アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価・動画配信

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

La vie d'Adèle/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

K

Kの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

全体を通してリアリティがあり、エマがブチ切れてアデルを家から追い出すシーンが良かった。

アデルの表情の変化が素晴らしく、息苦しくなるくらい切なかった。

ベッドシーンが映画としては過激で長く感じたけど、恋愛をリアルに描こうとした時、また女性同士のそれを描こうとすると必然なのかも知れない。
M

Mの感想・評価

3.8
前半の恋愛はただただ美しくて、ロマンティックでよかった(各シーンちと長い気もしましたが)
アデルの後半の落ちっぷりにかなりイライラしつつ、カフェで再開した時のエマに泣きました。
アデルについては1年生の担任になった時の学校での子供への接し方の描かれ方に、この大人になり方の間違え方わかるわー(こういう人いるよね)となりました
髪型大人っぽく変えてみた、みたいな会話はその浅さがストレートに出てた気がする
何度も何度もみてしまう、、、そしてその度に泣いてしまう、、、切ない、あまりにも切なすぎるよ🥲それでも2人が出会うシーンとデートを重ねていくシーンが本当に素敵すぎる。レアセドゥもガチで惚れる。最後のシーンもとても良くできてるし、どこを切り取っても2人の大恋愛が愛おしい😫😭😫😭💞
梅子

梅子の感想・評価

3.0
本当に本当にベッドシーン長かった。
検索したら監督は主演2人とも役名=本名にしたかったらしく、レア・セドゥは断ったらしいんだけど、なんというか名前が同じっていうのは観る人もフィクションとわかってても、「でもどこかしら役者本人と地続きなんじやないの?」ってうっすら想像させる効果もあると思ってて、役と本人を混同させる、それを監督じゃなく役者に背負わせるんだからなんか嫌だなと思った。(オフショットを本編に流用するためらしいけど)
小山

小山の感想・評価

4.1
アデルは良い主人公だったな、、、エマとその取り巻きへの憧れと同時に感じてた劣等感は拭えなくとも、しっかりと信念を持って生きていることが丁寧に描かれている。あらゆる場面で傷つきながら、それでも懸命に働くシーンを丹念に描くからこその説得力。その眼差しを作り手側から感じることができた。

諸問題を抱える監督としては、作品が評価されて良かったですね、、、()
麗

麗の感想・評価

3.7
ちょっと覗いたつもりが気づいたら観終わってた
この時間にボロネーゼは罪よ。
とりあえずそーめんをフォークで食べてみる
gcp

gcpの感想・評価

4.0
なんか暑さ以上の、暑さ以外の?エネルギーに打ちのめされたくなり「今だ!」と観た。よかった!納得の3時間。文系女子vs理系男子の1歳年上ぐらいじゃあ話あいませんわって感じから、わたし女の子もアリなのか?事件を経て、エマ曰く「人生に偶然なんてない」邂逅。男女関係なく違う世界を見せてくれる人に憧れるもの。あとは身体の相性か?てのをこれでもか!と濡れ場に割いています。それは情熱飛び越えた愛のぶつかり合いで格闘技のよう(もちろん2人の肉体は美しすぎるくらいだから)余計にアデルのウサギっ歯とエマのすきっ歯がキラキラしてる公園のシーンの方にドキドキしてしまった。歯ってえろいんだな、それはアデルのだらしない口が欲望の象徴だったからかもしれない。盛盛のパスタ、お腹が空いてなくても食べたいアデルとお上品に"新鮮な"牡蠣を食べるエマ。パーティーでどんなに手料理を振る舞っても誰も味に言及なんてしない。インテリ芸術家たちのほとんどが、それを貪り食っている。その中心で常に微笑んでるエマ。居心地悪いどころか地獄絵図で、もはやきったなく映るパスタ見るだけで胸焼け起こした。誰かを愛しても誰かの人生をまるごと愛すのは意外とむつかしい。彼女が愛する芸術、彼女が守りたい夢、彼女の仲間、彼女の生活、価値観の違う家族、終わらないパーティー、情熱の有無。アデルはダンスがうまいので良い時と悪い時とヤケクソの時のダンスの対比がとてもよかった。いつまでも印象に残るのは輝くエマ(の微笑み)だけど、我々の現実はきったない泣き顔と鼻水まみれの人生。でもアデルはきっとやっていける。哲学的な言葉が散りばめられて頭フル回転できるフランス映画がやっぱり好きだなー
ayamugi

ayamugiの感想・評価

3.2
心許なさで一気にみれなかった
生牡蠣食べたい…
美味しさ伝わらないが
Renaaaaa

Renaaaaaの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

大好きな映画でした。アデルが自分の気持ちに気づくタイミングがちょうど私と同じ年齢だったので自分と重ねてしまいました。
途中でアデルが男性教師に気持ちが傾いていた原因も分かるし、エマが激怒した意味も身に染みて分かるので余計に辛かったです。(お願い!仲直りして!!って思いながら観てました)

別れた2人は互いに成長できると思いたいです。(アデルは自分自身で文才であることに気づく、エマは人との関わりをたくさん持つ)
個人的にひたすらアデルがイカしてた。

作品としては、「青色」の使い方が鍵となって出会いからラストまでの流れが美しく儚かった。
アデルとエマの対比を追っていくと分かりやすい。

007観てないから知らんかったけど、エマ役のレアセドゥって人ボンドガールなんや。
>|

あなたにおすすめの記事