マグノリアの花たち/スティール・マグノリアの作品情報・感想・評価

「マグノリアの花たち/スティール・マグノリア」に投稿された感想・評価

jasmine

jasmineの感想・評価

3.9
バタンっと倒れるJ.ロバーツを見て体が大きい人だなぁとぼんやり思ったりしながらも、まだのんびりしていた時代の人々の生き方や心の動きにすっかり入り込んでしまいました。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.3
これといったストーリーはなく、とりとめのない女性たちのおしゃべりが展開されるだけの映画かと思いきや、後半で思わぬ悲劇が起きてびっくり。でもあまり湿っぽくならず、それにより彼女たちの絆がさらに強くなる様子に爽やかな気分になります。

にぎやかな女優たちの中では、カントリー歌手のドリー・パートンがとりわけ魅力的。調子のいいトム・スケリットも愛嬌があってよい。
最初はわちゃわちゃしてて昔のアメリカ映画って感じだーと思ったけど、女の友情や家族の愛が凄く良く描かれてて、泣けた。
PalmaRosa

PalmaRosaの感想・評価

3.5
なんだか懐かしい感じのする映画でした。
若い方にはつまらないかな。より年齢を重ねた女性の方が共感できそうです。
LinusRufus

LinusRufusの感想・評価

4.6
サリー・フィールド演じるマリンの美容院に集ってお喋りに興じる女性達。
内容は住んでいる街の他愛もないこと。
そういう、何でもないくだらない事って延々話せるよね、楽しいよね~♪っていつしかスクリーンの5人に共感してる自分がいる。
キャラがそれぞれ個性的。会話のテンポがいい(名優ぞろい。さすが!)

ダリル・ハンナが冴えない女性アネルを見事に演じてて驚いた(スプラッシュの人魚、超絶キレイだったよね?)

シェルビー(マリンとドラムの娘)を演じるジュリア・ロバーツはブレイク前で、フレッシュでキュートな笑顔を振り撒いていてめちゃ可愛い。

シャーリー・マクレーン演じるウィザーが不機嫌顔でアルマジロの形のケーキを問答無用でカットしてドラムに(シェルビーの父)渡す場面が大好き!(わざわざ生クリームを灰色にするって凄い!と思ってたら中のスポンジがもっと凄かった!!)←冒頭の最大の見せ場だと思う(笑)

悲しい出来事も、楽しい事も、皆で分かち合って生きていく。
そんな彼女達に出会えるのが、とても嬉しい♪

このレビューはネタバレを含みます

若き日のジュリア・ロバーツが糖尿病の花嫁シェルビーを演じる。

タイトルからもジャケットからもこんなに辛い話だとは想像してなかった。

妊娠し、涙目で「I need your support」と言う娘に対し、娘の体が何より心配な母。
娘の健康か、娘の幸せか。自分が何を望んでるのか分からなくなり言葉に詰まる。

「空っぽの長い人生より30分の充実した人生を」娘は言う。

自分の腎臓を移植し、病院でも一人最期を看取り、葬式でも最後まで墓の前に立ち尽くす。
そんな遺された母の救いは美容院に集う仲間達の言葉。

結婚式、ハロウィン、クリスマス、イースターと華やかなイベントの連続と逆毛を立てカールを巻いた派手派手しい女性達がスクリーンを彩る。

「生まれつきの美人はいない」
心に残るセリフがたくさん。
tomyam

tomyamの感想・評価

4.0
切ないけど、観てよかった映画。

発音が聞き取りやすいから、英語の学習にもいいかも。

「空っぽの長い人生より、
30分の充実した人生を」って言葉が印象に残ってる。
shiori

shioriの感想・評価

3.6
序盤おせっかいなおばさんたち!と思ったはずなのに、見終わった後みんなだいすきになってるよ。涙がとまらない。女性陣はもちろん、男性陣もいい味出してるよ。
村

村の感想・評価

2.4
ジュリア・ロバーツのハデ顔が難病と結びつかず…。
脇を固める女優さん達は豪華で、難病という思いテーマでありながらハートウォーミングな雰囲気をこれでもかと醸し出してくれます。
89年米。なぜかピンとこない。華やかな彩りと明るい会話。のれなくて、道化役のダリルハンナの態とらしいブスぶりが、「モデルになる女の子たちが悉く暗い学生時代を送ったのはこういう世界に住んでるからだろうな」と考える。彼女たちは破壊しない。おそらく私にはそれがもの足らない。喪服の彼女たちは美しかった。役はともかくオリビア・デュカキスが美しい。そしてこのあとマクレーンは年を取らない。
>|