キャロル(2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    トッド・ヘインズ
    脚本
    フィリス・ナジー
    キャスト
    ルーニー・マーラ
    ケイト・ブランシェット
    サラ・ポールソン
    カイル・チャンドラー
    キャリー・ブラウンスタイン
    ジェイク・レイシー
    ジョン・マガロ
    ケヴィン・クローリー
    あらすじ
    1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

    「キャロル」に投稿された感想・レビュー

    みきまる
    みきまるの感想・レビュー
    2017/04/10
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    米国映画っていうより仏映画みたい。
    ケイト・ブランシェットが怪しいアンニュイさを醸し出しているのと、テレーズ(ルーニー・マーラ。若い女の子の方の主人公)が、どの国だったか忘れたけどヨーロッパ出身という設定だからかな。ちょっとマイナーな雰囲気の作風なのも。

    人間にとってセクシャリティを明確にすることは、愛だ恋だという以前のもっと根幹の、個人の人生において重要なことだと改めて思った。
    テレーズの場合は結婚という選択肢が消え、自立を選ぶし。
    彼女の「目覚めた(「生きていてこんなに目覚めたの初めて」だったか?)」というセリフに、それが端的に表されている。
    W主人公だと思うけど、タイトルはキャロル&テレーズじゃないんだなぁ。

    ふたりが出会った頃のクリスマスの雰囲気が好き。初めの頃の少女っぽいカチューシャにボブカットのテレーズが可愛い。
    そしてふたりの一目惚れはピンと来ない。。。キャロルはちょっと特別感あるけど、テレーズって普通の子すぎて。
    私の天使とか、天から落ちてきた人とか言われても、え?そうなん??って思った。要するにキャロルのタイプだったってことだね。
    突然振られるテレーズの彼氏かわいそう。

    話はありがちなテイストだけどふつうに面白い。ラストを見ると、もう一度最初から見たくなる仕掛けになっている。
    途中からロードムービーになるのが意外だった。
    品よく清く慎ましい逃避行かと思っていたら結構エグかった。
    わたしが俗物なせいか、ケイトだけ見えないアングルでずるい〜とか思ってしまった。

    今年のアカデミーは、あれ?カンヌ映画祭でしたっけ?という感じの「ムーンライト」が受賞してたけど、同様にタブーに挑み、体当たりな演技の「キャロル」はなんで取れないんだろう。白すぎるから?
    マイノリティや差別といった側面から、わたし的には同じカテゴリに入るんだけど。
    頑張ってたルーニー・マーラはこれからも是非応援したい。

    余談だけどこの映画の英語、ビギナーの私にはすごく聞き取りにくい。
    え
    の感想・レビュー
    2017/04/08
    3.9

    このレビューはネタバレを含みます

    惹き込まれる

    役者の視線とか仕草だけで訴えかけてくるものがすごくあって、それの捉え方が素晴らしかった、胸が苦しくなる

    これはすごいものを観た..と感じさせられるラスト
    abkyk
    abkykの感想・レビュー
    2017/04/02
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    ブルージャスミンもケイトしかできない役だな、と思いましたが、こちらのキャロルもケイトでしかできないと思いました。
    華やかだけどどこか寂しそうな表情や、余裕しゃくしゃくでライオンみたいに堂々としてるのに、ふとしたことで髪の毛を振り乱すほど慌てふためく。そんな捉えどころのない美しい熟女が本当に似合う。
    こんなお姉様に目をつけられたらたまりませんな。わたしは深い仲になるより前の、デパートでサンタ帽を被ってたルーニーに、似合うわよそれって囁いて去るシーンが一番好きです。ロックオンされてして。目が離せなくなってしまう。それが同性だろうとなかろうと。好きなもんは好きなんだもの。展開早いのもまぁ、一目惚れだから?仕方ないって感じ?な描き方かな。そこらへんがどうも入り込めなくて、ちょっとボーッとしてしまいましたが。でもケイトとルーニーマーラ好きにはたまらないほどどちらも美しく描かれている作品でした。
    (ここのあらすじで、ダメ元でクリスマスカードを送ったとあるけれど手袋返すためです。テレーズは最初そんなイケイケじゃないよ!)
    Aベナタウワー
    Aベナタウワーの感想・レビュー
    2017/04/02
    3.3

