キャロルのネタバレレビュー・内容・結末

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿されたネタバレ・内容・結末

女の私でもケイト・ブランシェットが美しくて恋をしそうになった。惹かれあって、お互いの人生それぞれ道を歩んで行くため別れるが、再会のラストのケイトの微笑みと言ったらもう。。!時代背景もストーリーも美しい。
捉えどころがなくて地味(でも魅力がある)な若い女の子と洗練された大人の女性っていう設定がよかった。
最後、パーティーで誰のことも眼中になしに真っ直ぐお互いを見つめていて、そこからのエンドロール(しかも同じ曲!)にわくわくした。そしてじわじわと心に残る感じ。
テレーズの芯の強そうなとこ惚れる。
2018/04/09

ケイトブランシェットの凛とした美しさ。
ルーニーマーラの妖精のような可憐さ。

50年代のニューヨークは、今よりももっと色々なことに不寛容な時代だったんでしょう。女性が働くこと・喫煙・飲酒など寛容になってきたものと、結婚や性差などそれが議論されることすら憚られるようなもの。

そんな時代で年齢もステータスも違う2人が惹かれ合う様子はただただ繊細で美しかったです。クリスマスの賑やかさはどこか遠く、終始儚い雰囲気を伴った映画でした。

「永遠の夜明け」ってフレーズが印象的。ラストシーンはそうなのかしら。
綺麗な映画。
特に意識してないのだけど立て続けにLGBT関係ばかり観ておるようですが。
これもいわゆるレズビアンのお話で、はるかに不寛容だった時代。
結婚は義務のようで、結婚しない選択すらも難しい時代。
とはいえ、魅惑的な年上の既婚者に惹かれて、導かれるように恋に落ち、相手は家庭に戻ってしまって置き去りに…というのは王道だなあ…と不思議な気持ちに。
自分が知らず知らずにセンセーショナルなものを期待していたことに気付く。(まあ映画だから、というのも…)
キャロルさんひどい追い詰められ方をしているとはいえなぜかテレーズに対してはなんだろう…オッサン感…?出してくるなとか…テレーズひとふんばりしても良かったろ…とか…キャロルじゃなくテレーズが手出すとこでは?!みたいな…こうなるかな〜と思ったらならなかったぜみたいのが続いてしまい、うーむむラブストーリー難しいねえ…などと思いつつ、肩に置いた手が、とってもよかったですねえ。
美しい、、

キャロルが自分自身を選びとるラストが良かった!
とにかく本当に切なかった。お互いに向ける視線の一つ一つに好き!って言うのが溢れてて、それだけに別れがどんどん近づいてくる感じがあまりにも悲しかったです。
キャロルには、勝手に目つけて口説いてオトしといて最後まで守ったれよ!と言いたい気持ちと、お母さんだもんなぁ仕方ないよなぁと同情する気持ちが…。
とにかくとてつもなく美しい映画でした。
久し振りに目が離せない映画を観た、という感じ。

ニューヨーク、高級百貨店の玩具売り場でアルバイトをしているテレーズはそこで1人の女性、キャロルと出逢う。ひと目見てキャロルに惹かれたテレーズは彼女と交流を持つようになり、互いに心を通わせていく。

脚本、演技、音楽、映像。どれをとっても素晴らしいのだけれど、とても感動したのは各キャラクターの台詞。
その中でもキャロルの台詞の一つ一つが自分の生き方、過去、そしてテレーズへの気持ちを偽らない、着飾らないもので凄く心に刺さるものばかりだった。
繊細な演技が素晴らしかった。最後のキャロルの表情。
Flung out of space!天から落ちてきたよう!!ああ素敵!!
キャロルもテレーズもかわいい。
キャロルに魅せられて

ミセス・パーフェクト。
こんな女性に出逢ったら誰でも恋に落ちる。圧倒的な美しさと優雅さ、知性と愛を兼ね備えた性を超越した存在。
男も女も魅了し虜となる、スペシャルな人。

女性だけの世界。物語のアクセントとしてのみ男性がいる。女性の物語。

《誰でも誰かに対して親近感を抱く
人に惹かれる理由や嫌う理由は分からない
わかるのはその人に惹かれるか惹かれないかだけ》

性別とはなんなのか。。。愛を前にしてそれ以上に重要なものなどなにもないんだね。

「何も知らず“ノー”と言えない
望みが分からないのにすべてに“イエス”と」

結末にはキャロルのもとへ
“イエス”と
>|