スティーブ・ジョブズの作品情報・感想・評価

スティーブ・ジョブズ2015年製作の映画)

Steve Jobs

上映日:2016年02月12日

製作国:

上映時間:122分

3.4

あらすじ

アップル社の共同設立者であり、デジタルテクノロジーの常識を変えた世界で最も有名なカリスマ、スティーブ・ジョブズの生き様の全てが詰まったハイクオリティな人間ドラマ。

「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・評価

父親ってどこまでもどうしようもないな〜

娘に「そんな重いもの持ち運ぶの大変だろ、100曲でも200曲でも片手で持ち運べるものを作ってやる(iPod)」ってクール!!
この映画の122分ほど濃密で無駄のない122分は無い。久々に完璧な程面白い映画に出会った。Macintosh NeXTcube iMacの発表会の直前40分程度(肝心の発表会本番は一切見せない)と、ランダムに入り乱れる回想シーンだけで、スティーブジョブズという男が如何に"人間"としてクズでワガママか。"父"としての責任から逃げ続けたのか。というパブリックイメージとは異なるジョブズの側面を見事に描き出すのは流石としか言えない。メインの登場人物も必要最低限に抑え、ジョブズとの関係性の変化を丁寧に描いている。ビジネスパートナーのジョアンナホフマン 共同創業者のスティーブウォズニアック ペプシからジョブズ自ら引き抜いたCEO ジョンスカリー そして、ジョブズが頑なに認知しない娘 リサブレナンとその母クリスアンブレナン これらの人物とジョブズが時代を経る度にどう向き合っていくのか。まさしくアーロンソーキン節が炸裂した会話の肉弾戦と言わんばかりのセリフの応酬が、ダニーボイルのテンポの速い編集のテンポ感と見事にシンクロし、絶大な映画的面白さを生み出している。発表会の会場を動き回るカメラワークも僕のツボにハマってくれる。どのパートも素晴らしいが、特に好きなのはやはりiMac発表パートのラスト 駐車場で娘のリサと会話するシーンだ。「ポケットに1000曲入れてやる」というセリフに鳥肌が立った。ここでiPodか! と大いに膝を打ち、大歓声を浴びながら、リサを見つめるジョブズの姿は、今まで天才と呼ばれながらも、クズな側面ばかりを見せられてきた観客に対して、大きな感動を与えてくれる。こういう不器用な人の人生を見せられて、胸が震えるという体験こそ、映画という芸術が持つパワーだと改めて感じられた。役者陣は見た目のコスプレよりも、精神の面でのコスプレを目指した演技合戦。特に3つの時代のジョブズを演じ切ったマイケルファスベンダーの凄まじさは賞賛に値する。ジョブズやその周りの人物や出来事に対するある程度の予備知識無しでは少し難解かもしれないが、全ての映画的要素が有機的に絡み合う極上の映画体験が味わえた。人にオススメしたい作品。
多分、この前にレビューした続きのようなところから始まるんですけど、スティーブ・ジョブズという人間が考えていることは我々とは次元が違うような感じがした。マークザッカーバーグもそうだが、若くして大成した人たちはどこか人付き合いという点が不得意で不器用だなと思った。でも同情できないくらい酷いところが多々あった(笑)スティーブ・ジョブズが生み出したものは少ないが経営者として彼は歴史に名を残す偉人なのかもしれない。ただ、最後のシーンで冷徹なジョブズも人の温かみがあってそこにすこし心が揺れた。
tomato777

tomato777の感想・評価

3.4
ジョブズがどんな人だったかがわかる。商品発表の直前が描かれてる。最近の商品のやつまで見たかったな
tomomi

tomomiの感想・評価

3.5
スティーブ・ジョブズ関連の映画は初めて観ました。

天才と崇められ、カリスマ性がある人って、大体いい人でないし、いい人である必要もないと思う。でも、そんな人でも、弱い部分があって、スティーブ・ジョブズの場合、娘の存在だったのかなぁ。
最初、メガネにショートの女性を、ケイト・ウィンスレットだと気付かずに観ていました。出演者を知らずに観たもので。
スティーブ・ジョブズ関連の映画は他にもたくさんあるので、観てみたいです。
Lily

