キャロル(2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    トッド・ヘインズ
    脚本
    フィリス・ナジー
    キャスト
    ルーニー・マーラ
    ケイト・ブランシェット
    サラ・ポールソン
    カイル・チャンドラー
    キャリー・ブラウンスタイン
    ジェイク・レイシー
    ジョン・マガロ
    ケヴィン・クローリー
    あらすじ
    1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

    「キャロル」に投稿された感想・レビュー

    eri
    eriの感想・レビュー
    4日
    2.3

    このレビューはネタバレを含みます

    流されるままに付き合って、急に旅に出ていくテレーズは少々わがままなのでは…リチャードが可哀想で同情。
    これが男女が逆の立場の話であれば(キャロルの夫が不倫しただとか、リチャードが浮気しただとかであれば)、一転して、非難する人は増えると思う。

    テレーズからの電話を、キャロルが切った後の「I miss you」はとても切なかった。

    ファッション・髪型・メイク・インテリア等、50年代の流行は何もかもが素敵。
    縞子
    縞子の感想・レビュー
    4日
    5.0

    このレビューはネタバレを含みます

    一目惚れの演出が何でもないようで、すごくドラマチックになってるところが良いなと思った。
    女優さんが美しいだけじゃなく、演技も最高に好き
    こんな一目惚れがしてみたい。
    1950年代の雰囲気もよかった
    きんぽうげ
    きんぽうげの感想・レビュー
    4日
    4.6

    このレビューはネタバレを含みます

    テーマは同性を好きになる感覚についてではないか。昨今、物凄い勢いで表化されてつつある分野だ。彼女は何故、年上の女性に憧れてしまったのか?ここで、良い悪いという判断をしてはならない行為であるのは分かる。
    恋人がいながら、女性に走ってしまう感覚は、どうしても気になる。
    確かに主演のふたりはうまいと思った。ケートーブランシェットの気品、ルーニー-マーラの初々しさは演技賞ものだろう。
    ただ、作品は演技だけではなく、総合芸術である。一昔前の雰囲気はよく出ていたし、音楽も当時とマッチ。
    旅に出る、ロードムービー的要素と二人が結ばれるまでの緊張感(ハラハラドキドキ感)も充分あったと思える。
    実は、出だしからこの二人、そうなる雰囲気を漂わせていたのは、演出の妙だろう。
    付け加えてルーニー-マーラはドラゴンタトゥーの女でもあった。
    藤瀬
    藤瀬の感想・レビュー
    6日
    3.7

    このレビューはネタバレを含みます

    テレーズと彼氏のの言い争いのシーンがとても好き。

    「説明出来ないけれど…
    話が通じるから好きなだけよ。」
    えぴ
    えぴの感想・レビュー
    2017/02/13
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    いろんな人とそれぞれに愛を育み、愛し方に悩みながら、それでも自分に嘘をつかず凛々しく生きようとするキャロルは美しいなと思った。母親としての役割を疎かにしたわけではないし、家事もできるのに、ただ夫とうまくいかないからという理由で子どもと引き離されるのは辛いよなあ、と。子どもの親権は譲るかわりに面会権を要求するという場面では、精一杯の強がりと精一杯の甘えが観れて愛おしく思えた。
    kaeru3
    kaeru3の感想・レビュー
    2017/02/08
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    「ローマの休日」「地上より永遠に」「旅情」など、50年代の映画のヒロインは、情熱的な恋に落ちても、最後は日常に戻って、元の立場を全うしていた。
    それはそれで余韻が残るけど、キャロルとテレーズの、ギリギリまで踏ん張って、現実的な解決と新しい選択を両立させるラストも、清々しいなと思った。
    みどな
    みどなの感想・レビュー
    2017/02/06
    3.4

    このレビューはネタバレを含みます

    ドラマ。
    恋する相手が、異性だろうが同性だろうが「私」じゃないか。

    とても「色」に目がいく作品でした。
    キャロル(ケイト・ブランシェット)を象徴する「赤」色。
    そんな彼女に惹かれていくテレーズ(ルーニー・マーラ)は「青緑」色。
    いわば「補色」の関係にある。
    …全体的に彩度が低いのかな?普通「青」だもんなあ

    物語はテレーズが軸にあるため、色合いが主観のように感じられる。
    (だから見ている側も赤に目がいく)
    自分に自信がないテレーズの世界観だから、モノクロのように少し霞む色合い。
    結婚目前でクリスマスなんて煌びやかで浮き足立つ街並みの中、
    何よりも誰よりも鮮やかな色合いを持つのはキャロル。
    山本綾夏
    山本綾夏の感想・レビュー
    2017/02/04
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    良い。可愛い。だけじゃない。同性愛ではなくて憧れって感じかな。いやらしくなくてとても綺麗だった。
    ery
    eryの感想・レビュー
    2017/02/04
    3.9

    このレビューはネタバレを含みます

    岩井俊二を思い出すような映像の綺麗さと、女優たちの素晴らしさに圧倒されました。
    ルーニーが可愛すぎる。衣装も車もぜんぶ素敵!!!!
    多くを語らない終わり方も好きです!
    Momoka
    Momokaの感想・レビュー
    2017/02/02
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    やっぱりラストでキャロルがテレーズの方に触れる場面。テレーズの中でそれまで抑え込んでいた気持ちが爆発するような、自分でもどうにもできない思いがひしひしと伝わってきた。結局は言葉ではない何かが人を動かすんだな…。
    テレーズがキャロルに憧れる気持ちはすごくわかる。その感情が恋なのかとか女性としての憧れなのかとかはどうでもよくて、理性の範疇を超えてただただ惹かれてしまうもの。すごくロマンチックで何もかも素敵だった。
    >|