アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

LA VIE D'ADELE/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家…

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家になったエマのモデルをつとめながら彼女と暮らし、幸せな日々を送っていた。ところが、エマが絵の披露をかねて友人たちを招いたパーティの後、急に彼女の態度が変わってしまう。淋しさに耐えかねたアデルは、愚かな行動に出てしまうのだが──。

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

ボロネーゼが食べたくなる映画。
随所に女性らしさというよりは人間臭さを全面に出したような寝顔、表情、生活の一部が逆に色気があった。

あと、後半になればなるほどスカイブルーが目に入ってくる。
しぃ

しぃの感想・評価

2.4
んーやっぱりフランスの映画は心にくるね。

とんでもない百合映画です。
アデルの感じる疎外感や孤独、エマの感じる取り戻せない過去への悔しさなんかがすごく感じ取れました。

ただねぇ〜、長いね。愛のむきだしほどではないけど三時間弱もある上にこ〜フランスの恋愛映画特有の間が長かったり遠回しだったりがよくあるから結構耐久力いる

しかし素晴らしいです
表情のアップの繊細さ、すごい。
セリフじゃなくて表情で演技する主役二人にずっと見入ってしまう。
映像もハッとするような美しさがあって、セクシーなシーンもある。だけど、全体を通してゆったりとした感じで不思議。

好きなこと、好きな人、周りを気にしないで愛したいね
ma

maの感想・評価

3.8
アデルの口がたまらんく色気あるしエマの甘い感じが観てて飽きんかった、2人のセックスシーン激しすぎて見とるこっちが恥ずかしくなったけどすっごい綺麗でやっぱり愛には性別なんて関係ないなって思わされた!このままうまくいくかと思いきやすれ違って、より戻ったと思ったらもう相手がおってアデルの涙みててすごく苦しくなったなあ、時間長かった割に飽きんくてなかなか良かった!
赤鬼

赤鬼の感想・評価

5.0
今まで見た映画の中でここまで殴られたような感覚に襲われた作品は少ないし、見終わった後も暫くはこの映画から離れられなかった。
咎

咎の感想・評価

3.3
恋の始まりから終わりまで。

時間の経過が分かりにくく長く感じた。
アデルに少しイライラしてしまう。寂しがり屋の人は共感できるのかも…。単純に好みではなかった。
Inori

Inoriの感想・評価

3.3
三時間に渡る恋愛ドキュメンタリーを見たという感じです。これだけの長さになったのは、セリフもなくただ登場人物の(主にアデルのアップで)表情を映すシーンがてんこ盛りなため。それを無駄と捉えるか、ディティールにこだわってるかと捉えるかは人次第でしょうが、私にはやや冗長に感じられました。ただ、その点を除いてもなんでもこだわるフランス映画らしく、アデルが次第にエマに入り込んでいくの(ブルーを身につけるようになる)と対照に、エマは髪を染め青を身につけることがなくなっていくのはさすがというか、よく見ていないと気づきません。後個人的にレアセドゥが役にはまっています。
mako

makoの感想・評価

-
日常の一部を切り取ったような感じで自然に美しい。 フランス語ももっと聞いていたくなる。 レアセドゥ綺麗です。
kiko

kikoの感想・評価

3.6
エマのあの眼差し❢エマの凛とした危うげな雰囲気はLGBTじゃなくても惚れてしまいそう。
アデル‥自業自得とはいえ逃した魚が大きすぎ
あれから10年後‥とか見てみたい。
annyr

annyrの感想・評価

4.0
一つの恋が始まって終わるまで。
そして、また恋が始まる予感。

どうしたって共感してしまう描写が多かったな。
>|