    このレビューはネタバレを含みます

    正直途中まで、キャロルが本気でテレーズを愛してるのかわからなかった、彼女の中で娘が一番大切なように思えたから(凄い、良いママだし)旅行に関しても、寂しさを埋めるためにテレーズを誘ったんではっていう風にずっと思ってしまった。テレーズは流されやすいしね。
    だから、キャロルが親権の交渉について譲歩(この表現適切じゃないかも、、思いつかない)したのはびっくりしたというか意外だった。自分らしい生き方を選んだってことなんだよね。。
    最後のテレーズに関しても、パーティの寂しさからキャロルに会いにいきたくなっちゃった。っていう風にわたしには見えたんだけど違うんだろうか、、恋愛って結局そういうことなのか??2人のキャラクターがいまいち上手く掴めなくて、ちゃんと消化できなかった。。
    運命的に出会って抗えないほど引かれ合うという風には見えなかったのだけど、、そういう話ではないということなのか。
    絶対悲恋で終わると思ってたわたしの頭は凝り固まっているのかもしれない。
    ただキャロルもテレーズのファッションも最高に素敵だった。特にテレーズ可愛かった〜。。
    at
    atの感想・レビュー
    2017/03/30
    3.7

    このレビューはネタバレを含みます

    好きになることは素直になること。画面の美しさ。
    リカ
    リカの感想・レビュー
    2017/03/29
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    まさかのレズだったけど、美しかった。難しい恋ならではの切なくて苦しい感じ。
    まきんこ
    まきんこの感想・レビュー
    2017/03/26
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    ルーニー・マーラ出演の映画を探して
    借りたDVD。
    レズだったけど、二人とも美しく
    惚れ惚れした。
    いんどと
    いんどとの感想・レビュー
    2017/03/16
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    あの時代設定でハッピーエンドのLGBTということに価値がある。そしてなにより美しい画
    Ccube
    Ccubeの感想・レビュー
    2017/03/16
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    性別、立場、年齢関係なく、人が人に惹かれること、自分らしくあることの素晴らしさを美しく映像化した作品。

    作中の「人に惹かれる理由や嫌う理由はわからない。わかるのはその人に惹かれるか、惹かれないかだけ」というセリフが作品の全てを物語っている。
    ビアンのそれっぽい淫靡な描き方じゃなくて、人がごく自然に恋に落ちたという事をとても上手に表現していて良い。
    今まで観たラブストーリーの中でダントツに好きかもしれない。
    各キャラクターを演じる役者さんがまたハマリ役で物凄くいい味でてる!
    ケイト・ブランシェットの少し疲れた大人の色気と、ルーニー・マーラのイノセントな眼差しの少女感!!!この組み合わせホント最高だった。どのシーンとっても絵になる。


    気になったのが、キャロルの夫とテレーズの恋人の在り方。
    2人とも「自分が思い描く理想の恋人・妻」の為に献身的に尽くしていて、それを「君の為にこんなにやったのに!」と恩着せがましくアピールしてる所がとてもよく似てる。
    この2人はお互い、キャロル、テレーズという個の存在をちゃんと見ていないんですよね。
    その点キャロル、テレーズはお互いを同性だとかの括りもなしに、個としての存在を認識してそこに惹かれている。
    この対比がとても効果的にキャロルとテレーズの恋を美しく尊いものに見せている。
    物凄くシンプルでピュアな恋愛物でした。
    hana
    hanaの感想・レビュー
    2017/03/10
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    2017.1.26 DVDで 映画ならではの美しさに満ちあふれた画面、ケイト・ブランシェットの魅力的な立ち居振る舞い、程よくせつないストーリー。ああこういうの映画館で普通に月いち位で観れたらいいな、と思えた作品。男性達がわかりやすく嫌な人物像に描かれすぎているところと、ベッドシーンが長すぎる気がしたところが個人的に気になった。百貨店で働いているテレーズがキャロルを目で追うところのカメラワークとか、ルーニー・マーラーの可憐なかわいらしさとか、1950年代を忠実に再現した(であろう)美しい町並み、ずっと観ていたくなる映画。
    ちょっとしたロードムービー気分も楽しめて、バランスのとってもよいストーリー。
    ケイト・ブランシェットをとってもとっても好きになった作品。目だけであんなに語れるものなのだな、とか。
    >|