スティーブ・ジョブズの作品情報・感想・評価・動画配信

スティーブ・ジョブズ2015年製作の映画)

Steve Jobs

上映日:2016年02月12日

製作国:

上映時間:122分

3.4

あらすじ

「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・評価

HappyMeal

HappyMealの感想・評価

4.0
脚本に依るところが大きいけど、初めてダニー・ボイルの映画を面白いと思えた

もうちょい三幕それぞれに違いがあったら、この奇抜な構成もより効果的だったように思える(大体やってること同じ…)
84年のマッキントッシュ、88年のnext、98年のiMacの新作発表会の裏側をメインに描いたスティーブ・ジョブス像。
彼の偉業よりも人物像に焦点を当てた作品。とにかく周りの人との会話で掘り下げていく内容で演技とかよりも彼への興味と疑問が更に増していく。
2016年の感想。アーサーCクラークが未来のコンピューター社会を予測するところから始まる。まさにそんな社会を作り出したスティーブ・ジョブズの伝記映画だ。口先だけで世界を変えた男と言われる。プレゼンテーションの時に焦点を合せてスティーブ・ジョブスの複雑な内面に入り込もうとする。同名の伝記映画が死んですぐ公開されたが、早く作りすぎたのか話題にもならず内面にも今一つ張り込めず評価の悪いものだった。今作は、ダニー・ボイルということもあり結構尖がった映像表現をしていて観ていて面白い。そして言語劇とでもいえるような罵倒と非難の応酬だ。伝記映画としては、本人を褒めているとは思えないがそんな変人につき合わされた人々そして嫌だけどその大きな直感的な物の見方が魅力的なのだと・・・多くの人はそれにあらがえないし、しばらくしてその人から離れていく。言葉の端々に小澤征爾と三宅一生、禅のワードが出てくる。日本への共感はあったのだろう。そしてスティーブ・ジョブスに日本の家電メーカーは、倒されていく。この映画のせいではないが、とうとう私もIPhone6 S PLUSを来月購入予定だ。マイケル・ファスベンダーは、若い時のユアン・マクレガーのようだ。ダニー・ボイル健在で良かったです。
アップル社の共同設立者の一人であるスティーブ・ジョブズの1984年から1998年の14年間に起こった三つの出来事を描く122分の映画。ジョブズが、家庭人として企業人として、どういった人物であったか知りたい人にはお勧めの映画。
マイケル・ファスベンダーが演じるジョブズは、若いころから豪腕、大胆で柔軟なところがなく、会社ではリーダーシップをとるというより、独裁者に近い。ビジネスマンとしての格好良さはあるのだが、この人物がどうして業界で成功できたのか、この人物の才能は何であるかといった点は、この映画では描かれていない。
ジョブズはコンピュータのプログラムすら書けないのだが、小澤征爾の“一つの楽器ではなく、オーケストラを演奏する”という言葉を引用して、次のように言わしめている。ジョブズは“一つのコンピュータプログラムではなく、プロジェクトを演奏する”オーガナイザーであると。しかし、この人物ほど、人間関係の機微に疎い人物はなく、サポート役のケイト・ウィンスレットはじめ周囲の人の我慢が、辛うじてチームを保たせている。ところが、ジョブズは、その長年のチームメンバーの功績すらも称えようとしない。
一方、私生活では、自分の娘を認知せず、その母親には低額の養育費しか払わない。ラスト近くで、自分の性格の欠陥を家庭人として企業人として、少しだけ気づいたような描き方。
要するに、この映画ではジョブズがコンピュータの未来に対する理想などを語る部分を織り込みながら、ジョブズを、ほとんど良いところのないような人物として描いている。ところが、映画の視聴者には、何故かジョブズに好感を持ってしまう。そんな不思議なキャラクターをマイケル・ファスベンダーが好演。
tesu

tesuの感想・評価

3.4
初めてのApple製品はiPod

iPodの発表のシーンでiPodを出すタイミング、
カッケェー
イメージ通りのスティーブ・ジョブズだった。
結構テンポ良く観れた。
やまお

やまおの感想・評価

3.6
リサとスティーブ・ジョブズの物語。
ほとんどジョブズの人間性に焦点が当たっていて、良かった。
HS

HSの感想・評価

-
天才ゆえのわがままさが半端じゃないスティーブ・ジョブズにイライライライラ。
Mika

Mikaの感想・評価

3.5
マイケル ファスベンダーがスティーブ ジョブズだったんじゃないかと錯覚しながら見てました、、!
sachi

sachiの感想・評価

3.3
漫画のスティーブズを読んだばかりで鑑賞。なので、話の流れはなんとなく理解できたものの、アップルに思い入れもなく(パソコンはWindows派、スマホはAndroid!)、スティーブジョブズについてもそんなに知らず、そこまで感情移入できず。。。

なんで子供認知しないかなーと、人としてもちょっと?な部分もあり、逆にもっと神聖化されてる人かと思っていたので、人間味があって面白かったです。
>|