アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

LA VIE D'ADELE/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

あらすじ

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

Mimi

Mimiの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

難しかった。まだ完全に理解しきれていないと思う。

映像の美しさが印象的。
現時点で考えたのは、エマは家庭環境にも恵まれてて、親にも堂々と女の恋人を紹介できて、アデルにはそういった余裕はなかったんじゃないのかなって思った。

だれのどんな恋愛にしろ、そういう部分の差はあるし、辛いよなって思った。
akane

akaneの感想・評価

3.6
3回に分けてみた長かった、、
あの疎外感場面は違うけど味わったことあるなぁ
rain

rainの感想・評価

-
あの…えっちぃ…です…
目黒シネマでやってるのか!劇場スクリーンで観てもええな…
というか久しぶりに映画館いきてぇ
生きてるだけで愛もみてねぇし
袖のちぎれてた上着をみてワイルドスギちゃんにしかみえなくなっちゃったよぉ〜
瞳の美しい役者はいいね…唇も美しい…
ものすごく自然で現実的、ふつうなら飛ばすようなところがカットされずに役者の表情と身体の距離感において様々なことを語っている。よって長い。でも退屈はしない。
胸が締めつけられる、傑作。
tiimi

tiimiの感想・評価

4.6
なんと過激な。アマゾンプライムではモザイクかかっていたけれど。美しい芸術的な性描写。
エマ美しいなぁ。バーで二人が会話を初めて交わすシーンでは何とも言えない不思議な気持ちが込み上げてきた。
レズビアンはオープンにはできないとしてもお互いの気持ちに正直に愛しあえていた。
アデルのさみしい気持ちもわかる。後悔の気持ちも。
そして見ていて感じたことは、フランス女性は年を重ねるごとに素敵な女性になるということ。
若さを売りにしている国に飽き飽きする私にはフランス女性の考え方がとても好きでしっくりくる。年をとりたくないと思わず、経験を積んでどんどん大人になりたくなる、そんな国。
かえで

かえでの感想・評価

3.4
3時間はちょっと長すぎた
でもところどころに出てくる青色が綺麗
監督が一度しか台本読ませずにほとんどアドリブで演技させた?
フランス語に集中しすぎて途中で字幕頭に入ってこうへんくなる
終わり方よくわからんかった
エマ男前
音楽というか、あの東南アジアっぽいなんの楽器だ?みたいな音がよかったなぁ
のり

のりの感想・評価

3.5
贅沢な尺の使い方やな〜、そのシーンそんな尺とる?みたいなのもあったけど、何か古き良きフランス映画を思わせる感じー、映像もフランス映画独特の美しさ。
女性同士の恋愛だけど、普通によくある恋愛を描いてるように観えた。よくある過ぎてむしろ切ない。
chibimana

chibimanaの感想・評価

3.6
友達じゃないのがときに辛いし
恋人じゃないのも辛い
1度でも深い関係になるって
少なからず跡を残すもの
ちゃそ

ちゃその感想・評価

3.5
長すぎるからなかなか見る気おきやんかったけど色々あってみました。

僕は完全に性格もおっぱいもエマ派でした。はい。

恋が冷めて行くにつれてエマの髪色青くなくなっていくのんなんかええなぁ。アデルずっと口開いててなぁ。閉じたらもっと可愛いのになぁ。
最後、エマの個展からアデルが去って行くところで映画俳優で不動産の人が追いかけるんかなおもたら追いかけへんしなんかよくわからんかったなぁ。

ベッドシーンの尺長すぎて金玉パンパンおじさんなるんで注意。
ひさら

ひさらの感想・評価

3.0
長くて3回に分けてみた。
キャロルは落ち着いてしっとりとした感じ、こちらはフレッシュで情熱的。
付かず離れずな息遣いが伝わる距離での会話、何度もキスするシーン、ぶつかり合うシーンは愛が溢れて仕方がないって感じで、性別関係なく想いの伝わり方は同じなんだなって思った。
>|