アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

LA VIE D'ADELE/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

好きな女の人トップ3の名前全部Emmaなのは何故わたし

Emmaの青い髪、時間帯、光によって見える色が違うのあたりまえだけど本当に素敵


公園で2人がキスするシーン、唇が離れるたびに太陽の光が間に、 見惚れてしまった
交錯

交錯の感想・評価

4.2
これほどの熱量で誰かを好きになったなら、どうなってしまうだろう。
アデルがひと目で恋に落ちるエマは、外見も内面もとても魅力的な人物なのだけど、同じようにアデルもまた蠱惑的で、あどけない笑顔が甘く、泣き顔が庇護欲を掻き立てられる。主演の二人にパルムドールが贈られたというのも納得。

再度、鑑賞。
劇中出てくる男性陣が「アナ雪」と同じで馬鹿ばっかりみたいに思える。まぁ、実際、そんなものだろうけど。
み

みの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

表情の描写が秀逸過ぎた!顔のアップの連続が新鮮。やり取りがリアルで台本なかった(あったけど一度しか役者は読んでない)のも納得!
欲に素直なアデルは100%エマしか見えてないけど、エマは自分の夢がある。家庭環境も真反対。どちらにせよ二人は別れてたんじゃないかな、最後の最後、そのことに気付いたようなアデルの表情が切なく苦しかった。

このレビューはネタバレを含みます

アデルがなんかやだなー、って感じてたリーズがその後のシーンでエマと恋人同士になっていました、て展開がとてもやりきれない

ほんっとにエマとリーズが一緒に暮らしてる未来が嫌すぎて嫌すぎて。
アデルに感情移入しすぎてとても悲しい
mch

mchの感想・評価

3.5
恋をした人がたまたま女性だった、そんな一恋愛を映した感じ。
表情や間から状況を伝えることがすごく上手な映画。
恋愛って一時の感情で終わっちゃうんだなーって悲しくなった。
愛ってこんなにもシンプルな想いなんだって学びました。ただ好きってだけなんだね。それ以上でも以下でもなくて、複雑なのは周りを取り巻く状況であって想いそのものではない。
kabcat

kabcatの感想・評価

4.0
今回、179分版で再度鑑賞。あらためてこの映画は主人公アデルが恋に落ちた相手が女性だっただけであり、普遍的な恋愛の姿を扱ったものだと感じる。アデルとエマの不和は、両者の社会的・文化的背景の違いによるすれ違いとコミュニケーションの不十分さから生じていること、またアデルがどこにいても孤独感を覚えていることなどが、エピソードの端々(食事、会話など)からわかるようになっている。
問題となっている長い性的描写は、あまりにも長いことと正面からまるで彫像作品を写すかのような映像なので、それほど刺激的には思えなかった(このシーンを観ていると、監督の前作『クスクス粒の秘密』に出てくる少女のダンスシーンを思い出し、こういう肉々しい絵をずっと撮るのが好きなのだろうなと思う)。
それよりもカットされず短縮版に残されていたシーン(アデルが会ったばかりのエマを夢想するシーンや、カフェで再会した別れたエマの指に接吻を浴びせるシーン)のほうがよっぽどエロティックである。さらに言うならば、アデルがものを食べるシーン(口を開けたままパスタをむさぼり食い、ナイフをなめる等)が最も生々しく、彼女の熱情やエロスを端的に伝えていると思う。
レア・セドゥはとても好きな女優だが、この映画はなんといってもアデルを演じたアデル・エグザルホプロスがすばらしい。表情はあまり変わらないのに、その内に秘めた生命感や情熱が滲み出ているようで、まさにはまり役だ。
エマがアデルのことどれだけ好きだったことか。出会ったときもいとこなんだって未成年のアデル守ってたし、体裁とか気にせず付き合ってたし、裏切られたことをめちゃくちゃに怒ってたし。アデル主観じゃ見れないところもあると思う。
青が悲しみの色じゃなくて、始まりの色になったらいいな。
y

yの感想・評価

1.0
見放題動画配信で、評価が高いので見た。
この評価の高さならただの青春ものではないよなぁと願いながら、つまらなさすぎたけど頑張ってみた。
ただの若い子の恋物語・・・・

偏見を描くでも無く。深みは0
惚れた、振られたをこの時間をかけて・・・。

全く おすすめしない。

レア・セドゥ、良く受けたなぁ。
>|