アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

LA VIE D'ADELE/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家…

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家になったエマのモデルをつとめながら彼女と暮らし、幸せな日々を送っていた。ところが、エマが絵の披露をかねて友人たちを招いたパーティの後、急に彼女の態度が変わってしまう。淋しさに耐えかねたアデルは、愚かな行動に出てしまうのだが──。

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

PI

PIの感想・評価

3.7
女の子が少し背伸びして綺麗なお姉さんに恋をした話。
初めて見た大人の世界。
あれは本物の愛⁈
今は別れたばかりで悲しくて、寂しくてやりきれないけれど、多分、時間と共に甘くて苦い思い出になり、何年後かにはステキな男性と結婚するんじゃないかな?って思う。
アデルのルーズなヘアスタイルやワンピースに黒タイツが可愛かった!
Nia

Niaの感想・評価

3.9
対照的な2人
エマのような人に惹かれるのは分かるような気がする
ラストが胸が苦しかった
プドウ

プドウの感想・評価

5.0
個人にLGBTの額縁を持たせない映画。
本当に純度の高い作品は、枠を無くして個人同士になる。
役者が最高。もはや職人。ここに映る人物が虚構であることに絶望するくらいの質量があった。
りさこ

りさこの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

3時間もあるから見るのを尻込みしてたけど、見てみたらあっという間の3時間でした。
序盤は自分の性とどう向き合うか…みたいな感じだったけど、後半からは話の内容もだいぶ変わり、あっ、そっちの話?!って感じだった。
アデルを見つめるエマの目がもうね、悪い目してるのよ〜〜、あんな目で見られたら秒で好きになっちゃうわよね〜〜。
もう後半のアデルがケダモノすぎて見てられなかったけど、バクバクご飯食べたり鼻水ズルズルで泣いたり、そうやって大人になっていくのよ、アデル…って感じだった。
結局エマは恋愛より仕事を選んだという印象を受けました。リーズに媚び売ったり、アデルとの復縁も期待できたけど、アデルと復縁したら私のキャリアもここで終わってしまう…って思ってたんでしょ!指ベロベロ舐められながらそんなこと考えてたんでしょ泣!
別れるなら別れるで一生想い続けるなんて言うもんじゃないわよ!浮気したアデルも悪いけどエマにも悪い部分があるじゃない!
なんて考えながら見てました( ˘ω˘ )
アデルとエマってなんかテルマとルイーズを連想させるの私だけかしら。
LC1326

LC1326の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

アデルの人生

たまたま好きになった人が同性だっただけ。
愛は愛。
カタチにこだわらない自由なフランス人の愛のカタチ。

だけどアデルは自身が無かったんだよね。
人からどう見られるのか、恐かったんだよね。
それをエマは感じ取ってたから、
喧嘩した時涙は出てなかったんだね。

アデルにとって青は永遠の青。

個人的に青のドレスがエマの”いつまでも思い続けてるよ”の返事だと感じた。

Tu me manqué
3時間あったのに一気に観てしまった。ということは、多分面白かったんだろうなぁ。予想外に面白かった。ただどの辺りが面白かったのかいまいち掴みきれてない。

海の青、最後のドレスの青、青について印象深い使い方。音楽で感情を揺さぶらない辺りがまた良かった。アデルの口がほぼずっと半開きなのがあどけなさをとてもよく現していたのが印象的。アップが多く台詞もだけどそれよりも表情や涙や顔色で心情を汲み取るような映画だった。にも関わらず、頭を使わせない所が心地よさや面白さに繋がった気がする。伏線も直接的すぎもせず間接的すぎもせず分かり易かった。

価値観や住む世界の違い、埋めきれない何かのズレ、運命や人生ってそういうものなのか、と思わせる描写だった。
率直に言って、ラストの流れがすき。
海とか空とかドレスとか所々にブルーの要素があって素敵。
もうここまで来ると 合う、合わないの次元じゃ無いんだな
女性同士の恋愛を正面からガッツリ描いたという点ではセンセーショナルだし、オリジナリティーもあるのだけど、ストーリーそのものは、同性異性かかわらず何処にでも転がってる恋愛話に思えた。古傷が痛んだり共感できるところはあるけど。この話で3時間は長い。
セクシャルマイノリティーが主役の映画って今や沢山あるので、それが主題ではなくて背景の一つに過ぎないような、それが当たり前の時代が来ればいいな。多様なセクシャリティが、わざわざ断りを入れなくても、当たり前に出てくるような。登場人物のセクシャリティに関係なく、魅力的な映画が見たい。
それとアデルの高校の女友達な…日本の田舎のうるさいオバチャンと変わらんやん…!おフランスの女子高生もあんなんかい?笑
かいち

かいちの感想・評価

5.0
過剰なシーンはいくらかあったけど3時間あっとという間だった.2人の恋は本物で過ごした日々,別れや再会のシーンはとても心に響いた.
uematsu

uematsuの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

これは賛否が別れるなぁ。欲望という欲望を生々しく描いててボロネーゼのシーンとかすごい好きでどこか邦画っぽい何気ないシーンもよかった。ただテーマがLGBTなだけに欲望とその個性がセットみたいに見えちゃうと嫌な人は嫌だろうなぁ。そういうふうに思ったことも偏見なのかなぁ。難しいけど、俺は良い作品だと思いました。
>|