メイキング・オブ・ドッグヴィル 〜告白〜/ドッグヴィルの告白の作品情報・感想・評価

メイキング・オブ・ドッグヴィル 〜告白〜/ドッグヴィルの告白2003年製作の映画)

DOGVILLE CONFESSIONS

製作国:

上映時間:52分

ジャンル:

3.4

「メイキング・オブ・ドッグヴィル 〜告白〜/ドッグヴィルの告白」に投稿された感想・評価

りりせ

りりせの感想・評価

3.0
ただのメイキングなんだけど、ラースフォントリアーもこんな悩んでるんだなぁと思うのと元気付けられた
カメラに向かって俳優が「撮影がつらすぎる」と告白するのまでも作品に。
R

Rの感想・評価

-
本編より苦しかったかもしれない。
本編は最後わりと爽快だったから。

チャックとグレースのシーン、ああいうのの裏側って基本観客には見せられることのないものだと思うんだけど、カットがかかった後のニコールの様子まで撮られてて。正直に言ってしまえば、ニコールああいう類のシーン多いから、見てる私も慣れてしまっていたというか...彼女も常に割り切ってるんだろうなと勝手に思ってたから、その分あの姿がすごく刺さった。(そもそも異常な環境で精神もボロボロで普段とはいろいろ違っただろうし、今回は合意がないもののシーンだったからってのもあるんだろうけど)
ところで、カットがかかった後に隣でああいう会話するのってどうなの?あんなもんなんですか...?
まあ色々断片的ではあるし、カメラが入って「撮られてる」意識も多少あったんじゃないかなってことを考慮すれば、全てをこのドキュメンタリーから判断することはできない気もするけど。

ニコールニコール長々と書きましたが、結局監督も演者もみんなが鬱になりながら作られた鬱映画がドッグヴィルですと。なんかますます好きになった。映画も、ニコールも。みんなすごい。
一

一の感想・評価

3.8
鬼才 ラース・フォン・トリアー監督の大傑作『ドッグヴィル』制作の舞台裏を追ったドキュメンタリー

必要最小限のあまりにも殺風景セットからなる異様な作品『ドッグヴィル』

出演者までもを狂わせてしまう前代未聞の怪作は如何にして作られたのか

その出演者達がスタジオの片隅に設けらた告白室でその心情を吐露していく姿を映す

ニコール・キッドマン、ポール・ベタニー、ステラン・スカルスガルドなど豪華キャストのカメラの回っていない舞台裏や、ラース・フォン・トリアーという男の人間性を垣間見ることができました
これだけの蒼々たるキャストにめちゃくちゃイライラされていてる監督を観るのは中々辛い

撮影中、ニコール・キッドマンの一声でシーン自体が変わってしまうという展開はかなりびっくり
結果的にそれが良かったとしても、この作品に限らずこういう事は少なからずあるのだろうなという現実にちょっぴりやるせない気持ちになりました…

続編である『マンダレイ』に彼女が出演しなかった理由がなんとなくわかった気がします

監督は心に持病を抱えていて、なかなか俳優達とうまく世界を共有出来ないと話してるのが印象的でした

そんな中、彼でなきゃ作れない作品をいくつも生み出していて、やはり鬼才というか天才的なトリアー監督は本当に凄すぎますよ…👏🏻

ただドキュメンタリーとして52分は短すぎた
もっと観ていたかったというのが本音

『ドッグヴィル』やトリアー監督のファンなら必見です☝🏻🔥

2020 自宅鑑賞 No.265 GEO
1ステージ 俳優16人 撮影期間6週間
この作品は"月面着陸"だ
極限にして無限

『ドッグヴィル』のメイキング。監督と制作の苦悩と、役者たちの鬱憤。作品の内容が内容なだけに、裏側もとてつもなく辛そう。というか辛い。でもチラ見出来て嬉しいし興味深い。特にポール・ベタニーが今すぐにでも監督を刺しそう。なんなら監督も気弱な兄さんで視聴者が思い描くであろうラスボス感はゼロ。
でもなんかそれさえもドキュメンタリーの一興な訳で本当の裏なのか?!と少しだけ斜に構えちゃう( ˙ᵕ˙ )メタメタメタ

