働くテレーズはエレガントで美しい女性キャロルに目を惹きつけられた、そしてキャロルが気になってしかたなかった、キャロルの忘れ物を郵送するとお礼にと食事をすることになる、キャロルには隠された本当の姿を知るにつれて、テレーズの愛情がめばえていく、キャロルもテレーズと過ごす時間が増え、たびに出た時に一線を越えてしまう、それが旦那にバレて子供の親権を奪われるキャロル、2人の距離を置こうとキャロルは先に旅から帰った、テレーズは仕事に打ち込みキャロルを心から忘れようとするが、久しぶりに再会した時、テレーズはキャロルが心から離れていなかった

    2人の女優がステキだった
    映像もコントラストもすばらしかった
    レズではないが、互いに女性を愛してしまった、その心情、その状況がすごく表現されていてよかった
    最後は我慢していた思いが堪え切れなくなってキャロルに会いに行ってしまった、そしてキャロルは微笑みて答えてくれたシーンよかった
    キャロル美しくてかっこいいな…
    2人の衣装も素敵だった。
    終盤のパーティーのシーン、テレーズは正しい愛のある場所に気づいたからその場を去ったのだなと思って観ていた。
    解放されてまた引き寄せられて…振り回される自分に嫌気がさしてもそれでも好きと思う気持ちに勝てないのかな。
    普通のことなんて無いよ。輪になんて戻らなくていい。
    見つめあった2人が幸せであると良いな。
    2人の美しさだけで堪能できる映画。
    綺麗でドキドキさせられる。子供の頃にウラヌスとネプチューンに憧れた頃を思い出させてくれた美しく刺激的な映画。彼女以外なら引いてしまいそうな出会いでのプレゼントの郵送のための住所を書いて、手袋を忘れるキャロルの作戦は凄くロマンチックで素敵だと思ってしまった。彼女達の旦那や、恋人もただ愛されたく、愛したかったと思うと、少し感情移入してしまい、嫌いにはなれない。
    テレーズと離れてからのキャロルの綺麗だった赤色の口紅やネイルをしなくなるのが悲しさを表せているように見えた。
    ラストのシーンの笑顔を見ると明確ではないがこれからは2人は幸せになれる気がする。
    映像美や音楽、内容、女性達の美しさ、全てにおいて素晴らしかった。また観たい。
    後輩と鑑賞。「何だ、意外とそんなに突っ込んだ内容じゃないじゃないか」と、高をくくっていたところでの、突然のガウンばさーの場面にドキドキした。しかし、突然いなくなるんじゃなく、一言「待っていて」と言われたいものだ。
    R
    2017/05/09
    3.8
    吸い込まれるような感じでした 、美しい二人が儚い関係をもち二人だけの世界に見ている側も吸い込まれるように 。

    二人ともほんっとうにもう本当に美しくて美しくて。

    なんだかずっと見れていられるようなそんな感じ 。らぶもので最後くっつかなさそうででも最後の最後は一緒になるといいなあと願うように女性同士のもの初めてだったけど同じように思いました 。なんでやろう。なんかまた見たいなと思いました(´-`).。oO

    ケイトブランショットさん、赤色がとっても美しかったなあ、そしてヘアがとても可愛かった。サイドの片方はぐるぐる巻きでもう片方はワンカール。♡♡♡

    ただどうして愛していないのに人は別れるという選択肢を伸ばし伸ばしにするのだろう。一度は愛したから?
    どうして既婚者は指輪をしたまま他の誰かに触れることができるの?そこはなぜ取らないの?

    私の存在意義。めもめも 。
    クールビューティーのケイトブランシェットが美しい。
    衣装や建物など美術も素晴らしい。
    こーゆー最後になると思ってなかったから、最後のキャロルの表情が印象的だった。
    >|