アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価・動画配信

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

La vie d'Adèle/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

E

Eの感想・評価

3.5
3時間長かった…
さすがフランス映画、文学やら芸術やら哲学やら、議論するのが好きな国民性なのか、台詞がたまに難しく置いてけぼりにされた感じがあった。

ただ、レズビアンのラブシーンは長いからこそ、リアルだろうなと思った。

まさかエマの青い髪が金髪になることが、2人の心のすれ違いを表現していたかと思うと、さすがとしか言いようがない。
ラストでは、アデルは鮮やかなブルーのワンピースを着ていることも、なんらかの象徴だったんだろうか。

とにかく、2人が愛し合い続けるには、社会の目とお互いの人生観、職業の「タイプ」それぞれが影響し合い、一生忘れられない恋愛「だった」のだろう。

このレビューはネタバレを含みます

なんと言えばいいだろう、
観終わってしばらく余韻で動けなかった。

人生に偶然はない
女性同士の恋愛を描いた作品だけど、性別は関係なくどんな関係性にも起こりうる話。
終盤のカフェシーン、生涯忘れないと涙を流しながら言うエマと泣きじゃくるアデル
できるなら時間を巻き戻したいけど、やってしまったことは戻らない、もうあの頃には戻れない、どうしようもない後悔、そういうことあるよなと、、大切な人を失う辛さが痛々しく伝わってきた。

アデルの寝顔とボロネーゼを食べるシーンが何度も出てきて印象的だったけど、色んな解説をみてそういうことかと納得。


レアセドゥが美しすぎて。
目線の運ばせ方やアデルに向ける表情が、すごい。こっちまでどきっとする。
あどけなさが残るアデルの表情も印象的。

色彩の表現も美しかった。

忘れられない作品になる。

BGMがない映画
全てを晒してる演技。すんごい
翻訳の言葉が美しい
みなみ

みなみの感想・評価

3.5
過激なところは観れなかったけど、、
泣いた。。。
こうなる運命だと思うと悲しすぎる。。
大人の事情というか環境というか、、
もっと素直に生きていけたらね、、
直接的なシーン多くて結構飛ばしたけどその後のストーリーに強く影響するわけでもないので大丈夫かな
雰囲気あるレアセドゥがかっこいい、プライドパレードに参加してる場面が良かった
ひじり

ひじりの感想・評価

5.0
物凄い映画を観てしまった。
人生に一度あるかないかの大恋愛を
追体験できる。

違うからこそ惹かれ合い
違うからこそ離れてしまった2人

セックスシーンはかなり長いと感じたけれど、
2人の愛の深さや身体の相性を伝えるのには言葉よりも雄弁だった。

「好きだけど別れるしかない」

レズビアンであることが問題ではなく
本質は、家庭環境や生きる社会の格差にある。

前衛的で変化に柔軟な[芸術]に生きるエマと、規律と調和を重んじなければならない[教育]に身を置くアデル。

エマは仕事に生き甲斐を得るが
アデルは恋人を生き甲斐にしてしまった。

その微妙なすれ違いや価値観が浮き彫りになっていく過程が何ともリアル。どちらにも心が動かされるし、芝居がこれまた最高に凄い。


人生で観た恋愛映画の中で
一番忘れられない作品になるだろうな

このレビューはネタバレを含みます

エマの髪の色が青くなくなるのに対してアデルの最後のワンピースが青いの見て、もーーーー!ってなった
エロシーンちょっと長すぎて、耐性ない自分にはキツい場面があった。けど一つ一つの描写が綺麗で自然で良かった。映画的でなく、良い意味でリアルな恋愛。
Nanako

Nanakoの感想・評価

5.0
何度も泣いた
本気だったんだよね。でも2人はこうなるんではないかと思ってた
アデルもちゃんと幸せになってほしい、、
すみ

すみの感想・評価

4.3
「人生に偶然はないわ」

エマ美しすぎてびびった。
あんなのに出会ってしまったら誰でも人生狂う。 
アデルとエマが言葉の通り本当に運命の人同士で、わたしの心の中の宇多田ヒカル大先生が「♪初めてのルーブルはなんてことはなかったわ 私だけのモナリザもうとっくに出会ってたから〜」と歌い出しました。
間違いなく運命の2人だったと思うけど、エマはアデルに自分にとっての絵みたいに好きなことを見つけて欲しいと思っていて、当のアデルはただエマの傍にいて、愛して愛されたかったんだから2人の思うお互いの幸せはきっと形が違ってたんだな。

後半のアデルのあのどうしようもなさ、めちゃくちゃリアルだったな。
なんで傷つけた側が泣くんだよと思ってしまうけど、大切な人を傷つけてしまったときはほんとにわけわかんないくらい苦しくなっちゃうのもわかるもんな〜〜
エマの涙と「ゆるしたわ」の一言がとても好き。
あとキャッチフレーズになってる「あの時から、生きることは歓びになった」っていう言葉がとても美しくて素敵。
本当に好きな人は世界を美しくしてくれるような人なんだろうな。
>|