キャロルのネタバレレビュー・内容・結末

キャロル2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美し…

1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

「キャロル」に投稿されたネタバレ・内容・結末

後半飽きてしまってだめだった...
長いな〜ってずっと思ってたけど、2時間程度だったのね
フランス映画とかドイツ映画みたいな雰囲気だけどアメリカっていうのが自分の中でしっくりこなかった
正直みんなもっと評価高くてもいいんじゃないの?ってムッとして長文書いてしまいました。読み流してください。雪だし。

なんて丁寧に作られた映画じゃ…って溜め息ついたとりあえず。
映像は洗練されてるし音楽は常に感情表現として使われてて邪魔にならないし、編集も無駄に凝りすぎてなくて最高。

ルーニーマーラの演技を楽しみに観始めたけどケイトブランシェットが名演技すぎて何度も息するの忘れた。
再会してテレーズの成長を悟った時の表情なんてもう。もう。こんなに長いシーンを視線だけで持っていけるって、、、
ルーニーマーラはドラゴンタトゥーの印象強すぎるけどこういう無垢な女性役の方が得意分野なんだなと思った。herも然り。

何よりもストーリーに何の無理やりさもないのがほんとうに良かった。すべてが自然で、必然的に進んでいくから引き込まれる。
逆を言えば、世の同性愛映画(特に邦画)にどれだけ寒い勘違いがたくさん描かれてるかを感じさせられた気がした。

あとボディタッチをきっかけに二人の関係が変わっていくの超感心…。終わる頃やっと気付いた…。

家具も小道具も内面と共に変わっていく衣装も髪型も全部好みだったなー。
アーガス出てるのは予告で知ってたけどキヤノンⅢaまで出てきて上がっちゃった。あとでモノクロフィルム買おう。

戦後バブル期ならではのクラシックカーがごちゃっとしてる感じも良かったな…。余裕ある車ばっかで…。

いい映画。
難しかったです。。

最後のCarolの笑みをどう受け止めたらいいのか分からなくて。

少女の成長?がメインテーマなんかな。はじめて人に対して興味を持って、はじめて恋をして、相手に突き放されて、それを乗り越える。。乗り越えたのかな。そこの最後がよく分からなかった。

バイセクシャルについて描いた作品にあまり出会ったことがなかったので、新鮮

ちょっと古いアメリカのこの空気感、嫌いじゃない。曇った窓ガラス。白いシャツ。同じような型のスーツ。時代を感じるクルマ。けっこうすき。

赤色の使い方が印象的。服なりリップなり。

外国の女性にしては珍しく、Thereseは前髪を作ってた。女性というよりか“少女”のイメージが植え付けられたのはその影響もあるんだろうな。
少し枯れた色合いの映像と静かでクラシックな音楽が美しい……。最初から最後までしんみりしながら鑑賞しました。
ただ、後半から「どうして家庭のゴタゴタで大変なはずなのに更に問題を増やすようなことしちゃうの!?」って現実的な問題が頭を占めてしまって……笑
でもきっと燃え盛るような情熱の恋ってそういうものなんでしょう。性差も年齢も関係なく、ただただ人を愛するということは難しい。世界に二人だけ、誰にも迷惑をかけずにとはいかない。だからこそ美しく見えるのでしょうね。

キャロルとテレーズの対比が美しい。自分を持った派手に着飾るブロンドのキャロルと、優柔不断な田舎娘のような素朴なテレーズ。キャロルはテレーズを天から落ちたようと評したけれど、のめり込み具合はテレーズの方が上ではないか?と思った。キャロルの退廃的な美しさ、自分にないものに惹かれていくテレーズ。
エンディングがわからない感じも素敵だ〜〜……きっと幸せになったと願いたい。
元夫に自分を偽りたくないと泣きながら伝え、私たちはそんなに醜くないはずよ。と言うところが良かったです。
恋を取るところが好きでした。
同性愛ロマンス。

この手の映画の美しさは、抑圧を一瞬貫く感情の高まりと、その反動による喪失との落差にあると思われる。『ブロークバックマウンテン』では、男2人のひと時の純粋なる愛情が、家族の崩壊、同性愛者に対する粛清、取り残された者の哀しみといった悲劇によって際立たせられていた。一方で、『キャロル』におけるキャロルとテレサのロマンスはその落差に欠ける。同性愛に対する抑圧は、キャロルが子どもの親権争いのためにテレサと距離を置かなければならないこと、結局は親権を手放さなければならないことに象徴される。しかしながら、キャロルは子どもと面会する権利を認められるだろうし、社会的な地位を保つことにも成功している。物語は、キャロルとテレサのロマンスが継続することの示唆で幕を閉じる。キャロルが失ったものは、せいぜい、子どもの近くで365日過ごす権利である。落差が中途半端である。そのため、感情が高まらない。同性愛の社会規範の逸脱(1950年代アメリカ東部における)による喪失を無くして、巷に溢れている異性愛ロマンスと何が違うだろうか。

それでも、目を見張る要素もある。例えば、鮮やかな色使い。職場である百貨店や、ニューヨークの街並みは2人のの抑圧的状況を象徴するかのような、煤けた色が使われている。そして、そこに圧倒的な存在感を放つようにキャロルは赤色で染められている。

2人の慕情を示す表現も良い。スウィートルームに泊まり2人で化粧し合うシーン、首元に香水をつけたキャロルは"Smell that"と、テレサに自らの首元に顔を近づけさせ、匂いを嗅がせる。テレサはキャロルの官能的な態度にやり場をなくしたのか、ウィスキーを仰ぐ。官能的なシーンだけでなく、2人がお互いの信頼感を楽しむシーンも良い。例えば、キャロルが運転中にジャケットを脱ごうとする間、テレサが彼女に寄り添って、代わりにハンドルを操るシーンである。この一瞬だけ、2人はちょっとした悪事を共有して楽しむ女子学生のように見える。
長かったけど、もう全体的に美しくて魅入ってしまいました。ケイト・ブランシェットはもちろん美しい美しい美しいですが、ルーニー・マーラは少女っぽい美しさ!そんなに若いわけではないのにすっごい可愛らしかった。ルーニー・マーラの着てる服がいちいち可愛い。話はまあまあ重ため。でもハッピーエンドだと思ってる!最初時系列がわかりづらくて難しく感じたけど、最後腑に落ちる。
はあ〜〜〜〜〜〜良かったキャロルの余裕そうな表情にうっとりしていたら難しい家庭事情に弱々しく怯える姿に心奪われるし、テリーズの美しさったらもう…無言で見つめあうシーン何度かあるけどグッとくる。テリーズが泣きながらタバコ吸ってコフッていうのいい。女同士ならではのお化粧ごっこ(?)はもう本当に最高。はぁ、これから2人で住むのね…お幸せに
キャロル綺麗すぎ

ラブシーンもきれいだった

キャロル勝手かよ、って思ったけど、結果うまくいきそうでよかった

「わたしたちはそんなに醜くないはずよ」のところで涙涙。
バーンズおいって何箇所か思ったけど、そのときの表情だけはよかった。
この映画美し…汚物ゼロ
ケイトブランシェットの微笑 魅了度100

テレーズのキャロルへの一目惚れ感 もっともっっと出しても良いと思
>|