"自分を偽るのは何よりも卑しい行為だ"
の言葉のもと、撮影は行なわれる訳だけどニコール・キッドマンに「性描写はふざけて撮るものでは無いのよ」に笑ってしまった。

映画を撮っている時は誰だって不安なんだ
もし失敗したら……
yokora

yokoraの感想・評価

-
作品の内容は全く好きではありませんが、映画の実験的な作りは気になるとところです。ニコールキッドマンの苦労話が聞けます。
masato

masatoの感想・評価

3.5
『コンフェッション』だからもっと役者に喋らせるのかと思いきや、撮影現場を淡々と映す映像が続く。ただ、この映画に限って、現場そのものの空気感が“コンフェッション”になっていると感じた。
ニコール・キッドマンが最も辛い役を演じてたと思うが、ポール・ベタニーの気苦労も凄かったと思う。監督と役者の関係性が浮き彫になっていてとても面白かった。

「あんな感じで撮りたい」と監督の中でしっかりアイデアは固まっているが、適切な説明が出来ないため上手く役者に伝わらず苛々...役者もどうして良いかわからず現場は膠着、役者も苛々し始めてしまう...

『ドッグヴィル』本編では気付けなかった製作陣(役者、監督)の苦悩がはっきりと描かれている。
koyamax

koyamaxの感想・評価

3.0
ドッグヴィル観賞後、本作(ドキュメンタリー)の存在をしり鑑賞しました。

ラースフォントリアーはどんな人物か?
ニコールキッドマン他、役者陣はどれほどまでに精神的においこまれたのか?が気になったポイントです。

いまからは10年以上も前の映像ですが、監督は作品イメージと違い、暴君という感じではなかったですね。
どちらかというと自分の中の100%のイメージを役者陣に伝える最良の言葉が見つかっておらず、苦労しているといった感じで。。
むしろ一生懸命やっているけど、役者たちに一歩置いて行かれている感じすらします。

一方役者たちは役者たちで、言葉にできていない監督の真意を読み解こうと腐心している感じがありました。
対して監督は衒いなく、「みんなとつきあうのが苦手、仕事としての立場なら向き合いやすい。」とか言ってしまっています。
この映画の製作時点ですでにキャリアがある監督ですが、キャリアの浅い現場責任者に周りが気を使っているサポートしている感じにすら見えなくもないです。
役者との議論も一方的な感じで話を聴く余裕もなく、すこし子供じみた感じも残っていました。

一方で本心をさらさず煮え切らない監督に『何をしたいの?』といわんばかりの役者たち。いよいよいらだってきます笑

監督は監督で役者への愚痴をこぼしています。
お互い歩みよりきれていないというか。。

この関係のまま現場では躊躇無く何テイクもリテイクを進めて行きます。
どんな空気になるのか察することができますね笑

監督の表側の部分と内側にくすぶる表現のマグマのようなものに大きな差があるのかもしれません。

このドキュメンタリー自体の軸として、スタジオの一角に告白室なるものをもうけていて、そこで撮影でのくすぶった気持ちを吐き出したい出演者が本音を語るという体裁ですが、これ自体もかなり演出くさいです笑

後半になるにつれていろんな人物がうんざりして「帰りたい」やら「おばあさんにあいたい」「助けてくれ」「この場から逃げ出したい」というネガティブなことばを吐きますが、ひとことひとことを抜き出してつなげているだけで、前後を裏付ける具体的な出来事が映し出されている訳ではありません。その発言の真意がわからないものも多いです。

あとトリアー監督の神妙な顔のアップの度に不穏な音楽流すとか、、笑
むりやり悪くしようとしてます?といった感じの作為的な雰囲気が漂います。

ですのであんまり鵜呑みにはできないところもあります。
しかしニコールキッドマンのオフの笑顔や露骨に機嫌が悪いポールベタニーなんかも映ってるので全く意味がないというわけでもないかなと。

現場の殺伐とした雰囲気を感じ取る事もできますが、ものづくりの現場の出来事という範疇で納得できるかなという感じです。
もうすこし密着したスタンスで創っていただけるとよかったなというのが個人的感想です。

監督は映画の中でこそ、真の人間性を発揮できるという人なんでしょうね。。カメラのレンズごしに観た世界が、彼らしい世界なんだろうと。

これはアート映画?の質問に対してノーといっていたのが印象的でした。

現在のトリアーさんはどうなんでしょうね。
頭の変な監督の作品にはでたくなかったと嘆く俳優のセリフが頭にこびりつきます。
馬鹿と天才は紙一重だという証拠ですね。
雪ん子

雪ん子の感想・評価

1.8
映画を先に見てからのこの作品。
監督が迷走し過ぎな感じで、出演者は大変だったと思う。
>|