太陽の作品情報・感想・評価

太陽2016年製作の映画)

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:129分

3.4

あらすじ

21世紀初頭。人類は2つに分断されてしまったーー。夜にしか生きられない進化した人類「ノクス」と、太陽の下で貧しく暮らす旧人類「キュリオ」。 物語の舞台は 21世紀初頭。バイオテロによって世界にはウイルスが蔓延。太陽の下では生きられないが、若く健康 な肉体と高い知能を有する進化した新人類【ノクス(夜に生きる存在)】。太陽の下で自由を謳歌しつつも、暮らしは 貧しいままの旧人類【キュリオ(…

21世紀初頭。人類は2つに分断されてしまったーー。夜にしか生きられない進化した人類「ノクス」と、太陽の下で貧しく暮らす旧人類「キュリオ」。 物語の舞台は 21世紀初頭。バイオテロによって世界にはウイルスが蔓延。太陽の下では生きられないが、若く健康 な肉体と高い知能を有する進化した新人類【ノクス(夜に生きる存在)】。太陽の下で自由を謳歌しつつも、暮らしは 貧しいままの旧人類【キュリオ(骨董的存在)】。2つの世界で対立しながら生きる2つの人間がどうやって融和してい くのか──生きることはどういうことなのかを問いかけていく。

「太陽」に投稿された感想・評価

うめ

うめの感想・評価

3.3
神木隆之介が叫んでばかりの映画。
ラストが印象的な終わり方。好きな終わり方。
ニャー

ニャーの感想・評価

3.3
別の作品と間違えて見てしまった(;゚д゚)
でも、見出したら最後まで見ないと精神でラストまでやったった!
以外と長いなw
昼と夜に二分化された世界で生きる人々の生き様がテーマな作品。

バイオテロにより人類の数は激減する中でウイルスへの抗体を持ち適応した者達がいた。
それらは"ノクス"と呼ばれ身体能力や知能が格段に上がる反面、日光に極端に弱く日に当たり続けると死んでしまう。
ノクスとは別に感染を免れた者達"キュリオ"は、昼夜問わず行動出来るものの山奥で貧しい生活を余儀なくされていた。
何不自由無い生活を送るノクスに憧れるキュリオの若者"鉄彦"と、ノクスを嫌いキュリオの繁栄を望む"結"の元にノクスへの転換申し込みが届く。
そんな時、逃亡していたノクス殺しの叔父が舞い戻り貧しくも平穏な日々が崩れ去ってゆく...。

まぁ、じれったいと言うか腑に落ちないと言うか。
今!こう言うべきだろ!! とか、こう
するべきだろっ!! とか思ってしまって中々感情移入できんかったわ(-ε- )
"神木"君のムダ遣い感が否めない。
テーマはかなり壮大で魅力的なのに上手く表現出来てないんが勿体ないわ~
おそらく、原作はもっと面白いんだろうと想像できるぐらいおしい!
ノクスがヴァンパアイアなんかと思ったらそうでもなく、ただ変化しただけの憎たらしいセレブ気取りでパンチ👊💥してやりたかったわw
"麦"ちゃんはどの作品でもレイプされたりヤられる役多いな(;´-`)
マッシュルームヘッド🍄がラストにはさらに大きくなってて驚いたぞっ( ゚д゚)デカッ!
何だかんだ役者陣の迫真の演技が良かったからいっか♪

門番の武器が何故にモップの棒の部分だけなんや! それだけじゃ、いくらなんでも無理あるでしょw
たなご

たなごの感想・評価

3.0
世界観自体はいい感じに近未来ディストピアで良かったけど、全体を通してなんか物足りない感が否めない
ai

aiの感想・評価

2.7
設定自体は面白いのだけれど、ストーリーにも人物像にも深みがないので、どんどん気持ちが冷めてしまった。舞台作品が原作のようだけど、やはり原作があるということ、元ネタがあるということは、作った気になるというリスクもあるなと思った。どんな仕事でも最初は真似ることから…と言うけど、ただ真似て形を作るだけで仕事になるわけではないしと思いました。
鉄彦が小学生たちに混じって授業を受けている場面や全体を通しての彼の語彙の少なさなどから、貧困と教育レベルの相関を感じた
キュリオの本能的な行動に恐怖を覚える
「大丈夫、握手くらいじゃうつらないから」で絶望
マフラー
終始報われない暗い作品だったが、だからこそ、そのなかで愛情だったり友情だったりが際立っていてよかった
xy

xyの感想・評価

3.2

21世紀初頭、ウイルス感染により生き残った人類は2つの人種にわかれた。
高い知能と健康な身体、裕福な生活を手に入れる一方で太陽の光を浴びると死んでしまう新人類ノクス。
そして、太陽の下で生きることができるがウイルスに弱く貧しい生活を送る旧人類キュリオ。

太陽の下で生きることなんてどうでもいいという主人公は豊かな生活と知識を求めノクスになる為に転換手術に応募する。
その一方でキュリオとして生きることを選び未来をよくしたいと望む幼馴染。
そして、現状に不満を覚え外の世界へ出てみたいと夢見るノクスの少年。

2つが手を取り合って生きていくこと、寄り添いあうこと、寄り添えないこと、この作品は様々なことへ置き換えてみることができるテーマだと思う。
中にいるからこそ知っていることや知れないこと、外にいるからこそ気付けないことや気付けること。
観終えると結局いがみ合う理由云々ではなくていろんな考え方があるけど実は1番分かり合える人たちもいるんだよという事と、こだわっていたそれって本当にその価値があるのかなって思わされました。
面白い世界観でしたが後半なかなかカオスな場面もあって、なにを今観てんだろうと思わんでもなかったです笑
みー

みーの感想・評価

2.8
キュリオ側の麦ちゃんとノクス側の麦ちゃんの演じ分けが良い。
途中まで面白かったけど、んー。
入江さんの作品になぜかはまれない。
2種類の種族のファンタジー
不思議な設定だと思う
繁栄した陽の光を浴びれない方が人間離れしていて、衰退した方が人間そのもの
慌てたり戸惑ったり暴徒化したりで感情的だ
いつもの私達の様子が奇異に映るのは見事
立場を逆にした事でおもしろくなった
夜しか活動できない方が衰退したら普通だし
変わることができた人と、変わることができない人。この作品は、このふたつの対立かと思ってた。だから、このあとはこんな展開になっていくんだろう…と想像してた。子供の頃に観ていた、タイムボカンシリーズのように。

それは、四国に展開していったキュリオたちが立ち上がっていくんだろうと思ったから。ところが、ストーリーはクライマックスに向かって、ボクの想像とは全然違う展開に!

ボクのサイトでは、もうちょっと詳しく書いてます。http://oride.net/eiga-taiyo/ で。
眠いときに見たからってのもあるけど、全体的に暗くて良くわからず。世界観が分かるまでに時間がかかった。
テツヒコは叫んでばっかりだし。

太陽のもとで生活できるほうが強そうだけどなぁ。抗体のあるなしでそんなに振る舞いやら暮らしが変わっちゃうなんて。
>|