キャロルのネタバレレビュー・内容・結末

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿されたネタバレ・内容・結末

久々に主人公の顔が可愛すぎて内容に入り込めない事案が発生した。ルーニー・マーラ、お人形さんかよ...
二人の女性の恋と自立の物語。今でこそLGBTは理解されつつあるけれど、アイゼンハワー時代には傷ついた人も多かったのだろうなあ。
登場する男性キャラクターがことごとく酷く、偏った印象なのは残念。
まあしかし、全てはラストのケイト・ブランシェットの微笑みでかなり浄化された。
全体的にファッションが素敵な映画。もうモード系着るのやめようかな...
禁断であるが故に甘美なのは…
人の抗えぬ性なのでしょう。

見事な構成でした。表現も丁寧で繊細。
挙げてたらキリがないぐらい、細部にまで作り込みの拘りを感じました。二度目の鑑賞は気付くことが多くて忙しいくらい。

主演二人の演技も素晴らしい!
ケイトはさすがの貫禄ですが、ルーニーも難しい役どころを表情で演じ切ってる。
すごく奥行きを感じさせます。

心理的にも上手に、恋愛の普遍性が美しく表現されていて…主演二人がそれを上質なシルクみたいにエレガントに仕上げてた…

この抑圧された情動の揺らめく描写。
張り詰めてからの…解放と高揚。
めっちゃドキドキしちゃった(〃ω〃)

これが男女の話なら、途端につまらなくなりそうですからね…ジェンダーを絡める事で、しっかりと芯が通った感じでした。

それを映像にできたのは、二人の名演あっての事ですね…時代設定がより危うさを色濃く感じさせて、幻想のような雰囲気を漂わせます。

気になって調べてみたら、太陽がいっぱいのハイスミスが原作者なんですね…納得の描写と構成力。
ツボを押さえてる。

だとしても監督…色彩や空気感の作り方と表現力、見事なお仕事です✨

蠱惑的で狙った獲物は逃さない。キャロルのイケメン力ったらもう…私でも抱かれてもいいとか思っちゃいそう(。-_-。)

何も知らずに観ていた冒頭の一場面に戻ってくる終盤での円環描写…ゾクッとした!

肩にソッと添えられるキャロルの手…
それを見るテレーズの目に宿る心の色。
渾然としながらも静かに燃える情念。
車の中で思い返していたのは…出逢い。
台詞ではない部分で語る描写が秀逸!

どうしようもないぐらい惹かれてる!
焦がれてる!狂おしいほど求めてるーぅ!
_:(´ཀ`」 ∠):

っきゃー!これは悶えるぅー!(〃ω〃)
奇声をあげて暴れてる私の姿は、絶対に誰にも見せられない…(笑)

互いの想いが解放される直前で…
エンドロール…くぅ!なんて憎々しい!!
危うくクッションが破けるトコでした。

自分、暴れ疲れたっス、パイセン…(壊)
_:(´ཀ`」 ∠):

甘いため息が出てました(蕩)

いいもの観せてもらったよ…監督。

もっと注目を浴びていい作品のはず。
文句なしの名作!オススメです✨
1950年代のアメリカ。女性はこうあるべきという観念が強くて自分らしく自由に生きるのが難しかった時代。同性愛に対する理解もほとんどない。
運命の出会いをする2人は対照的。
キャロルはエレガントで高貴。テレーズは可愛い帽子を被った夢を追う素朴な女の子。纏う衣装でも2人の社会的な隔たりを表現している。
とにかく2人の名演が光る。お互いに視線と表情、ケイトに至っては手の動きで心の揺れを表現する凄さ!テレーズの肩に何気に手を置くシーンもゾクッときた。
ラスト近くのテレーズの友人達とのパーティーの場面ではそこに存在している違和感をここでも視線と表情で表現していて冒頭の同じようなシーンの時のテレーズとは明らかに違う。
ルーニー・マーラ、凄いな!
ラストで見せる決意をまとった表情のテレーズと軽く微笑むキャロルの表情…素敵な美しい愛の物語…堪能しました!
衣装や髪形、街並、室内の壁紙などがお洒落です。本場は良いですね。

