太陽の作品情報・感想・評価

太陽2016年製作の映画)

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

21世紀初頭。人類は2つに分断されてしまったーー。夜にしか生きられない進化した人類「ノクス」と、太陽の下で貧しく暮らす旧人類「キュリオ」。 物語の舞台は 21世紀初頭。バイオテロによって世界にはウイルスが蔓延。太陽の下では生きられないが、若く健康 な肉体と高い知能を有する進化した新人類【ノクス(夜に生きる存在)】。太陽の下で自由を謳歌しつつも、暮らしは 貧しいままの旧人類【キュリオ(…

21世紀初頭。人類は2つに分断されてしまったーー。夜にしか生きられない進化した人類「ノクス」と、太陽の下で貧しく暮らす旧人類「キュリオ」。 物語の舞台は 21世紀初頭。バイオテロによって世界にはウイルスが蔓延。太陽の下では生きられないが、若く健康 な肉体と高い知能を有する進化した新人類【ノクス(夜に生きる存在)】。太陽の下で自由を謳歌しつつも、暮らしは 貧しいままの旧人類【キュリオ(骨董的存在)】。2つの世界で対立しながら生きる2つの人間がどうやって融和してい くのか──生きることはどういうことなのかを問いかけていく。

「太陽」に投稿された感想・評価

こーじ

こーじの感想・評価

2.0
のどかな秋の農村にしか見えない廃墟や、嘘くさいSFのような効果音など、世界観の作り込みが弱すぎ。観客に想像させる余地のある舞台とは違う、映画の辛いところではある。演技も何故そういう方向にしちゃうのか。クライマックスの長回しとか、意欲は感じる。
gatty

gattyの感想・評価

3.9
神木隆之介や門脇麦もよかったが、古舘寛治のお父さん役が心に残った。『淵に立つ』にしても、あの独特のお父さん役は古舘寛治ならではと思う。
もとや

もとやの感想・評価

2.6
世界観が合わなかったということで。邦画のシックなSFはおれはアカンかも。団地みたいなコメディSFは好きだが。神木門脇の化学反応に期待しすぎた。叫びがうん。でもイチオシ俳優古川雄輝がでててテンションちょいあがり。なかなかブレイクしないなぁ、ポイズンベリーでくるとおもたのに。

舞台の映画化なのか。だからあの感じだったのか。太陽ってそそられる題とジャケでなんかガッツリボンビーヒュードラを想像というか期待してた笑
N

Nの感想・評価

3.4
なんか色々あっさりしすぎてたなぁ。
手切る必要あった?!?!
「舞台的なカメラワークだなあ。」
と思って見てたら、元々が舞台だと後で知った。

ただ、今回の媒体は"映画"なのだから、わざわざ舞台風にする必要性がわからない。
皆が皆、終始大声で叫ぶのはうるさい上、セリフも舞台的過ぎる。

もちろん舞台自体が悪いということではなく、それをまるっと映画でやらなくてもいいのでは?ということ。

まあ、単にこの作品のセンスに俺が合わなかったんだろうな。
鶴見辰吾の真っ白さは良かったです!
20171118 #114
秩父の晩秋の風景が美しい。
ぐりこ

ぐりこの感想・評価

3.5
舞台の映画化、わりとよくできてると思う。
基本的に神木くんと門脇麦の演技は好きなんだけど、特に“すっきり”しちゃった後の門脇麦の雰囲気はものすごく怖かった。あの感じわかる・・・

けっこう凝ったSF設定がバックにあるので、理解するのに骨が折れるのと、全体的に暗い(話も画も)ので、観る人を選ぶかもしれない、、
でも、最後に意外でさわやかなラストが待ってて、僕はなんだかスッとした。

あとは山場での入魂の長回し、さすが入江監督。
み

みの感想・評価

2.2
目の前で大変なことが起こっても感情的にしかなれないキュリオ、自分の身に起こったことですら理性的にしか考えられないノクス、その極端な対称が終始不気味だった。
閉鎖的なコミュニティの嫌な部分を生々しく描きながら、世界を変えるささやかな希望も見せてくれる作品。
SFとして物凄く練られているというわけではないが中々面白い設定がされており、旧人類の側を重点的に映すので、予算の問題でチープさが出ることもない。
仰々しいというかやたら叫ぶ演技が鬱陶しい点がかなり嫌だったのだが、ラストがすごく好みだったので帳消し
舞台の映画化難しい説に加担している気がします。
>|