Lilyの感想・評価

3.0
スティーブジョブズの鬼才感がすごかったがどれくらいリアルなんだろう。きっと想像出来ない位なんだろうな。やってることが時代に合ってなくても信念貫いてここまできちゃったんだから。彼とその会社についてはほぼ知識ないまま見たし難しかったけど、彼の人間性がちょびっと知れたような気がした。

とゆーか脚本家のアーロン・ソーキンって凄すぎとゆーか頭キレッッキレなんだろうなー。
父としてのジョブズに焦点を当てた伝記。先にアシュトン・カッチャー主演版を観てたのですんなり観れたが、新製品発表会の舞台裏ばかり連ねた変わった構成で、ただ挨拶に来るだけの主要人物も多いので、ジョブズの経歴概要を押さえて人物相関を把握してないと、単体ではちょっと分かりづらいと思う。そして過剰な創作が入ってんじゃないかと気になる。発表会の本番直前であんな製品が不安定な状態あるもんかね?そもそも大事な日にあんな家庭のゴタゴタ話し合ってる場合?事実だとしてAppleの創設メンバーであるウォズニアックが繰り返し「Apple Ⅱの開発チームに謝辞を」と依頼して来るのが、人として自己中なひどいやつに描かれるジョブズじゃなくてもうっとおしく感じた。ケイト・ウィンスレットがマーケティング担当役を誰だか分かんないくらい地味に好演。ジョブズの、娘リサへの想いがおぼろげに伝わる終い方は好み。
saho

sahoの感想・評価

3.5
“人格と才能は共存できる”

アシュトン版を最初に見ておいて本当によかった!笑
じゃなきゃ「???」が多かった気がする。
最後のマイケルはジョブスそっくりだけど、その他のマイケルがマイケルすぎて、他の人の物語を見ているようだったわ…。
アシュトン版よりテンポが良くて、飽きはない。
最後がipod誕生の瞬間で終わる感じ好き。

117本目 / 2018
トラ男

トラ男の感想・評価

3.8
スティーブ・ジョブズとアップルに関する知識が0なので、よくわからないところも多々あったけど、構成が良かったし、セリフが多いところも好きだった。

知識深めてまた見たいと思う。
りょう

りょうの感想・評価

3.9
大学を卒業して、今の会社に入って間もなく、ある先輩からスティーブ・ジョブズのスタンフォード大学の卒業式のスピーチがプリントアウトされた紙をもらったことを10数年ぶりに思い出して、昔使っていた手帳のポケットから引っ張りだしてみた!あの頃はなんとも思わなかったけど、曲がりなりにも10数年の社会人生活を経験した上で改めて読んでみたら、スティーブ・ジョブズのスピーチの偉大さが少し理解できた気がする。

そのスピーチも冒頭に伝えたいことは3点だけ、と話し始めるんだけど、この映画も3つのパートになってるってことで、何かスティーブ・ジョブズのことを語るのに相応しい感じがした。

心に残ったのは3幕目、ウォズとの口論になるシーン、プログラミングも半田付けもできない、君がしたことは何だ!と問われたシーン、音楽家は楽器を、私はオーケストラを指揮するという場面!
スティーブ・ジョブズの功績を端的に表していて印象的だった!

あと、舞台袖で娘にマッキントッシュで書いた絵を渡すところ、それ自体を映さず、裏から透けて見える演出も憎い!笑

3幕目は流れる音楽も今のアップルっぽい、知識がほぼなかった自分も、後のiPodやiPhoneの誕生に繋がるセリフとかあってワクワクしたし!

ウォズは才能と人格は共存すると言っていたけど、スティーブ・ジョブズはどんな人なのか、もっと知りたいと思った。
>|