女性同士の恋愛を描いていますが、私は人間ドラマ、一人の人生として様々な事を考えました。

自分の居場所がない。一人の人間として、お互いを理解できていない。対話が出来ない。これは、性別云々の前に人間関係として成り立たない問題があると思います。

何か一つの物に執着してしまう。自分だけの物にするのもどうなのかなと。本人はそのつもりはなくても、宝物を皆で分かち合うという姿勢をお互いに見せたら良いのになと考えました。

例えば、最後の方でキャロルが娘を抱っこして室内に入る場面では、夫にも祖父母にも娘の顔を一切見せず、話させずでした。

悲しそうな夫と祖父母の表情からは、娘を自分から離そうとしているのは本当はキャロルなのではないか?と観客に伝えているようです。


最初はキャロルとテレーズを美しいと思っていたけれど、男性や男性の家族の気持ちを考えると複雑な気分になります。

終わり方を明白にしないのも、観客に考えさせるためなのでしょうか。
う、美しい。。

※簡単に言うと、色気ある熟女が
可愛い女の子の大人の扉を開けてしまう話。

なのに、
なぜこんなにも品に溢れ、
綺麗に描かれているのだろうか。

所々、人生の本質を突くような
台詞もあり、見惚れたまま
エンディングを迎えていた。

途中何度かあまりの色気に
興奮したことは誰にも言えない。
1950年代、デパート店員と金持ちのマダムが恋に落ちる話
冒頭、地下鉄の格子からロングカットでいききるかと思いきやいかない
ルーニー・マーラは役に合ってる
オープニングとエンド付近、別視点のカットで繋がる
女優の1ショットが長い感じ、そこから心情を想像させる
何か凝ったことをしてるわけじゃないけど、丁寧に作ってあるのが伝わる映画
すげー良かった!
丁寧に作ってることが積み重なってるのかと思いきや、町山さんの解説でめちゃめちゃこだわってると聞くとなんか納得
撮影はスーパー16らしい
こだわりって伝わるのね
主演の2人も良かった
同性愛ものはグッとくる
ルーニーマーラさんが可愛かった。
あと物語がそう繋がっていたか!となった。
見逃し続けていたがようやく鑑賞。
フィルムの質感といいファッションといい町並みといい、時代の再現力が凄まじい。
初登場からもうケイト様が王子、惚れざるを得ない。天から落ちてきたよう、なんてキザなセリフをあんなスマートに気品に満ちて言える人が他にいるであろうか。
それにしてもハージのような粘着質な男とは関わり合いになりたくないね……(リチャードは無神経ではあるけどねちっこくはなさそうだった)。
・女性陣の美しさが印象的で男性陣はほぼ印象に残らない 笑
・テレーズとキャロルが見つめ合うときの間とか雰囲気とか、なんだか少女漫画を彷彿とさせる空気感を感じた。
・ルーニー・マーラが初々しくてとても可愛い
・ケイト・ブランシェット、なんて気品に溢れているんだろう。こんな美しい年上のマダムに愛されたいと思ってしまった
・腕を組んだりハグをしたり一緒に旅行に行ったり、そのくらいの親密さは女性同士でも自然なものだけど、そこに肉体関係が加わるとモラルの問題にまで発展してしまうんだな…と思った。キャロルの場合は不倫に当たるというのも問題なんだろうけど。同性愛は性別関係なく抑圧されてきたということを改めて認識させられた。
もし自分に同性愛の意識がなかったとしても、それを気づかされる時がくる可能性が誰しもあるのだろうか。普通に異性と付き合い、結婚もしているのにも関わらず、同姓に魅了されて深い関係になることが、誰しもなるかもしれないと考えると、とても面白い。また、人間みんなないものねだりなんだと感じさせられた。品のある、裕福で素敵な飾りを身に付けるような女性は、質素かつ素直で弱々しく可愛らしい女性に惹かれ、その逆もある。したがって女性が憧れる対象はひとつのタイプではない。
>|