キャロルのネタバレレビュー・内容・結末

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

「キャロル」に投稿されたネタバレ・内容・結末

家族、友人、職場、親権云々…。沢山のどうしようもなさのなかで、互いに求めあって、結局どうしようもなく愛し合ってるふたりが美しかった。
ニュアンスで観る映画だと思う。
よかったところ、そこだけロードムービーっぽくて全体の雰囲気と似つかわしくないオープニングクレジット、キャロルが自身の課題に対峙するときに一人を選んだこと、その間テレーズもNOを言える女性になっていたこと、その上で二人が再び会ったこと。
物寂しさと薄暗い感じの雰囲気が漂う中で、キャロルとテレーズの美しさがより際立って、惹きつけられた。
キャロルの、周りからどう思われようとも、自分を偽って生きるのは苦しい、本当の自分でいたい、という思いは胸に刺さるものだった。

ラストシーンは、2人が別れたまま終わると思っていたので、特に印象深く心に残った。
ケイトブランシェットが人類の奇跡すぎてしんどい この時代のこの地球に存在するにはあまりにも美しすぎるのでは…………………?????
リンディの母親としての強い姿、弱った姿すらも美しい 髪をかきあげてちょっとボサってなってても美しい
それに一挙一動すべてがもうドツボに好き ちょっとした仕草も表情も言葉も全部 あんな人がお客さんできたらそりゃ惚れますわ……私もケイトブランシェットの運転する車の助手席座りたい
あと帽子の一言と車で迎えに来て斉藤さんのペッみたいなのするとこ(言葉で説明するのはこれ以外思いつかなかった)で宇宙史上2度目のビックバン起こりました宇宙おめでとう????

ルーニーマーラも太眉にオン眉ボブでも可愛いんだから本当に顔がいいってことよ キャロルが去ってから魂が抜けたような姿も良かったし最後ぐっと綺麗になってた

とにかくすべてが美しくて切ない
50年代のニューヨーク良いなあ 最初のシーンから雰囲気最高だったけど ファッションも素敵 赤がどこまでも映える金髪ブランシェット 好き

最初の食事してすぐ別れるシーンで終盤に同じシーン入るなって秒でわかった またこのシーンが来たときにどんな感情になるのかと思ったけど、ただただ切なかった。
ただ魅力的だと思って、自分を受け入れてくれる人なら性別なんて関係ないんだろうな
寝る前に観たの大正解、これは安眠できる

私からしたらケイト・ブランシェットが天から落ちてきた天使ですわ
女同士の愛☆
二人ともキレイでかわいい☆
タバコもすごく似合う☆
・列車セットかわいい
・天使
・2人とも高潔ってかんじだな
・銃社会
・分かりやすい探偵
・エッやるのか
・最後のなにここで終わるのマジか
愛とは如何に孤独であるか。

この物語をただの同性愛を描いたものとして捉えるには、あまりにも難しい。

映画中のギミックとして、何度もフィルム写真が出てくるが、人を惹きつける写真を撮るということは、必ずしもセンスや技術に拠らない。
ファインダーを覗きシャッターを切る瞬間に、表面上ではなく、そのものと自分への真の理解が必要となると、私は思っている。
その瞬間を焼き付けたい。目の前を過ぎ去る景色を、立ち止まってはくれない大切な人を見たときの胸の奥の感情を、大事にしたい。
その思いが自分らしく、魅力的な写真を生むのではないか。

その意味でテレーズとキャロルは、ある種自分らしくありたいと願い続けている、もしくは自分自身の姿を探し続けている女性である。

ケイト・ブランシェット演じるキャロルは、一見強く、美しく、それでいて独特な儚さを持つ。けれども、その裏で、「自分」というものを押し殺し、愛する娘のために偽りの人生を演じている、一種の弱さを兼ね備えている女性である。「自分が分かっている?」という問いかけに対し、「分からない」と答えるその正直さ、実直さ。
それでも、常に自分の愛する人々のことを考え、問題に真正面から向き合い、自分らしく生きようとし続ける人である。

その文脈で言えば、ルーニー・マーラー演じるテレーズは、キャロルと出会うことで、本物の愛というものに向き合えるようになった女性である。
これまでポートレートを撮ることが出来なかったのに対して、キャロルとの旅の後で「内面をよく捉えた」写真を撮ることが出来るようになったのは、性別というものを超えた愛に出会えたからかも知れない。

この映画は、ともすれば人が纏まりのない表現を取りがちな「愛」という命題を、性別を超えて直視し、真っ直ぐに語った、非常に真摯な映画だと思う。
そしてその愛は自分や自分の人生に向けられたものでもあり、キャロルもテレーズも、お互いに出会い、お互いに影響しあうことで初めて、偽りなく「自分らしくある」という一歩に進めたのである。

だからこそ、ラストシーンはとりわけ美しく見える。
2人が出会うショッピングモールでは、キャロルがテレーズに近づいていくが、ラストではテレーズがキャロルへと足を向ける。
その対比にも物語を感じた。

画面の作りだけでなく、ピアノをバックにした短いエンドロールも含め、美しく儚げに愛を描いた良作だった。
正しいと思うことをやり、流れに身を任せて



ランチすら決められないテレーズが
最後に起こしたアクション、
それがすべてなのかなと。

キャロルの手紙の文言、
解放する はずるいと思いつつ
正しい選択だと納得できた。
鑑賞者側からみて、。
当事者のテレーズは耐えられなかっただろう、
電話を我慢したテレーズはすごい

キャロル、テレーズ共にとっても
美しくて可愛い。
仕草1つ1つから魅了される、大人の色気のケイトブランシェットと、ルーニーの純粋無垢な感じが素晴らしかった。
映像、物語、全てが綺麗!

同棲を断られたキャロルの、微笑んで何ともない感じを出してるけど目に涙が浮かんでる演技にやられた
主人公の二人が綺麗。衣装も全部ステキ。あと、キャロルの娘がとてつもなく天使。可愛い。

女性同士の同性愛を描いた映画。同性愛が描かれている作品って必ずと言っていいほど、露骨に偏見の目を向けてくる人が登場するけど、この映画は割と周りの人が同性愛に対して寛容な気がした、日本の作品と比べたら。
周りからの偏見に打ち勝とう!セクシャルマイノリティーを受け入れてもらおう!っていうありきたりな映画じゃなくて、ただただ惹かれあった二人の女性の心情が描かれてた。
>|