襲う!!の作品情報・感想・評価

襲う!!1978年製作の映画)

製作国:

上映時間:72分

3.8

「襲う!!」に投稿された感想・評価

キよ4

キよ4の感想・評価

-
正体不明の謎のレイプ魔に襲われ続ける婦人警官が貞淑な女から魔性の女に豹変していく過程をベートーベンの運命から始まり悲愴や最後は歓喜の歌をバックに描いている
婦人警官の妄想なのか現実なのか
ベートーベンの音楽の使い方が大胆で強烈 ハマります
手鏡で自分のアソコを見るシーンにコーフン
小川亜佐美のスレンダーな身体つきが好き
Mayashico

Mayashicoの感想・評価

4.0
高らかに鳴り響くベートーヴェン!
『ノスタルジア』より凄い。
惡

惡の感想・評価

3.4
車とのセックス!『クラッシュ』より早い。オープニングとセックスする場面はめっちゃいい。こんなに雑な運命の使い方はじめて。
tjr

tjrの感想・評価

3.7
音楽:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
ほぼ全員が性獣のごとく発情しており疑心暗鬼になる。
気付いたらそこにいる顔の見えない強姦魔が主人公の作り上げた妄想であるかのよう。1回目に襲われる際の「激突!」のような大味ぶり、3回目で壁に掛けられた仮面の視線など好き。
美人だがどす黒い闇を抱えたような小川亜佐美がとても良かった。自室で本当の自分自身と対面するシークエンスのヤバさ。
ひたすら強姦とベートーベンが協奏し続けるという狂った映画ではあるけど、ちょっと単調。

一応強姦シーンはどんどん過激になっていくものの、基本的にその繰り返しなので、途中で飽きる。
強姦シーンではいつもベートーベンが流れるのだが、主人公の性的心情とシンクロするように曲が変わっていく。
これはちょっとやり過ぎというか、上手く機能していない感じ。
最初が『運命』で最後が『歓喜』ってさすがにやり過ぎだろ。
カー・セックス中の車内から『寒いから突っ立ってないで中に入れよ!』と不良に言われ、言われるがままに車内に乗り込み窓も閉め、じっとただ前を見続ける婦警小川亜佐美は最高。それにしても暴力とベートーヴェンの相性の良さよ。
パトカーが破壊されてレイプされる場面が好き
フォロワーさんのレビューを読んでとても面白そうだなーと思って借りたらとても面白かった。満足。
女優のタイプとしてビッチ派か清純派か?と聞かれたら間髪いれず「ビッチ派!!」と叫ぶ自分だけど、この映画に限ってはそれも覆される(タートルネック!!!!)。主演女優がすごく美人でタイプだ……(古典ハリウッド映画に出てきそうな顔だなぁと少し思った。ああいう顔好きなんです)。最高。女優だけならオールタイムベスト級(でも白い下着をつけさすセンスには??って感じだ)。この人の出てる映画全部観たいDVD集めたい。絶望感溢れる表情で鏡に対面してるショットから始まる一連の流れ。これだ……これだよ……と盛り上がらざるを得ない。あと少し手鏡を床に置いて自分を見つめるショットも素晴らしい。光が反射して良い感じに顔を照らしてて、これがまたものすごく美しいんです……。
レイプされた後にベートーベンの『悲愴』流すのは止めて欲しかった。笑っちゃうでしょあれはさぁ……。でも、同僚の婦警が寮に男連れ込んでるの知っちゃったショット(なんだそれは)の後に流れるベートーベンは良かった。その流れでショパンのエチュードも流れるんだけどなんだこのクラシック推し。
NTRとか快楽堕ちとか、とにかく堕落していく物語が好きな(たぶん心の何処かが死んでるんだと思うの)自分にはちょい惜しい映画。もちろん坂口杏里みたいな人生も最高に好きなのでいつか映画化してくれ。
婦人警官(かなり可愛い)が正体不明のレイプ魔に襲われ続ける、が、最後は性に目覚めて正体不明の男を受け入れるようになる っていうフェミニストが見たらブチギレそうな話。(と、思ってたけど、かなり女性視点の映画だったな、と今になって思う。)
面白かった!

前半は、ポランスキー『反撥』ばりの男性不審描写がよい。
レイプ犯を見つけるため、自分に恨みがあるであろう男たちを訪ねていくのだが、どいつもこいつもセックスをしているところに訪ねてしまう。この不条理感が面白い。
貞淑な性格の婦人警官(小川亜佐美)が、自分を強姦した犯人を単独で捜査するうち、性的欲動の目覚めを実体験していく。エロティック・バイオレンス路線のロマンポルノ。主人公の心の動きに合わせて、ベートーヴェンがバックに流れる手法を取っている。

紋切り型に則しているため、物語の流れを容易に読むことができてしまうけれど、アンビバレントな状況に置かれている主人公の言動に興味が集中する。捜査の行き先で必ずセックスが待っているという天丼ギャグも機能しており、しっかり笑わせられる。

主人公は他人の性行動に過剰反応して、自らの強迫観念を刺激させていく。そして、周囲の人々が全員強姦魔のように夢想する。犯人探しの要素が予想外の展開に着地するのが嬉しい。

主人公が自分の陰部を鏡越しに見ることにより、自身の女性性(誤字ではない)を発見するという場面が白眉。聞くところによると、この行為は女性にとってやり辛いことなのだそう。自分の大事なモノなのだから、本当は目視して実感すべきなのだけど、なぜかできない女性が多い。これも女性心理の不思議のうちのひとつ。
>|