キャロル(2015年製作の映画)

Carol

上映日:2016年02月11日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    トッド・ヘインズ
    脚本
    フィリス・ナジー
    キャスト
    ルーニー・マーラ
    ケイト・ブランシェット
    サラ・ポールソン
    カイル・チャンドラー
    キャリー・ブラウンスタイン
    ジェイク・レイシー
    ジョン・マガロ
    ケヴィン・クローリー
    あらすじ
    1952年、ニューヨーク。ジャーナリストになる夢を持ってマンハッタンに出て来たテレーズ(ルーニー・マーラ)は、クリスマスシーズンのデパートの玩具売り場で臨時アルバイトをしている。テレーズにはリチャードという恋人がいるが、なかなか結婚には踏み切れないでいる。そんなテレーズの前にある日、娘へのクリスマスプレゼントに人形を探しているキャロル(ケイト・ブランシェット)が現れる。エレガントで洗練された美しさを持ち、裕福そうなのにどこかミステリアスな雰囲気を醸すその女性に、たちまち心を奪われるテレーズ。送り先伝票からキャロルの住所を知るテレーズは、ダメ元でクリスマスカードを書く。すると驚いた事に、すぐにキャロルから連絡が届く。そして二人は会うようになり、テレーズは、キャロルが人妻で、現在離婚訴訟の真っ最中で、娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしている事を知る。婚約者からの求婚のプレッシャーや、これからのキャリアに対する不安からストレスを感じているテレーズは、クリスマス休暇に別居中の夫に娘を取られて孤独のキャロルから、車での小旅行に誘われる。生まれて初めて本物の「恋」をしていると実感するテレーズは、キャロルとの愛の逃避行に出発するが、この旅がきっかけで、この先二人の運命が思いがけない方向に向かうとは、まだどちらとも気づいていなかったのである…

    「キャロル」に投稿された感想・レビュー

    まきんこ
    まきんこの感想・レビュー
    10時間
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    ルーニー・マーラ出演の映画を探して
    借りたDVD。
    レズだったけど、二人とも美しく
    惚れ惚れした。
    いんどと
    いんどとの感想・レビュー
    2017/03/16
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    あの時代設定でハッピーエンドのLGBTということに価値がある。そしてなにより美しい画
    Ccube
    Ccubeの感想・レビュー
    2017/03/16
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    性別、立場、年齢関係なく、人が人に惹かれること、自分らしくあることの素晴らしさを美しく映像化した作品。

    作中の「人に惹かれる理由や嫌う理由はわからない。わかるのはその人に惹かれるか、惹かれないかだけ」というセリフが作品の全てを物語っている。
    ビアンのそれっぽい淫靡な描き方じゃなくて、人がごく自然に恋に落ちたという事をとても上手に表現していて良い。
    今まで観たラブストーリーの中でダントツに好きかもしれない。
    各キャラクターを演じる役者さんがまたハマリ役で物凄くいい味でてる!
    ケイト・ブランシェットの少し疲れた大人の色気と、ルーニー・マーラのイノセントな眼差しの少女感!!!この組み合わせホント最高だった。どのシーンとっても絵になる。


    気になったのが、キャロルの夫とテレーズの恋人の在り方。
    2人とも「自分が思い描く理想の恋人・妻」の為に献身的に尽くしていて、それを「君の為にこんなにやったのに!」と恩着せがましくアピールしてる所がとてもよく似てる。
    この2人はお互い、キャロル、テレーズという個の存在をちゃんと見ていないんですよね。
    その点キャロル、テレーズはお互いを同性だとかの括りもなしに、個としての存在を認識してそこに惹かれている。
    この対比がとても効果的にキャロルとテレーズの恋を美しく尊いものに見せている。
    物凄くシンプルでピュアな恋愛物でした。
    hana
    hanaの感想・レビュー
    2017/03/10
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    2017.1.26 DVDで 映画ならではの美しさに満ちあふれた画面、ケイト・ブランシェットの魅力的な立ち居振る舞い、程よくせつないストーリー。ああこういうの映画館で普通に月いち位で観れたらいいな、と思えた作品。男性達がわかりやすく嫌な人物像に描かれすぎているところと、ベッドシーンが長すぎる気がしたところが個人的に気になった。百貨店で働いているテレーズがキャロルを目で追うところのカメラワークとか、ルーニー・マーラーの可憐なかわいらしさとか、1950年代を忠実に再現した(であろう)美しい町並み、ずっと観ていたくなる映画。
    ちょっとしたロードムービー気分も楽しめて、バランスのとってもよいストーリー。
    ケイト・ブランシェットをとってもとっても好きになった作品。目だけであんなに語れるものなのだな、とか。
    やわらか
    やわらかの感想・レビュー
    2017/03/10
    3.6

    このレビューはネタバレを含みます

    完全に二人のヒロイン、ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの演技で成立してる映画ですよね。その二人がとても魅力的。対照的な役柄なのに、どちらも凛々しくてかつどこか弱い。
     
    最後どんなタイミングで終わるのかなーと思って観ていましたが、そこでそう終わるのか、とちょっとびっくりしました。でも印象深い良い終わり方だったと思います。
    彩菜
    彩菜の感想・レビュー
    2017/03/06
    2.7

    このレビューはネタバレを含みます

    女優さんと街がひたすら綺麗だった
    映像が綺麗!!
    暗い気持ちの時に見たら心にしみてたかなと思う
    お話もあまり理解できなくて、見る時期がまだまだ早く、自分の経験値が足りないなーって感じでした
    remy
    remyの感想・レビュー
    2017/03/02
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    Good!
    ラストの余韻が心地良い

    2016年のベスト10
    サトー
    サトーの感想・レビュー
    2017/02/28
    4.4

    このレビューはネタバレを含みます

    とにかく全てのカットが
    美しく、色彩豊かで、お洒落。
    セリフも。
    それだけでお腹いっぱいになった。

    加えて
    つい食い入るように観てしまう芝居
    一人一人の孤独が伝わってきた、と感じた

    愛がなにかは、私にはまだわからない、、。


    なぜ惹かれるのかはわからない
    分かるのは、惹かれているかどうかだけ
    ヤマモト
    ヤマモトの感想・レビュー
    2017/02/26
    3.9

    このレビューはネタバレを含みます


    本日3本目のハシゴ映画の旅を終えた。

    映画ってやっぱり見た直後の感想が1番新鮮だと思う。だから3本目の「キャロル」から感想を書かせていただこうと思います。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    あまりにも美しすぎる2人の女性のお話です。

    本当に最高のキャスティング。私以外の多くの女性が2人を見て心底うっとりしてしまったはず。

    ケイトによるキャロルの娘への愛情表現、すごくよかった、、、、私も母親にあんな風に愛されたかったなと思ってしまった。

    2人はお互い一目惚れだったのかな、、、?「惚れ」というか一目見て「惹かれた」のかな。

    この映画の全てが美しかった。
    eri
    eriの感想・レビュー
    2017/02/20
    2.3

    このレビューはネタバレを含みます

    流されるままに付き合って、急に旅に出ていくテレーズは少々わがままなのでは…リチャードが可哀想で同情。
    これが男女が逆の立場の話であれば(キャロルの夫が不倫しただとか、リチャードが浮気しただとかであれば)、一転して、非難する人は増えると思う。

    テレーズからの電話を、キャロルが切った後の「I miss you」はとても切なかった。

    ファッション・髪型・メイク・インテリア等、50年代の流行は何もかもが素敵。
    >|