水戸拷悶の作品情報・感想・評価

水戸拷悶1992年製作の映画)

製作国:

上映時間:59分

4.0

「水戸拷悶」に投稿された感想・評価

冒頭、カッターで自らの手に十字架を刻んでおまけに根性焼きする平野勝之。
カッターだと上手く切れなくて何度も何度も刃を突き立てて傷口を深くするその光景がヤバイ。

女優への責めがほとんどスカトロなので見ていて苦しくなる。
あと、どこからが演技でどこからが本物のリアクションか、とか考える。
実際、女優が強がって「演技で泣いてるという演技」をしているのかもしれないし、そうだとしたら余計に辛いな。

個人的にはイエス・原という男優が気に入った。
吐きながら、笑いながら、恐れおののくという鬼畜クラシック!

"AVギャルが本当に嫌がった行為は何か?"という観点で見ると、女性と暴力についての極めて巧みな作品でもある事がわかる。
開始早々、まるで拷問する側の契りのようにカッターで平然と自分の手の甲を十字に切りタバコを押し付ける平野勝之が本当にキチガイ。
編集のうまさとテンポの良さで、ポップに見れたけど実際に撮影に立ち合ったら目を塞ぐどころか逃げちゃいそう
パブ郎

パブ郎の感想・評価

3.8
Nirvana、perfume、ハイスタ、ダチョウ倶楽部…
そんなんYouTube開けばいつでも出会える。

こちとら原・杉山・井口の三人組だよ?