ストレイヤーズ・クロニクルの作品情報・感想・評価・動画配信

「ストレイヤーズ・クロニクル」に投稿された感想・評価

なつは

なつはの感想・評価

3.5
評価あんまよくない…!
けど私はすごく良かったと思った…!!
嗚咽漏らして泣いたんだが…

今活躍してる俳優たちがまだ若い!!
岡田くんはまぁ変わらんけど
染谷さんはやっぱすげぇなって感じだし
瀬戸利樹くんとか!!こんな坊主の役なんかあったの!?って感じだし
柳さんめっちゃ泣いた😭
松岡茉優まで出てるし今考えるとだいぶ豪華…

だしみんなすごく良かったんだけどな…
清水尋也くん見たさで観賞

キャストやキャラクターは男性陣も女性陣もめちゃくちゃ魅力的
異能や少年少女がバトルするような設定も個人的には大好きなので面白かった

少し説明不足というか、いまいち映画に没頭できずおいてきぼりにされた感覚があって個人的に惜しかった……

ただ本当にキャストとキャラクターが素敵
あんな隣の大学生羨ましい😌
かとう

かとうの感想・評価

3.5
最近こういう設定多いな、と思いつつもこういう設定が大好きなので鑑賞。
超能力とかはワクワクするんだけどストーリーが思ったより薄い感じがした。
でも個人的には面白かった。
ゆり

ゆりの感想・評価

3.0
こういう非現実的なやつ私は好きです!内容思い出せないけど…笑
たしかに設定が面白そうでワクワクしながら観たら置いていかれた感覚はある。もうちょっと面白かったらなぁと思わざるを得ない感じ。
末那

末那の感想・評価

2.3
スケールの小さいエックスメン。
無理矢理すぎる劇伴、30分見なくても何となく分かるぺらぺらな脚本。
染谷将太のキャラは好き。
原作の小説を読んでからずっと観たいと思っててやっと観れましたー。普通に面白かったのですが中盤の黒島結菜ちゃんの演技はちょっぴり胡散臭いと思ってしまいました。
ネトフリ。このところアクション監督の下村勇二作品を追いかけていて、ああそういえばこれもそうだったなということで、クリック。

監督はまた佐藤信介とかかなと思ったら、なんと瀬々敬久さんじゃござんせんか。ぼくはこの人の『菊とギロチン』(2018)で、感覚的にしっくりくる人だなと思ったんだけど、遡って観た『64』(2016)も昭和の終わりの幻の元号の影に埋もれる世界を描いて秀逸だった。少しくさい芝居をさせる監督なんだけど、ぼくにはその臭さがしっくりくる。セリフがよく練られているというのだろうか。違和感なく言葉が響いてくるのだ。

それってもしかしたら、瀬々さんと同年代ということもあるのかもしれない。この映画を見た娘は「あれはつまらなかったよ」と言っていた。彼女の感覚からは芝居が古臭く思えるのかもしれない。とはいえ、瀬々さんは閉塞感のなかで食いしばって抵抗しようとする人間を描かせるとうまい。というか、それがこの人のテーマなんだろうな。

アクションシーンは出しゃばりすぎずに良い感じだ。ワイヤーアクションなんか日本映画もようやく様になってきたと思うのだけど、そこにはたいてい下村勇二がからんでいるよね。

でも、映画ってやっぱりアクションは重要。アクションがだめだと、どんな凄い演出をしてもしょぼくなる。もちろん、アクションだけがすごい映画とかあるんだけど(この前見たな『リボーン』とかそうだった)、映画としては格が落ちてしまう。もちろん玄人だけが楽しめる映画があってもよいのだけれど。

その点、瀬々敬久の作品は役者を生かしているから、ファンにはたまらないよね。染谷は楽しそうに染谷風の染谷を演じてくれてたし、岡田将生のニイちゃんぶりも堂に入ってた。このふたりが率いるふたつのチームのメンツもよいね。一番演技がカチカチだったのは黒島結菜だけど、この人は今や引く手あまただよね。沖縄の人にはきっと外に出たいと言う反抗心があるのだろうな。若さに加えたやる気でキラリと光るものを見せてくれてる。

脇もしぶいよね。豊原功補のイラク帰りのボディガード、石橋蓮司の大物政治家、物語の要となる組織の指揮官渡瀬をやった伊原剛志なんて、こんあに演技うまかったかなと思っちゃったわ。

ちょっとアクションはおいて、瀬々敬久作品を少し追いかけようかな。あ、いや、その前にシチリアやらんと。そっちが先だった。

ともかくもこの作品、ぼくらがそれぞれにかかえる閉塞感ってやつの、みごとなアレゴリーになってるんじゃないでしょうか。ともかくぼくは、なんだか波長があいました。
パウ

パウの感想・評価

1.8
世界の崩壊をめぐる超能力バトル、という中二病全開なあらすじを読んで期待してみたら爆死。

話の展開に全くついていけなかった。

急に違う場所までワープするし、主人公側が敵側に好意的だから、敵側の違いがあんまり分からなかったし。

ラストもこれで終わり?って感じ、なんか全体的に緊張感がなかった。

残念。

このレビューはネタバレを含みます

酷評を先に見てハードルがめちゃくちゃ下がってたからかもしれないけど…結構楽しめた。

能力系で言ったら、劇場版SPEC〜結〜よりは確実に面白かった。

岡田将生カッコ良いし、松岡茉優の口からプップッ飛ばすのもなんかハマるし、黒島結菜は存在感あって良かった。
>|