スティーブ・ジョブズの作品情報・感想・評価

スティーブ・ジョブズ2015年製作の映画)

Steve Jobs

上映日:2016年02月12日

製作国:

上映時間:122分

3.4

あらすじ

「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・評価

NORA

NORAの感想・評価

4.5
スティーブ・ジョブズの人生における「ある40分間」をほぼリアルタイムで切り取り、それを3回繰り返して120分の映画にするという、すげえ変則的なアプローチの伝記映画。ジョブズってアップル作った人だっけ?くらいの知識しかない初心者にはまっっっっったくオススメできません(予備知識必須。アシュトン・カッチャー主演のもうひとつの映画『スティーブ・ジョブズ』で予習しておくと◯)が、傲慢で、わがままで、人を傷つけ続けた彼がなぜ世界中の人に愛されるに至ったのか、その疑問にひとつの答えを与えてくれる、そんな作品だと思います。
Adele

Adeleの感想・評価

3.0
最初、ファスベンダーがジョブズ?と思ったけどなかなかでした

ファスベンダーは本当に多才!
ヘチマ

ヘチマの感想・評価

4.0
会話が凄く早くて一度見ただけでは全てを拾えないし把握できなかった。でも、所々笑える会話もあるし、何よりスティーブジョブズほどの偉人を描くんだったら、これくらいスピード感ある会話で、一般人が一度見ただけでは理解できないくらいの会話でシーンを繋いだ方が自然ですよね。その方がしっくりくるし、さすがスティーブジョブズだなと。物語として実在の人物を描き、実際にその人物の凄さを感じられるという点でも、映画として最高の出来だと思います。

また、様々なシーンで切り込んでくる光の演出、素晴らしい。さすがダニーボイル。映像で魅せる演出半端じゃないです。
ラストシーンは鳥肌ものですね。最後の最後でそれ出してくるかー!!っていうね。しかもそのまま写すのではなく、光で透け見えるっていう粋な演出。そして追い討ちをかけるかのように盛り上がる音楽がたまらん...楽しめました!

マイケルファスベンダーの演技も素晴らしかった。最後は本当にジョブズにしか見えないレベル
むっちゃ面白かった!!

とにかくスピード感が良い印象。切れ目切れ目に入るカットやどこから撮ってんの?笑っていうカメラワークと絶妙にオシャレに見える画面の連続で会話劇なのに映像が楽しい。
プレゼンの前を3つに分けて描く構成も面白い!一番忙しい時だけに目線を絞って他人との絡みでジョブズの人物を映し出していく。大局観と独善的な価値観と客観的にみてクソッタレな性格だが、物語が進むたびに引き込まれていく。個人的な趣味かもしれないが、こういう振り切れてる奴っていうのは画面越しに見ていると一番楽しい。
人格はぶっ壊れているが、しっかり?悩んでもがいている姿は応援出来た。きっと偉大な事を成し遂げようとそれに全てを注いでいる姿がかっこよく見えてしまったからだろう。

感情と思考があって思考が感情を包み隠してる様な人。まじでムカつく周りの気持ちが痛い程分かる。
「どうして嫌われてようとする」っていうセリフが凄い突き刺さった。割と万人が理解できる自己肯定を揺さぶる言葉に聞こえて、見ていて喉がつまった笑

ラストの盛り上がりも気持ちよくて、この映画内でのオチとしても綺麗。
会話劇の掛け合いも知的でユニークだし、軽い小突き合いから殴り合いまで幅が広くて聞いていて感情が揺れる。ほぼ歩きながらや何かしながらの会話だから止まる事はほぼない。だからこそカメラは動くし色々なカットがあって飽きない。壁や床に文字がスッと出てくるあの気持ち良さと画面作りのスマートさは本当好き。画面の上下や左右に囚われない角度がアクセントとして緩急がキメキメ。頭抱えるくらいの映像センスは個人的にもろハマる!

好きな映画。
Ta

Taの感想・評価

3.2
思った以上にあっという間

しかし、リサの使い方が便利すぎないか
OANIL

OANILの感想・評価

4.0
実際今の会社に高校同期がいるけど、研修評価が低すぎてなんて声を掛けてやればいいのか分かんなくて困る

俺も今年で戦略ファームに移るが、、自己評価が高く知力は低い、典型的な視野が狭い系私立理系院生を量産してしまう、日本の私立大学の罪は重い
スティーブ・ジョブズやMacの知識は全然ないが鑑賞。

天才の光と影。主役が変人、こういうの好き。

三度の発表会の直前のみで物語を描く。2時間ほぼ会話。しかし全く退屈せず観れた。そのぐらい面白かった。
MacやAppleについて学んでみようかなと思わせてくれた。
今回で自分は2作品めになるけど、自分的には前作の方が分かり易かった気がする、今回はファスベンダーのキャラが濃くていまいち話が入ってこなかった。
ニール

ニールの感想・評価

3.0
みんなはもうスティーブ・ジョブスとその開発品、そしてその経緯は知ってるよね!じゃあ彼の偉大な3つの発表会、その40分前を観てみよう。

という作品。

丁寧な説明は一切なし。

Macintosh、NEXTCUBE、iMacの3つの発表会40分前の会話劇を通じてスティーブ・ジョブス自身と、彼と関わった人物たちを描く作品。

ジョブスのカリスマ性とか開発の経緯といったことよりも、彼がいかにして人と関わっていたかを描くのに徹しているというのを別のブログで見たがまさにその通りだと思う。

発表会そのものは描かれない。1部2部と奇妙な感じが続いて、予備知識がないとより退屈にも思えるが、第3部で1部2部が結実する瞬間は、Apple製品をあまり知らなくてもやや震えたので、Appleが好きならより感動できるのではないかとも思う。
やはりスティーブ・ジョブスは嫌いだな
ものすごい天才だと思うけど、身近にいてほしくない

何でみんな毎回大事なプレゼン前の、しかも間際に来るの?
で時間ないっていいながら、毎回おしてるよね?口の割に全然時間守ろうとしてないよね?

よくわからん
>|