太陽の作品情報・感想・評価

太陽2016年製作の映画)

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

21世紀初頭。人類は2つに分断されてしまったーー。夜にしか生きられない進化した人類「ノクス」と、太陽の下で貧しく暮らす旧人類「キュリオ」。 物語の舞台は 21世紀初頭。バイオテロによって世界にはウイルスが蔓延。太陽の下では生きられないが、若く健康 な肉体と高い知能を有する進化した新人類【ノクス(夜に生きる存在)】。太陽の下で自由を謳歌しつつも、暮らしは 貧しいままの旧人類【キュリオ(…

21世紀初頭。人類は2つに分断されてしまったーー。夜にしか生きられない進化した人類「ノクス」と、太陽の下で貧しく暮らす旧人類「キュリオ」。 物語の舞台は 21世紀初頭。バイオテロによって世界にはウイルスが蔓延。太陽の下では生きられないが、若く健康 な肉体と高い知能を有する進化した新人類【ノクス(夜に生きる存在)】。太陽の下で自由を謳歌しつつも、暮らしは 貧しいままの旧人類【キュリオ(骨董的存在)】。2つの世界で対立しながら生きる2つの人間がどうやって融和してい くのか──生きることはどういうことなのかを問いかけていく。

「太陽」に投稿された感想・評価

かつみ

かつみの感想・評価

3.7
人のあるべき根本に触れた気がする
凄い世界観で、ついて行くのに必死だった
ろめお

ろめおの感想・評価

2.5
舞台の方の金田が強すぎて物足りない

32/90 movie2017

神木隆之介と門脇麦、旬な俳優2人が主演のディストピアということで、ティーン向けの軽い映画かと思ったら良い意味で予想を裏切られた。厭な映画。

近未来的なギミックがそんなに登場せず、田舎を舞台にしたSFって、珍しい。それでも終末観漂っていたのは、低予算ながらすごい。恐らくハリウッド映画ではそこまで感じないであろう、邦画ならではの生々しさを感じた。

一番印象に残ったのは、終盤の狂乱ぶり。包丁持った神木くんの発狂には鳥肌がたった。
CHOCOHOLIC

CHOCOHOLICの感想・評価

2.0
つまんなくて途中で寝た...
海外の近未来SFものだと貧困や衰退した描写すらひとつの魅力的な世界として映るが、この映画ではわりとリアルな、しみったれた日本の近未来像が描かれてた。
どんよりと小汚くて、閉鎖的で、夢も希望もなくて、視野狭窄で、非合理的で、愚かで、品性下劣で、小市民的で、村社会的で、差別的で、非生産的なことで争っていて、ああこれはまさに日本だなぁという感じだ。
世界設定的にも、その描写にしても、作品の主軸に置いたポイントとか着眼点も、あまりこういった作品は観たことがなかった。
魔球

魔球の感想・評価

3.8
ノクスが良いなー!いやいや、キュリオでしょ!

って、シーン事に揺さぶられる場面が多く鑑賞後に語り合えるのも良いかなと。

ガタカとかデイブレイカー系列の素朴な雰囲気も邦画のSFっぽくて良かった。

あと演技が激情型みたいな部分多くて、え?ってなる。
悪い意味で「演劇」っぽい大味な作品。門脇麦も神木隆之介もとてもいい。むしろ全員演技が上手いんだが、謎の長回しとかが気になっちゃって、、、
多分ここまでくると多分私の趣味の問題と思いつつ見ました。好きな人にはたまらんのでは?
ken

kenの感想・評価

3.3
演技が良く世界観に引き込まれた。
それ故に重たい。
すぐにコメディを観たくなる感じ。
#2017-69
散歩する侵略者の前川知大繋がりで。
優れた人類、劣った人類、2つに分かれてしまった人類。全く系統は違うけどガタカを彷彿させた。

元々は舞台だったようで、それを意識した演出もかなりあったし嫌いではなかったし、門脇麦の顔面接写もなかなか良かった。門脇麦の機械的な演技や、そこからの古舘寛治の涙にはやられた。

ただ、全ての物語が一点に集まり、バカみたいに叫ぶしかしないクライマックスにはがっかりを通り越して、イライラ。
>|