セッションの作品情報・感想・評価

セッション2014年製作の映画)

Whiplash

上映日:2015年04月17日

製作国:

上映時間:106分

4.0

あらすじ

世界的ジャズ・ドラマ―を目指し、名門音楽学校に入学したアンドリューを待っていたのは、伝説の鬼教師。常人に理解できない完璧を求め、浴びせられる容赦ない罵声。やがてレッスンは狂気を帯び、加速の一途を辿る―。

「セッション」に投稿された感想・評価

タカ

タカの感想・評価

4.6
感動した。主人公と鬼指揮者の二人の間にある緊張感は物凄いものがあった。カメラワークがそれをより際立たせていた。あまりセリフで語ることなく、またストーリーについてもすべてを語らずに視聴者に委ねている点が多々ありその点も含めて高評価だった。何より努力とはこういうことを言うんだぞと訴えかけてきた。最後の二人のセッションはえも言われぬような感じだった。
もう一度見たくなる映画!
YukiKoike

YukiKoikeの感想・評価

2.8
ララランドもそうだけど恵まれてるくせにグジグジ悩むとこが苦手。
まさに「むち打ち」って感じだったJKシモンズの鬼教官っぷりも凄いけど、マイルズテラーの段々と狂気を帯びてくる演技も凄かった。
ラスト9分のキャラバンは見もので、このために全てがあるって感じ。
まほ

まほの感想・評価

3.7
凄い。ラストの9分19秒間は見もの。

物語の流れはとてもいたってシンプル。
ジャズドラマーの主人公に
狂気に満ちた指導者との2人の物語。

この監督のデイミアンチャゼルが
元々ジャズドラマーを目指していただけに
本当にこの物語はジャズで溢れている。
内容も決して楽しくはないし
どちらかというと見ていて辛い部分も。
ただそれを覆すほどのジャズ。

実際に撮影中に手から滲み出る
マイルズテラーの血は本人のもの。
そこから伝わる本気さ。

J・K・シモンズの鬼教官ぶりが
さすがと言える素晴らしさ。
この役できる人この人だけだな。
ララランドを見に行くきっかけになり、この監督を知れた作品。
自分の中では初めての音楽映画でとても印象深い作品です。
何か特定のものを極めるというのは最高の狂気を生み出し、最高の高揚感を得られる事を実感……なんて生易しいものではなく突きつけられたと言った方が正しいと思いました。

何かいま打ち込んでいるものがある方も、
単純に後味の良い爽快な映画が見たい方も、
窓口は広く得られるものもあると思いますので、是非ご覧になってください。
狂った指導者と、ひたむきに努力する主人公。
ラストの演奏は、映画を超えて圧巻のショーだと思う!

個人的にはララランドより好き。

JKシモンズの怪演に、拍手!!
こう

こうの感想・評価

-
まずまずです。
いなぺ

いなぺの感想・評価

4.5
狂気じみた師と弟子のバトルとも言える人間ドラマ。
見習うべき根性とその先の理想の舞台を見た気がしました。ラストすっごく熱くなった。
J.Kシモンズじゃなかったらここまでではなかったかな。若いうちに折れない心を鍛えるのは大切。また本気で折ってくるやつもいる
>|