スティーブ・ジョブズの作品情報・感想・評価・動画配信

スティーブ・ジョブズ2015年製作の映画)

Steve Jobs

上映日:2016年02月12日

製作国:

上映時間:122分

3.4

あらすじ

「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・評価

ひなこ

ひなこの感想・評価

3.5
イメージ通りのスティーブ・ジョブズだった。
結構テンポ良く観れた。
やまお

やまおの感想・評価

3.6
リサとスティーブ・ジョブズの物語。
ほとんどジョブズの人間性に焦点が当たっていて、良かった。
HS

HSの感想・評価

-
天才ゆえのわがままさが半端じゃないスティーブ・ジョブズにイライライライラ。
Mika

Mikaの感想・評価

3.5
マイケル ファスベンダーがスティーブ ジョブズだったんじゃないかと錯覚しながら見てました、、!
sachi

sachiの感想・評価

3.3
漫画のスティーブズを読んだばかりで鑑賞。なので、話の流れはなんとなく理解できたものの、アップルに思い入れもなく(パソコンはWindows派、スマホはAndroid!)、スティーブジョブズについてもそんなに知らず、そこまで感情移入できず。。。

なんで子供認知しないかなーと、人としてもちょっと?な部分もあり、逆にもっと神聖化されてる人かと思っていたので、人間味があって面白かったです。
「天才肌のカリスマ」だと思っていたけれど、一切の妥協を許さない完璧主義で誰よりも情熱を燃やし、人生をつぎ込んだ人なんだと思った。まさに「反逆児」だった。

彼の人格を神格化しすぎなかったのは伝記映画にしては意外だったし良かったけれど、所々性格に難ありだったんだなぁと思わず失笑してしまった…。

もうちょっと事前知識があったら、深みがあったのかもしれないなぁ〜
kasa

kasaの感想・評価

3.0
私は、本当に好きな物事しか続けられないと確信している。何が好きなのか探しなさい。あなたの仕事にも、恋人にも。何が好きなのか。誇れることであれ。
素晴らしい仕事をする唯一方法は、自分のやっていることを好きになることだ。まだそれを見つけないのなら、探し続けなければいけない。安住してはいけない。心の問題がすべてそうであるように、答えを見つけたときは、自然とわかるはずだ。
 
スティーブの名言です。
yukoyuko

yukoyukoの感想・評価

3.0
英語圏に生まれたかったとつくづく思う。こんだけセリフばかりでやりとりが続く内容の映画なら、いくら字幕がついててもちょっと理解できないところが沢山あったので。字幕追ってたら役者の表情など見落とすし。かと言って吹き替えは違うんじゃないかと思うし。
tricken

trickenの感想・評価

3.7
高速舌戦かぶせ映画。話が理解できたら英語音声英語字幕で周回すると楽しそうな感じ(残念ながらレンタルで見たから手持ちになく、暫くは実現できないが)。ただ、話として面白いかというと微妙なので、その教材としては『チャーチル』に軍配が上がる。早口アメリカ英語を練習するには良さそう。

また、要所要所で過去と現在の高速スイッチバックをする演出が美しい。ベタにサブリミナルも活用しているがタイミングとしては十分効果的。

ところでこの物語のジョブズは、リサにはわかりづらい好意をもち、リサの母親には終始愛想をつかしている、という設定でやっているようだ。この温度感は、見抜くまで落ち着かなかったが、そういう枠組みでやることにしたんだとわかれば落ち着いて鑑賞できた。

ジョブズとウォズの最後の議論は、どれだけ事実に基づいているのかわからない(ウォズはそこまで「褒めさせる」ことに躍起になる立場だったのか?)しかし男と男の情念のぶつかり合いとなる会話劇は味わい深かった。

さりげなくiPhoneとiPadのアイデアの片鱗が見えるような議論を入れている。

構図として美しいのは以下:

-第二場、リサがネクストステップのロゴをバックに恍惚とするところ。
-第二場、前上司が椅子を積んだ机のある廊下で一人待ち伏せしているところ。
-第三場、ウォズとの激論。
伝える力参考になりそうな実話映画。
英国王のスピーチ
ウィンストン・チャーチルを観て
そして、今日はスティーブ・ジョブズ。
2015年の映画。ジョブズの映画はドキュメンタリーを合わせて何本かある。
これは観てなかった。

残念ながら、かっこいいスピーチ場面はほとんどなく、
常に言い争うシーンばかり目立った。
なんか、大人の事情があんるだろうけど、僕にはよくわからなかったわ😅

周りにはジョブズの世界観が好きな人が多い。
この映画で見る頑固で偏屈なオヤジのどこが魅力なんか僕にはよくわからない


ただ、一つめちゃくちゃカッコいいセリフ。

「どこがどういいのかわからなくても欲しくなるそれがMacなんだ」
>|

似ている作品